スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●チェブラーシカ(CHEBYPAWKA)

チェブラーシカ(CHEBYPAWKA)海外の作品を観るとき感んじる、日本にも通じる部分と根本的な所で何かが違う異質感が心の中で交わっていく感覚が結構好きだったりします。

子供向けアニメなのですが、日本のものとは違って、なんともいえない哀愁が漂った、優しいけれど甘いだけではないビタースィートな世界なんか良かったです。


【ストーリー】ある日、ロシアの小さな街の青果店の主人はオレンジの箱に入った小さな動物を発見する。その正体不明の動物はチェブラーシカと名付けられ、ディスカウントショップのディスプレイとして電話ボックスで寝泊まりすることになる。一方、動物園で働いているワニのゲーナは突然自らの孤独が身にしみて、友人募集の張り紙を街中に貼り出す。(シネマトゥディ)


コチラの作品、ロシアでは知らない人はいないというほど有名な童話の原作のアニメ。
どこからともなく現れた架空の小動物チェブラーシカと心優しいワニのゲーナとの心暖まる交流を通して様々な大事な事を考えさせ教えるという良質な作品だと思います。

とにかく天使のように無垢で純粋で可愛いチェブラーシカ、大人の良識と子供の柔軟さをもったワニのゲーナのやりとりが本当に素敵で、世界に優しく誘われてしまいます。

また、環境問題、都会で孤独を抱えた人間社会、子供が健全に遊べるための環境とはといった問題までしっかり踏み込んでいて押しつけがましくない描き方が絶妙に感じました。

でも、このチェブラーシカの一番面白い点は、やさしい内容でありながら甘さのない世界感。

チェブラーシカはゲーナという親友がいて本人はそれなりに幸せで楽しく暮らしているのですが、彼自身は正体不明の生物であるゆえにどこか孤立させてしまう社会が存在していたり、誰がみてもお人好しで素敵なキャラクターのチェブラーシカとゲーナに非情に不条理な悪意のある災難がふりかかり、それに対して二人は毅然と立ち向かうのではなく、悠然と受け止めます。その姿がとても新鮮に感じましたし、色々考えさせられてしまいました。

人間の力でどうにもできない過酷な自然、激しい動乱によって移りかわっていくイデオロギー、そんな社会で生まれたからこその、この世界感なのでしょうね~。


チェブラーシカ(CHEBYPAWKA)
評価 ★★★★★ kobuta

監督・脚本: ロマン・カチャーノフ
原作・脚本: エドワード・ウスペンスキー







にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






















チェブラーシカ
チェブラーシカエドゥアルド・ウスペンスキー, ロマン・カチャーノフ

ビデオメーカー 2002-03-21
売り上げランキング : 4611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新訳 チェブラーシュカ―ワニのゲーナとおともだち チェブラーシカ (ピクチャー・フレンズ) 新版 チェブラーシュカとなかまたち 108ピース だいすきチェブラーシカ 03-018 チェブラーシカ友だちのいえ―Postcard16sheets (POP’n UP!BOX 1)

この記事に対するコメント

とらねこさんへ

コメントありがとうございます!

そうですよね、魂が呼び合って二人は出会ったんですよね~

親子連れで観ている人は多いのですが、ブログで記事に書いている人が少ない感じがしてしまいました。

ところで、、私は単なる映画好きで、、文章もブロークンなブロガーですよ~(><)そんな言葉は勿体なすぎます~
でも、本気の話をしたいからブログ始めたようなもの!!
だからバンバン何でも書いてきてください!

そして熱く語りあいましょう~

【2008/08/14 11:58】URL | コブタです  #-[ 編集]

こんばんは、コブタさん
そうですね、チェブラーシカは文字が読めないのに、なんで?って思ったんですよね。
言葉じゃなくて通じるものがあった、と、言葉というより魂のレベルで共鳴した、ってことかなって勝手に思ってました♪
この辺り、全部狙って作ってると思うんですよね。このアニメって。
あと、チェブラーシカが最後まで何者か分からないところも好きだったんですよ。
チェブラーシカは何者か不明ですが、よく考えれば、人間だって、ホモ・サピエンスと名づけられた宇宙人なのかもしれないんですからね~。

私も、コブタさんとこの映画の話が出来て、とっても嬉しいです!
私、コブタさんの感想って大好きなんですよ。
普通の映画好きとは一段階レベルの高い、コブタさんならではの切れ味の鋭いところが大好きなんです。
こちらとしても、手加減なしで、コメントで思う存分言いたいことが言えるような気がして・・・。
なんか最近、コメントで当たり前なことを言い合うのがすごくつまらなく思えてしまったんですよね。
これからも、本気の話をさせていただいてよろしいですか?

【2008/08/14 01:33】URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]

なななさんへ

こんにちは~
これ暑い夏に観ると、ロシアの空気を感じられて意外に涼しくみれそうなアニメですよね~

ロシア民謡なメロディーにのった哀愁漂うビターな世界、何とも言えなくよかったですよね~

チェブラーシカの可愛さと、ゲーナの紳士な魅力にすっかり魅せられてしまいました。

でもでもなななさんもチェブラーシカが文字を読めないというくだりで「ぇぇぇえ」とおmを荒れたんですね。
だったら1話でなんで、、、二人は出会えたのかしら、、きっと、、魂が呼び合ったんですね(><)

【2008/08/03 16:27】URL | コブタです  #-[ 編集]

こんにちわ~

コブタさん♪
きゃー、コブタさんも観ていらしたんですね♪
この作品ステキでしたよね~!

アニメなのにかわいいや面白いだけでは終わらない、ビターな世界観がなんともいえず不思議でよかったです。
ロシア語も全然わからない言葉だけに、不思議さ倍増になりました。
文字も全然読めなかったし。
でもチェブラーシカは読めてましたよね・・・これはつっこんじゃいけませんね(笑

【2008/07/31 18:20】URL | ななな #7qDEbzaw[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/748-1e8ce63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

100●チェブラーシカ

『崖の上のポニョ』と同時公開!であるこちらは、実は今年の夏のスタジオジブリの、裏の大本命かもしれない。古典にして最強、のロシアのコマ撮りアニメーション。素晴らしいです。絶対機会があったら見て欲しい。 レザボアCATs【2008/08/14 01:23】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。