スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●デス・レース(DEATH RACE)

デスレース 昔このブログでも紹介させて頂いたデス・レース2000(感想はコチラ)がリメイクされることになりました!

監督はなんと!アカデミー賞をとってない方のポール・アンダーソン!

これは楽しみです!
ということで早速観に行ってきました!


 

【ストーリー】孤島の刑務所で繰り広げられる過激な死のレース「デス・レース」を放映し、人気番組となっている近未来のアメリカ。殺人の濡れ衣を着せられたジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は刑務所の所長ヘネシー(ジョアン・アレン)からレース出場を迫られ、美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)を乗せレースに参加する。(シネマトゥディ)

コチラの作品を語る前に、まずオリジナルの映画の説明をさせて頂くと、これはカルト映画ではけっこう有名な問題作。

何故問題かというと、オリジナルのデス・レースは、その内容が人間をひき殺しすことで得点をもらい(しかも赤ちゃんや老人などより残虐だと思われる人種だと高得点というルール)その点数の高さを競うという内容でした。

とはいえこの映画その無茶な設定だけが売りではなく、意外にシニカルに社会風刺の要素もあり、無茶な設定ながらその世界という軸がシッカリしていることで脚本がシッカリしていることで結構面白いんですよ~。もし機会があればコチラも観て比べてみるのもいいのかもしれません。

そしてリメイクのコチラですが、、流石に、今の時代その設定で作ると興行的にのぞめるはずもなく、刑務所の囚人が命をかけたレースに挑みそれを世界中がTV中継で楽しむという若干ゆるい内容にかわっていました。
罠にかけられて殺人犯にしたてあげられた元レーサーの主人公が、死のレースにかり出され、そこで真実を突き止めながら戦っていうという、シンプルで分かり易い娯楽性の高い内容に上手く作り上げていたように思います。
また、久しぶりにスタントマンをつかったガチンコ感の高いカーアクションがなかなか見所があり、見ていてかなり興奮する映像になっていました。(最後に、スタントマンがプロの仕事をして行ったシーンであり死者は出してないといった説明がでるのも始めてみました)

またキャラがそれぞれよく、逞しくタフな主人公をジェイソン・ステイサムを、また利己的で手段を選ばない冷徹な悪のトップをジョーン・アレンがクールに悪く演じていることで、物語を抜群に盛り上げていました。

全然設定が違うものの、ラストのちょっとした状況などオリジナルのシーンを彷彿させるような所があるのも、思わずニヤリと楽しませてくれます。

不満があるとしたら、途中で出てくるモンスター活躍しすしです!!おそらくは主人公VSレーサー感を薄めあまり主人公に人を殺させたくないという意図があったのでしょうが、、あそこまでは、、やり過ぎ
なくても、、と思ったのは私だけでしょうか?

あと、、その延長で、最後、主人公が敵に対してケリをつけないところにチョット不満を感じてしまいました。でも、、まあ、決着はついてハッピーエンドで終わったのでよしとするべきなのでしょうね。
とはいえ 満足に無邪気に楽しめる映画でした。

【オオブタさんの一言】うまく娯楽映画として纏めていたと思う。
スピード・レーサーとちがってちゃんと車が走ってレースしている!という感じが良かった!




デスレース グラフ
評価 ★★★☆☆

監督・製作・原案・脚本 ポール・W・S・アンダーソン

製作総指揮 ロジャー・コーマン

出演 ジェイソン・ステイサム
タイリース・ギブソン
イアン・マクシェーン
ナタリー・マルティネス
ジョーン・アレン

 

 

 







デス・レース2000 [DVD]
デス・レース2000 [DVD]デヴィッド・キャラダイン, シモーヌ・グリフィス, シルベスター・スタローン, ポール・バーテル

