スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

k-20 この作品、チケットをネットで予約した後に、オオブタさんが『しまった!』と呟いた!

どうしたのかと尋ねてみると、『どうせならK-20の席をとったらよかった(><)』と、、。


たしかに!!

でも お陰様で コレでシネマイレージが6017になりました!
来月はフリーパスライフを楽しめます!


 

【ストーリー】極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。(シネマトゥディ)


第二次世界大戦が起こらなかった日本というパラレルワールド設定。

漫画ちっくなノリで他愛ないベタな演出と物語なのですが、だかこそ軽く無邪気に楽しめる娯楽映画になっていました。

帝都という華族がいる世界で怪盗が登場する世界をコスプレちっくな衣装来る広げられる物語!
ちょっと昔にあった漫画の世界のようで、懐かしくそのレトロなノリは結構いい感じでした。

(どこかで見たことあるよな感じではあるものの)アクションも悪くなく、ワイヤー等をつかった軽やかな動きが気持ちよかったです。
フリーランアクションのシーンも、心地よく見せつつ主人公の成長を描くなど、主人公に好感をもてる物語で素直に映画の中に入ることができます。

金城武って どうも邦画にでると妙に整いすぎた顔や浮世離れした感じの存在感が浮くことが多いのですが、こういう作った世界の中ではしっくりくるものなんですね~

ラストは、江戸川乱歩版の怪人20面相だけを読んでいる人にはビックリまさかの展開ではあるのですが、それも温かく受け入れて観ることができました。



【オオブタさんの一言】ベタな表現と展開はあるものの素直に楽しめるた。
フリーランのシーン気持ちよかった!
でも、ラストは バットマンのパクリ?!





k-20


評価 ★★★☆☆

監督・脚本: 佐藤嗣麻子

原作: 北村想

出演 金城武
松たか子
仲村トオル
國村隼
高島礼子
本郷奏多
今井悠貴
益岡徹
鹿賀丈史

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

SGA屋伍一さんへ

コメントありがとうございます!

ですです そのポプラ社の本から始まり そのあとルパンにいってという感じで読む本の世界を広げていった口です!

たしかに小林少年 あまり可愛くはなかったですよね!
ピュアさがなんかなかったのかしら、、

絶対、二十面相の将来って國●のオジサマだとおもってました!
江戸川乱歩の原作だけ読んでいるだけに、まさかこうくるとは思いもしませんでした、、
続編は、、二十面相の双子の弟が出てくるということも、、、ないかな、、

【2009/01/16 20:00】URL | コブタです #-[ 編集]

ぼくらは中年鑑賞団

>ラストは、江戸川乱歩版の怪人20面相だけを読んでいる人にはビックリまさかの展開ではあるのですが、それも温かく受け入れて観ることができました。

コブタさんもポプラ社から出てた「少年探偵団」シリーズを読まれてたのでしょうか 
わたしはガッツリはまってました。もちろん明智小五郎&小林少年に肩入れしながら
この作品に出てくる小林少年はなんかムカつきましたけどね(笑)

そっちのスリコミがあったもんですから、二十面相の正体には全く気づきませんでした。ずっと鹿賀丈史が真犯人だと思ってました・・・・

続編ではぜひ加藤保憲と対決してほしいですね! 「帝都」つながりで!

【2009/01/16 07:26】URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]

風情♪さんへ

明けましておめでとうございます
こちらこそ、昨年は色々お世話になりましてありがとうございました!
今年もよろしくおねがいします!

K-20の席はですね、、 私はK-12の席とっていただけに、気がついたんですよ!!

でもね、、私がみた劇場、、『K-18』までしかなかったり。
なのでどのみち無理だったり、、(--;
この席でみるには、ある程度大きい劇場で上映されていることが条件ですよね~

ラストの展開は、これが怪人20面相と明智くんのいる世界でなけれ読めていたのですが、、まさか!!ここでこうするんだ!というのありましたよね~

中村トオルさん、、これ、、続編できたら、、俺どうしたらいいのかな、、と悩んでいましたよ、、(^^;

【2009/01/02 21:59】URL | コブタです #-[ 編集]

こんにちは♪

>どうせならK-20の席をとったらよかった(><)と、、。

そうコレ、他のブロガーさんも同じこと言ってましたよ。
ボクなんかその辺に全然気付かなかったもんで、今頃
になって「クソッ!」ですよ。

>ラストは、江戸川乱歩版の怪人20面相だけを読んでい
 る人にはビックリまさかの展開ではある
これをやった勇気を買いたいですよね。

今年も公私共に遊んでもらちゃって感謝です。
来年もヨロシクお願いしますね♪ (゚▽゚)v

【2008/12/31 14:43】URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]

面白かったですよね~これ 意外に!

ラストと予告状が届いた段階で、なんとなく読めたのですが、、まさか、、な~というのもあって、本当にその方向だったことにビックリしてしまいました!

どおりで、、明智くん、、なんか役たたないな~もしかして、、無能?とおもってたら、、、

あと 中村トオル最近、なんかそういう役多いですよね。
アクの強い役者方面にいっているような、、

【2008/12/30 01:34】URL | コブタです #-[ 編集]

なかなかに面白かった

友人が見たいと言うので、ウォーリーをあきらめて(笑)
見たのですが、なかなかに面白かったー

あまり期待もしてなかったのですが、アクションも結構よくて
周りのキャストも味のある人達が出てたし、
なによりあの結末は「ほーーーーそうきましたか!!」って
思いました、が!!!!!途中なんとなくそうなんかな~と
ふと思ってたんで、超びっくり!!と言う訳にはいきません
でした。

でも久々に映画館で観れた映画だったので
迫力あるシーンを満喫出来てよかったですー

中村トオル私が見るものはなぜかそういう役が多いのよー
どんでん返しパターンが…(ドラマも含めて)

【2008/12/28 14:00】URL | ばちろう #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/880-f4f8d45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝

 日本  アクション&アドベンチャー&ミステリー  監督:佐藤嗣麻子  出演:金城武      松たか子      仲村トオル      國村隼 【物語】  1949年、第二次世界大戦を回避した日本の都市、帝都。そこは、19世 紀から続く華族制度により極端な貧... 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽【2008/12/31 14:43】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。