スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●羅生門

羅生門黒澤明監督作品として 評価も高く人気もある作品なはずなのに、何故かDVD化が遅かったコチラの作品。ようやく鑑賞することができました。


面白いの一言! やはり、名作というのは時代が移りかわっても色あせないものなんですね!


【ストーリー】盗人の多襄丸による、武士の殺害とその妻への強姦事件。この事件について、多襄丸と武士の妻と武士(死んでいるので霊媒師を介している)と目撃者による4人の証言は全部食い違っていた。(Wikipedia)



この作品って、芥川龍之介の短編小説『藪の中』を原作にそれに『羅生門』の要素を加えてつくられた脚本で、ある殺人事件を証言だけで構成したミステリーとなっています。

同じ事件なはずなのに視点を変えることでまったく違った意味をもってくる、これは「戦火の勇気」「閉ざされた森」「ヴァンテージ・ポイント」などでも使われている手法なのですが、おそらくはこの作品があったからこそ生まれたのではないでしょうか?

妻は強姦され、夫は殺害されたというのは同じもののそれに至る経緯がまったく食い違っています。
その食い違う証言が違いに罪を押しつけあうというものではなく、かといてかばい合っているのでもなくでもなく、何故かそれぞれが殺害したのは自分だとほのめかしています。

なぜ証言が食い違うのか、その事で目撃者である僧侶と木こりは深く悩み、真相を観た後、人間が信じられなくなり恐怖に震えるのですが、その動機というか理由は実は欲からでなく人間らしい感情からというところが私は面白かったです。

盗賊、武士、武士の妻それぞれが守りたかったのは、自分のブライド!

それぞれは別の事言っているようで実は嘘は言ってないんですよね、真相である出来事がそれぞれにとって耐えられない程の不名誉な部分を含んでいて、それぞれにとって言いたくない部分をぼかしているだけ。

そのことで食い違ってしまった証言。
そして観客に謎だらけの世界に引き込み、最後に「おおおお」と言わせる深いラスト!ミステリーとしても人間ドラマとしても最高に楽しめます!

やはり黒沢明監督は凄い!!というのを見せつけてくれます。
なんででしょうね~黒沢監督作品って晩年の作品よりも、モノクロ時代の作品のほうがシンプルでいて深い内容なものが多いですよね。
コブタは映像、脚本、役者の演技すべてにおいて痺れました!

【オオブタさんの一言】流石という感じ!
映像の見せ方!脚本すべてが面白い!ただ 思ったより淡々としていたような



羅生門

評価 ★★★★☆

監督 黒澤明

脚本 黒澤明
橋本忍

出演者 三船敏郎
森雅之
京マチ子
志村喬











羅生門
羅生門三船敏郎, 京マチ子, 志村喬, 森雅之, 黒澤明

角川エンタテインメント 2008-05-23
売り上げランキング : 1703

おすすめ平均 star
star非常に奥の深い映画
star 人間を買い被るな!自分や自分の周りの奴らを見てみろ!
star雨。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事に対するコメント

ノラネコ さんへ

そういえばミストってどうでしたよね~

みてませんが、、。

この羅生門のシチュエーションっていろんな映画に生きていますよね。
硫黄島も大きい意味でたしかにそうですよね!ノラネコさんのコメントみていおおおと思わず言ってしまいました(^^)

【2008/07/28 19:32】URL | コブタです  #-[ 編集]

リメイク版

羅生門は何度かリメイクされていて、64年にはアメリカで「暴行」というタイトルで作られ、日本でも数年前に豊川悦司と天海祐希と金城武の主演で「MISTY」というリメイク版があります。
出来栄えは・・・まあ一度御覧あれとしか言えませんが(笑
ただ、羅生門の脚本ロジックを使った映画は数多くて、最近の硫黄島二部作や「バンテージポイント」なんかも広い意味でのリメイクと言えなくは無い様に思います。

【2008/07/28 00:41】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

ノラネコさんへ

コチラの作品!
ただただ見入ってしまいました!
本当に凄いとしか言いようがないですよね~

でも、こんなに海外でも評価高いのに、意外にリメイクってされてないですよね~
それはそれで観てみたいですよね~

【2008/07/24 02:05】URL | コブタです  #-[ 編集]

ついに

これは何度観てもすごいとしか言えない作品ですねえ。
脚本のお勉強には絶対に欠かせない一本です。
日本よりもむしろ外国で評価の高い作品ですが、「ラショウモン」は英語の法律用語にもなってるくらいですから、いかにインパクトがあったかわかります。
裁判劇として、現代を舞台にリメイクしても十分面白そうですよね。

【2008/07/21 15:46】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

motti さんへ

こんにちは!
コチラの作品ってなかなか再放送もなかっただけあり、観たいのにみれなかったんですよね~(><)

私もこれで、堂々とこれから書けるようになりました(^^)

これ 死んだ本人の証言があってそれもまた真実とは異なる証言をしているというのが面白いですよね~その発想は凄いです(^^)

【2008/07/19 01:59】URL | コブタです  #-[ 編集]

コブタさんこんにちは。
恥ずかしながら僕も今年になって黒澤の羅生門を初見。
他のブロガーさんが「羅生門形式で...」と書いてるのを読んだことがあったんだけど、今後僕も「羅生門形式に...」ってエラソに使えるようになりました(違)
異なった視点での証言形式、極めつけに死んだ本人の話(イタコ降霊で)ってのが笑えましたw

【2008/07/18 08:36】URL | motti #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/743-a0293b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。