おすすめ平均
starsボンクラオタクにはたまらないカルト的傑作
stars貴重な作品
starsBの名作。
starsリメイク版はジェイソン・ステイサム
starsアメリカ=暴力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事に対するコメント

swallow さんへ

こんにちは~

オリジナルの映画の説明をすると、とんでもない映画に見えるのですが、そういったとんでもないレースによって独裁政治かの民衆のはけ口にしているのですが、そのレースをもりあげようとして、看護婦がレースをもりあげようとファンのレーサーを勝たせようとするために老人の病人を並べるとかとんでもない事をする一方、独裁政治に抵抗すべきそのレースの妨害を狙いレーサーたちを逆に攻撃してきたりと、とんでもない事が平然と行われている世界を否定してそれを倒そうという物語なんですよ。

実際、老人や赤ん坊をひき殺すというシーンはありませんし、よっぽどコチラの作品のほうが残酷描写が強かったです。

ラストの字幕私も、、『おいおい~!!』と思いましたよ~
でも、スワロさん あえてここは マネしてやってください
(><)/

【2008/12/11 13:05】URL | コブタです #-[ 編集]

無理です。

コブタさん、こんばんは。

ひじょ~に楽しい作品でしたが
オリジナルはそんなに残酷な内容だったんですか!!
さすがに子どもを引き殺して点数を競うという内容だったらドン引きですね。
っていうか、どの配給会社が買ってくれるんだろうか、というレベルでの話ですね。

ラストの字幕、「絶対にまねしないでください」って書かれてましたけど(苦)
真似できませんよ!
どこでナパームとか50口径なんて手に入れたらいいんでしょうか??(笑)

【2008/12/10 23:06】URL | swallow tail #-[ 編集]

はらやんさんへ

たしかに、オリジナルそのままだとR指定になって興行がのぞめないということで企画的に難しいですよね~

でも、なかなか社会派な部分もあって面白いんですよ!
しかもベトナム戦争という失敗をした直後にアメリカで作られたこともあり、そういう時代背景とともに考えるとさらに楽しめます。

北斗の拳も、日本で映画化してもショボくなりそうですが、この監督さんならけっこういい感じに仕上げてくれそうですよね~

【2008/12/09 15:33】URL | コブタです #-[ 編集]

こんにちは

コブタさん、こんにちは!

オリジナルご覧になっているんですねえ。
内容を読むとなかなかオリジナルはそのまんまリメイクするのは今は難しそうですね。
本作は「バトルランナー」とか「ニューヨーク1997」っぽくもありました。
この方、原作もの得意なので、こんどは「北斗の拳」などをやってくれないかなあ。

【2008/12/07 08:33】URL | はらやん #-[ 編集]

キャラの名前だけで、ほとんど別物でしたね~

アンダーソンの大らかさw なんかよい表現ですね!
たしかに、昔のノリのほうがより人間臭くていい感じともいえますよね~

【2008/12/03 14:44】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは

まあオリジナルからはキャラ設定を借りてきているだけという感じですね。
どっちかと言うとマッドマックスとかバトルランナーの影響の方が強いかも。
あ、あとバトルトラックも(笑
いかにもアンダーソンらしい映画ですが、彼の映画はデビュー作の頃から比べると大らかさが消えて、シャープさの追求だけが目立っている気がするのがちょっと残念です。

【2008/12/02 23:32】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/857-1a191ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デス・レース・・・・・評価額1300円

「バイオハザード」や「エイリアンvsプレデター」で知られるB級野郎、ポール・W・S・アンダーソンの新作は、監獄島を舞台に囚人たちが繰り広げ... ノラネコの呑んで観るシネマ【2008/12/02 23:15】

「デス・レース」 監督自身がファンの心を持つ

本日のジェイソン・ステイサム祭、第二弾「デス・レース」です。 監督は「バイオハザ はらやんの映画徒然草【2008/12/07 06:54】

デス・レース

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  残虐系デス1グランプリ   カリスマ映画論【2008/12/16 14:50】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。