スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

●劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ なんか、私が一ヶ月フリーパスゲットする近辺でなぜか毎回公開されている『劇場版 BLEACH』

そのために、気がついたら全シリーズ観てしまっていることに、改めて驚いているコブタ。





【ストーリー】尸魂界(ソウル・ソサエティ)の中心、瀞霊廷が霊子爆発を起こして崩れ落ちた。知らせを聞いた一護は尸魂界に向かうが、恋次ら護廷十三隊の面々は一護とルキアの記憶を失っていた。恋次たちに追われる身となった一護。追っ手から逃げ、必死でルキアを探し出そうとするが……。(シネマトゥディ)

今回の映画は、今までの『MEMORIES OF NOBODY』『The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸』の二作品に比べると一番物語はちゃんと作られていたように感じました。
今回の尸魂界での事件は珍しく瀞霊廷が原因をつくっていませんでしたし、、。
尸魂界の死に護廷十三隊が物語において馬鹿でイマイチ役に立たないのは相変わらずですが、今までの物語をきちんと踏まえたうえで設定や物語を作っていて、それによって一護とルキアの絆を軸に、親子的絆、姉弟、友人 仲間といった人と人の繋がりを描いていっている所が上手くできていました。
そのうえでルキアが思い出せない二人の姉弟の名前の事、一護から記憶を失ったルキア達への事をさしつつテーマを表現するのに『君の名を呼ぶ』としたのも良かったと思います。
毎回、、脚本の可笑しさが気になっていたこのシリーズですが、今回は素直に楽しんでみれました。
もう一つの見所は原作やアニメで普段あまり戦うシーンのない隊長格の死神たちの、斬魄刀による戦いが見れたのも新鮮でした。
浦原喜助や浮竹十四郎が戦っている姿って珍しいですよね!
とはいえ、映画の度、シリーズが進むにごとに、何度も未曾有の危機が訪れ尸魂界。
そしてそのたびに右往左往して大騒ぎする瀞霊廷みていると、、死神達の力がいうほど大したものではないと思ってしまうのは仕方がないこと?

コチラの映画、レディースデーに観たこともあるのでしょうが、女性ばかりだったのに驚いてしまいました!
男性は会場で2人くらいで 残り30名は女性!
しかも、老齢な品のいいお婆ちゃんという感じの方が一人で観に来ているのも不思議でした。
少年漫画原作ですが、けっこう広い層に人気だったんですね~

【オオブタさんの一言】まあ こんなものかな?
でも 映画版っていつもちょっと作画がちょっと変な気がるするのは気のせい?



評価 ★★★☆☆


監督: 阿部記之

原作・企画協力: 久保帯人

出演 森田成一
折笠富美子



●劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/873-f05b6ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。