スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●百万円と苦虫女

百万円と苦虫女自分探しというより自分と他人から逃げている女性を描いたロードムービー。
この作品が他のロードムービーと違うところは、ロードムービというと普通行程でのエピソードを描くものなのですがこれは移動は一瞬、立ち寄り地点でのエピソードを描いているところ
登場人物たちの不器用さにやきもきしながらも愛しさを感じるそんな作品です。



【ストーリー】就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。彼女は仲間とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ家に居づらくなった彼女は家を出て、1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める。(シネマトゥディ)


主人公鈴子が地元から離れ、海の町、山の村、地方都市を旅し旅先での事をいずれは自分が帰る場所となるであろう実家に住む弟に手紙で記すという物語、同じロードムービーで他者との距離感をテーマに描いたブルーベリーナイツと形式が同じなのですが、手紙を出す相手がどんなことあっても兄弟という関係は崩しようのない家族であること、行く先々描かれるエピソードがで主人公が傍観したものではなく、主人公が体験したことを描いていることによって、よりテーマさらに主人公が感んじる苦悩を身近に感んじられるのではないでしょうか?

鈴子が関係する4人との男性の距離感の表現の仕方も上手く、海、山、地方都市と鈴子の旅が進むにつれ、鈴子が人との距離感を縮めていく様子が丁寧に描かれています。

積極的にアプローチしてくるユウキに精神的に引いてしまった山、向き合うことはしなかったもののじっくり影で見守られる愛を感んじる山、そして一歩踏み出したもののお互いの言葉の足りなさと不器用さで傷つけあってしまった地方都市、そして離れることで近づいていく弟拓也との関係。パーツを担当する3人の男性と、各パートを繋ぎ纏めるように存在させる拓也の物語と存在それぞれが生きているんですよね。


20080803012846また 登場人物がかなりリアル、出てくる人みんないい人であるものの不器用な為の押しの弱さがあり奥手、そしてぶっきらぼうではあるものの温順な性質。そのためにドラマチックな展開などもないのですが、その分物語が静かに心に入ってきます。
私自身も人との付き合いが下手な所もあり、不器用な人間であることもあるのでしょうが、それだけにこの作品の登場人物に共感してしまう人も多いのではないでしょうか?
だからこそ、登場人物たちと一緒になって頑張りながら観ていくそんな所がこの作品にあります。

また、ラストもあのように終わらせ、鈴子自分の強さでしっかり歩いていくようになるという所が良かったです。
ラスト町を去るにしても残るにしてもしっかり中島亮平と向き合いそして次のステップにいくべきだったのでは?と思う人も多いのかもしれませんが。映画で語られるエピソードがまだ鈴子の旅(=人生)の途中地点の物語。
なので次の土地で、鈴子は今までとはちがった距離感と姿勢で人と接することでまた学んでいくのではないのでしょうか?そんな余韻を持たせた所が私は好きでした。
派手さはないのかもしれませんが 私は観てよかったと思った作品でした。


あと パンフレットが100万円札になっていて、そういう遊び心のあるデザインが嬉しかったです。
配給会社の意気込みと愛を感んじるこういった所って 映画ファンとしても嬉しいですよね~



百万円と苦虫女 グラフ

評価 ★★★☆☆
監督・脚本: タナダユキ
出演 蒼井優
森山未來
ピエール瀧
竹財輝之介
齋藤隆成
笹野高史
嶋田久作
モロ師岡
石田太郎
キムラ緑子
矢島健一
斎藤歩
堀部圭亮
江口のりこ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

なななさんへ

本当に蒼井優ちゃん可愛かった!
あの可愛さなら、行き先々で男性が一目惚れするのもわかりますよね~

そうなんですよね、派手さはないのですが、なんかいい話でしたよね~

さわやかな夏も楽しめた感じがしますし(^^)

【2008/08/11 00:17】URL | コブタです  #-[ 編集]

こんにちわ~

コブタさん
はい、蒼井優ちゃんはかわいいです。
ホントかわいいです。
私、日本の女優さんの中では彼女が一番素敵だと思っております。

色んな人に出会って、別れて。
嫌な人もいい人もいて。
ホントにいろんなことがありますが、鈴子のようにしっかり自分で歩いていけるようになるには、多分そのどれが欠けてもダメなんだと思います。
特にめまぐるしく何かが変わるってワケではありませんが、じんわりといい作品でしたよね♪

【2008/08/08 15:09】URL | ななな #7qDEbzaw[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/754-ee1cecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。