スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●SAW5(SAW V)

SAW5 このシリーズやはり最初のSAWを見たときの衝撃というものが凄まじいものがあり、それ以来このシリーズを見続けているのです。

が、、

私的には、、3までがSAWシリーズとして容認できる内容でした。そしてその続きとなったコチラの作品なのですが、、やはり、、という感じで私にとっては微妙と言わざる得ない内容でした。





 

【ストーリー】九死に一生を得たFBI捜査官ストラム(スコット・パターソン)は、ほぼ無傷でゲームを生き抜いたホフマン刑事(コスタス・マンディラー)こそがジグソウ(トビン・ベル)の後継者なのではないかと疑い始める。一方そのころ、密室になったとある部屋のコンクリートの床の上では、犬の首輪をはめられた男女5人が目覚めていた。(シネマトゥディ)

そもそも『SAW』このシリーズが何故ここまで高い人気があるのか?そしてどう素晴らしいのか?
目も覆わんばかりの衝撃的で残虐な映像が際だっているからと一般的に思われているようですが、私は計算されたプロットで作られた脚本、それとレクター教授と並んで映画史に残る程の存在感を現した天才で狂気の哲学をもったサイコキラージグソウという人物にあると私は思っています。
そして私にとっては一作目はシンプルでいて鮮やか!このシリーズで一番好き。
続く2。3は、上手くあの世界をうけて物語を広げた!!という面白さはあり楽しめたものの、物語を複雑にしていった分、鮮やかさが落ちてきているというのが正直な感想。
前作4は、以前のネタを絡めつつ、ジグゾウワールドを捏ねくりまわしているだけで私は楽しめませんでした。
そして鳴り物入りでやってきたSAW5、、ますますその雰囲気が強くなってきていました。
そして、シリーズを続けることで、ジグゾウの哲学というものがなんか曖昧になったような感じです
元々ジグゾウというのは、贖罪を目的にしてゲームをしかけてくるサイコキラー。
最初の方のシンプルなゲームの場合は、個々の人物とジグゾウとのゲームという図式があり、それぞれの過去の行為によってゲームという場に引き出され、個々が自分の力で戦うべく状況になっていたのですが、、
シリーズが進みゲームは複雑になっていき、参加させられる人物が別の人のゲーム小道具として使われたりとなってきたことにやや疑問を感じ始めてきました。
そして、そのゲームに参加させられる理由もなんでもありな事になっていきそこにも不満を感じてきています。
ジグゾウが理想とするのは、人が命の大切さを認識して、他者へも敬意をキチンとはらって真っ当に生きていくことのはず、、なのに、、その為に正当に普通に頑張っている人に対しても、そのゲームがしかけられてていくのかが、ちょっと理解できません。
アマンダによって殺された人はともかく、、SAW3のリン、SAW4のリッグ隊長、そして今回のストラム捜査官はただ職務に忠実な真面目な人のはずなのにゲームに何故参加させられるのか?
今回の映画で、全ての事件が、初代ジグゾウのひいたレールの上で行われているとしたことで、よりジグゾウという人物の凄みを出そうとしたのでしょうが?逆に彼らしさというのが薄らせてしまう結果になっています。
前作から登場しているアマンダに変わる新ジグゾウ!
この新ジグゾウが(ジグゾウの完全なロボットとなっていることもありますが)、アマンダに比べて何をしたいのかという意志が感じられずインパクトが低いことも、今回の作品をぼやけさせてしまっています。
なによりガッカリさせるのが今までの売りであった筈のアッと驚かせるラストの衝撃な展開がないことです。
大きく流れる二つの物語が、単なる同じ場所で終結するというだけで、一つのゲームを見ながら単に今までの物語をお復習いしただけの内容です。

今回余韻どころではない程度に、色々謎を残したことが、今までのような爽快感を無くしています、

SAWは世界感といい存在感といい映画史上においても輝かしい地位にある作品だと思うだけに、続編が世界をどんどん狂わせてしまって1作目を貶めてしまったCUBEの二の舞にはなってほしくはないのが私の密かな願い、、、。
壊すくらいなら、下手な続編を作らないでほしいです。
でも 6も公開されたら、、また劇場に観に行ってしまうのでしょうね、、。

【オオブタさんの一言】いろんな意味で薄いという感じ。
どこまでSAWという世界をつくれるかのギリギリの限界を求めているだけのような、、。





SAW5

評価 ★★☆☆☆

監督 デヴィッド・ハックル

脚本 パトリック・メルトン / マーカス・ダンスタン

出演 トビン・ベル
コスタス・マンディロア
スコット・パターソン
ベッツィ・ラッセル
マーク・ロルストン
カルロ・ロタ
ジュリー・ベンツ
グレッグ・ブリック
ローラ・ゴードン
ミーガン・グッド

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

やはり この作品を語るにはジグゾーさんは外せないよいうことで、一番にブログにいってしまいました。

このシリーズで、ラストにオチがないっていうのが、これは頂けませんよね、、!
どんなラストになるかをワクワクして観に行っているだけに、、茫然としていまいました(><)

完結編!是非是非、キッチリまとめてほしいものです!1

【2008/12/03 14:36】URL | コブタです #-[ 編集]

どうも!

SAW好きな自分としては今回は結構がっかりでしたね。
軸もぶれてるし、何よりもオチに大きな衝撃なないことがショックでした。

でもファンとしては今までの総集編のような展開は何気に好きでした。

とりあえずは完結編(?)の6に楽しみをとっておいているといいように考えています(苦笑)

【2008/12/02 22:18】URL | ジグソー #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/858-ffff531b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「SAW5」

「SAW5」(2008) 《謎 全解!?》 11/18京橋テアトル試写室でのブロガー試写会にて観賞 監督:デヴィッド・ハックル 製作総指揮:リー・ワネル、ジェームズ・ワン cast トビン・ベル 、 コスタス・マンディラー 、 スコット・パ.... ジグソーのオレデミーアワード日記【2008/12/02 22:12】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。