スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●20世紀少年 最後の希望

●20世紀少年 最後の希望こういう続きものって、ついつい続編も見に行きたくなってしまいますよね。

実は原作はまら読んでいないのですが、浦沢直樹さんらしいハッタリや、意味ありげに出てきて謎めいて意味深な事を口にして中途半端な情報だけ与えて謎を深めて去っていく登場人物といった状況をのをよく表現しているなと思いました。




【ストーリー】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。(シネマトゥディ


この作品、凄いことは潔ぎよさだと思います。


ハッキリいうと荒唐無稽であり得ない世界!浦沢さんの作品に多い、大元はとっても個人的で小さい世界の物語が世界を又にかけた大変な問題になるという物語。

主人公は気がつけば世界を敵に回したような犯罪者とされ、途中で主人公達が知る情報は、ほとんど意味ありげなもののキーワードのみという感じでほとんど意味はなく、謎だけが膨らんでよく分からない世界がさらに広がっていく。

また敵が何故そこまでの力をもつのかよく分からないけれど凄いことをしようとしているようだといった感じで、落ち着いて考えてみたら馬鹿な状況がけっこう多かったりします。
でもそれをツッコムというより、物語を楽しむというより、世界感を楽しむ内容。

なので、それを映画化するとなると、その雰囲気を上手くださないと馬鹿なだけの内容になってしまうんですよね。

その馬鹿でドエライ世界を大まじめにやっちゃているので、完全パラレルで、世界中の人はある意味疑うこともしらない無邪気な人たちなんだ

よ!というのを飲み込めて楽しめるようになっています。

また、無駄なほど豪華な出演陣の、力の入った演技が劇画っぽいで漫画チックな世界を盛り上げていて、いいアクセントになっています。


主人公達の子供時代の世界というのは、私の世代よりもちょっと前の時代ではあるものの、物語全体に鏤められたアイテムなどがこれは!とかココでコレが出てくるのねとかツボにはまるものが多い所も、思わず楽しんでしまう要因なのかもしれません。
でも逆に若い世代の人って、そういった部分はどう楽しめるのでしょうか?ちょっと気になってしまいました。


このあと どう展開するのかも楽しみです!



【オオブタさんの一言】無茶苦茶な物語だけど、面白いとは思う。
原作をまったく知らない事もあって、固定したイメージがないのも素直に楽しめている要因なのかな?
でも、、そろそろ原作読んでみるか、、




●20世紀少年 最後の希望

評価 ★★★☆☆

監督 堤幸彦

原作・脚本監修 浦沢直樹

プロデューサー 飯沼伸之 / 甘木モリオ / 市山竜次

出演 豊川悦司
常盤貴子
平愛梨
香川照之
ユースケ・サンタマリア
藤木直人
森山未來
古田新太
小池栄子
黒木瞳
石塚英彦
宇梶剛士
小日向文世
佐々木蔵之介
森山未來
木南晴夏
ARATA
前田健
荒木宏文
六平直政
佐藤二郎
光石研
片瀬那奈
石橋蓮司
中村嘉葎雄
唐沢寿明

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





この記事に対するコメント

SGA屋伍一さんへ

コメントありがとうございます!

私も、、『お前アイツか!』って言葉、、予告編の時からひっかかってました!
ケロロ軍曹に出てくる、おともだちが青い宇宙人だったらトラウマスイッチはいって『ひどいよ、、オッチョくん、、名前わすれてるなんて、、』と泣き出しそうですよね、、

>それはもしかして『モ○スター』のことですかあ!

はい! よくお分かりで!!
あれ、、だんだん観ているうちに、、こいつ本当に優秀な刑事? この人本当に天才? とか色々疑いの目でみるようになってきてしまったのは私だけでしょうか??(^▼^;

『パイナップルARMY』は残念ながら読んだことないんですよ、、
今浦沢さんといえばプルートは読んでいます、、

こちらは あと1巻で終わるみたいですね~よかった20巻くらいまで引っ張るのではないかと思ってひやひやしていましたがホットしました~

【2009/03/01 22:07】URL | コブタです #-[ 編集]

「お前、あいつか」って日本語的におかしいですよね

コブタさん、こんばんは

>浦沢直樹さんらしいハッタリや、意味ありげに出てきて謎めいて意味深な事を口にして中途半端な情報だけ与えて謎を深めて去っていく登場人物

それはもしかして『モ○スター』のことですかあ! あの話も最初の6巻くらいまでは「世紀の大傑作だ!」と興奮しながら読んでたっけなあ
自分は浦沢作品では『パイナップルARMY』という元傭兵が主人公のマンガが一番好きなんですけど、コブタさんはご存知でしょうか?

>でも逆に若い世代の人って、そういった部分はどう楽しめるのでしょうか?

ううんー 『ALWAYS』と同じノリで楽しんでるのはないでしょうか~ ♪こんなー 時代もー あーったねとー

【2009/02/25 21:39】URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/940-629303b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カンナさん、大盛況です! 堤幸彦 『20世紀少年 第二章 最後の希望』

東京が火の海に包まれた「血のおおみそか」から15年。日本は怪人「ともだち」の支配 SGA屋物語紹介所【2009/02/25 21:40】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。