スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●落語娘

落語娘コブタの無駄な技能、、『寿限無』と『小ほめ』という小咄が言えること。
というのは、小学校5年の時の担任が元落研出身の新任女教師。
彼女は「披露できる落語を一つでも知っていると人生得するわよ!」と力説し生徒に落語を叩きこんでくれたからです。
『寿限無』は必須小咄として、あともう一つ自由課題で何でもいいから覚えてこいという課題が出て、姉の教科書に載っていた『小ほめ』を暗記して、小ほめの方を授業中で行われた落語会において披露したものです。
コブタの人生でどう得したかは謎ですが、落語という世界を子供ながら垣間見ることができ、面白い教育のあり方だったなと思っています。
現在だと、、こういう指導って出来ないのかな~?



【ストーリー】念願の落語の世界に飛び込んだ香須美(ミムラ)は、女というハンデに加え師匠は落語界の問題児であったが、逆風にもまれながら女前座として日々奮闘していた。ある日師匠の平佐(津川雅彦)が突然、呪われた噺(はなし)「緋扇長屋」に挑むと宣言。周囲が騒然とする中、心配する香須美は信念を曲げようとしない師匠の心に共感していく。(シネマトゥディ)


落語というと、クマさん八つぁん等が出てきて、お馬鹿だけど人情味溢れるいい話という印象の方が多いでしょうが、実はその内容は幅広いんすよね。
そういったホノボノした物語から、哲学的な物、SFもしくがファンタジーな物、残酷な物と、ミステリーな物と様々な顔をもっています。
この作品はそういった落語の世界を上手く取り込み、、人情コメディーオカルトとをいい感じに纏めています。

落語一筋で落語に対する想いは誰もにも負けない香須美と師匠である落語界の超問題児平佐、平佐の素行のお陰で二人は落語会でも崖っぷちの存在。
そんな時にマスコミを巻き込んで平佐が挑むのは作者が書き上げた直後に死亡して演じた噺家が全てその途中で死亡という曰わくのある噺。命を賭けた平佐の挑戦を師弟でどうして乗り越えていくかという物語、とにかくこの二人のキャラクターが最高です!

健気で真面目でお人良しの香須美の気持ちいいほどまっすぐさ、破天荒でやることなること無着者でも、でも単なるたわけ者ではない平佐の只者ではなさを見事に演んじています。
特に津川雅彦さん、良い演技をしてます!
とても自然に破天荒で無着者なチョイどころじゃなく悪ガキオヤジを演じています。
台詞の一つ一つが、軽い気持ちでいっているようで、実に奥深い言葉。
その台詞を観客に聞かせるだけのパワーを、津川雅彦さんの平佐がもっています。
また無着者さだけでなく大物落語家としての威厳もしっかり持ち合わせており、この存在感があるからこそ、この物語が上手く生きています。

ただ、不満というかこうしてほしかったという部分は、最後の『緋扇長屋』の演目。
さわりの部分だけは津川さん演じる平佐の語りがあるのですが、内容のほとんどが新しく俳優さんをつかったシーンでの紹介になっています。語りや台詞は平佐のものにして、問題の『お願い連れて行って』の下りのみ、女性の声にしたほうが良かったのではないのかなと想ってしまいました。
とはいえ、落語ネタが鏤められた、二人の物語は思わずニヤリとしてしまう面白さをもっています。
悪霊をも引っ込ませてしまう物が お経ではなく誰もが知っているあの噺のあの言葉であるという部分にもいいですよね!


落語娘
評価 ★★★★☆

監督  中原俊

原作  永田俊也

脚本 江良至

出演 ミムラ
津川雅彦
益岡徹
伊藤かずえ
森本亮治
利重剛
なぎら健壱
春風亭昇太

落語といったら、最近映画と面白いコラボしていたり、おもしろい企画での見せ方をしているDVDがありますよね!

コブタが実際みて、感銘うけた作品を、紹介しておきます。

笑う超人 立川談志×太田光(記事はコチラ) 立川談志氏と太田光氏が一つの、「黄金餅」「らくだ」という落語を踏まえつつ狂気と芸術、表現とタブーについて語り合うという異色の落語DVDです。 立川談志氏と太田光氏の表現者としての非凡さをあたらめて感んじることのできる作品です。

歓喜の歌(記事はコチラ) これは立川志の輔 氏が作った現在落語「歓喜の歌」を映画化したもの。
暖かい気持ちになれる、素敵な物語です


頭山(記事はコチラ)山村浩二氏が頭山という古典落語を現代的にアレンジして作ったものです。メタユニバース的な世界感がなんともいえずいいです。

よかったら コチラも併せて鑑賞して落語という世界の深さを堪能されてみたら如何でしょうか?

笑う超人 立川談志×太田光
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
発売日:2007-10-24
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:2066
おすすめ度:3.5
おすすめ度2 相変わらずな二人って感じ
おすすめ度3 太田光の趣味の世界
おすすめ度3 カメラが…
おすすめ度5 「らくだ」から
おすすめ度5 感動、買ってよかった!!!
歓喜の歌
Happinet(SB)(D)
発売日:2008-08-29
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:334
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 全ては原作、「志の輔らくご」の良さによるところが大!
おすすめ度4 落語と映画の取り合わせ
おすすめ度5 何度観ても面白いのは、まさに落語
「頭山」山村浩二作品集
ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006-07-21
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:5807
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 独特のタッチ



にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/778-cd716f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。