スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●リボルバー(REVOLVER)

リボルバーポスター昔は匆々たる役者陣が、ギャラ無しでも出演したいとまで言われていたガイ・リッチー監督。
いろいろあって最近ではその名を潜めていたのですが、やっと復活を遂げた作品がコチラ!
いつものような派手なアクションにめくるめく展開のジェットコースタームービーを期待していった人は愕然とし、そうではない人は呆然とさせる映画となっていました。
まさかこういう方向の作品を作ってくるとは、、驚きです!!




【ストーリー】冷酷卑劣なカジノ王マカ(レイ・リオッタ)のわなにはまり、7年間の刑務所暮らしを余儀なくされたすご腕のギャンブラー、ジェイク(ジェイソン・ステイサム)。出所した彼はマカのカジノに乗り込み、見事大金を巻き上げるが、逆上したマカは百発百中の殺し屋ソーター(マーク・ストロング)にジェイクの殺害を命じる。(シネマトゥディ)


この映画、かなり評価に苦しんでいます。
どう判断していいのか、、、。
多分この作品デヴィッド・キース・リンチ監督や庵野秀明監督が制作していたなら世間の評価ももっと変わっていたのではないでしょうか?というか見る間に心の準備がまだできて、ここまで呆然とはしなかったのかな、、、。
確かに映像の見せ方などはガイ・リッチーらしいクールさを感んじさせるのですが、内容は一言でいうとカオス。
7年間刑務所の独房で過ごした主人公が、出所後資産を蓄え復讐のために相手の所に乗り込んでいく!
という所から物語は始めるのですが、すぐに物語は思いもしなお方向に行き混乱していきます。
謎というより、分け分からない状況が膨れあがっていき、観客はテロップも映像も一切ないエンディングで放り出されてしまう感じです。

しかも現実と幻想境目が曖昧です。なのでこの物語をどう解釈するかはかなり別れてしまうのではないでしょうか?コブタが考えついただけでも次の4つが思いつきます。
これからネタバレあり、決定的な部分は白で表現します。(反転させたら読めます)

1物語の全てが独房にいるジェイクの妄想
カジノを出たあと階段で倒れたジェイクが病院でみている悪夢。

多重人格のジェイクの狂気の目でみた現実世界

トップに君臨したものの、内面からくる弱さから狂気に走っていくマカの幻覚

ザックとアヴィーの言葉をまるのみするならば、「1の説」に感じ、どこから物語がおかしくなってきたかを注目すると「2の説」のように感じ、主人公以外の人物もしっかり意志をもって行動していることををみると「3の説」のようにも感じ、ラストマカの死によって暗転して終わる物語を考えるなら「4の説」が正しいように思います。
パンフレットにも示されているのは「1の説」。コブタは「3の説」だと思い、オオブタさんは「3の説」と感じたようです。
皆さまはどうこの物語をみられたのでしょうか?

でも、この作品に対して熱く色々語り合いたくなるほどのものはないんですよね~(。。

うーん ガイ・リッチーどこいってしまうのでしょうね~(><)困った問題

【オオブタさんの一言】これ 映像はガイリッチーらしいクールさがあるものの、内容はリンチ!!




リボルバー
評価 ★★☆☆☆
監督・脚本: ガイ・リッチー
製作・脚本: リュック・ベッソン
出演 ジェイソン・ステイサム
レイ・リオッタ
ヴィンセント・パストーレ
アンドレ・ベンジャミン
マーク・ストロング
テレンス・メイナード
アンドリュー・ハワード


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

とらねこさんへ

私は捻くれているので、こういった解釈をまずしてしまったのもあるのかもしれません。

でも、どうみても、、物語全てが現実世界に見えないんですよね。
ラスト付近はほとんど深層世界での物語のように観てしまいました(><)

でも 実際 ガイリッチーはどういう意図で作ったのでしょうね~

かなり悩んでしまっています。

【2008/07/09 20:46】URL | コブタです  #-[ 編集]

コブタさん、こんばんは!
あれ、私、1~4のどれとも違う見方をしてしまいました。
普通に、物語の筋通りに見たんですよね。

ラストでこの物語の犯人の狙ったこと、というのを語ってましたが、それではなくわざわざ妄想と捉える、ということでしょうか?

【2008/07/08 23:09】URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]

swallow tail さんへ 睦月さんへ

swallow tail さんへ 
はっきりいって、ガイリッチー今の映画業界の立場からいっても、ファンのためにもこういう映画を作っては不味かったように思います。
やはり 1 だと思う方が多いんですね~でももうどうでもいいや、、みたいな気持ちだったり はぁ~


睦月さんへ
どう展開するのか分からないという面白さは前半にはありましたよね!
でも後半は(・・)、、、となってしまいました。
でも レッドカードといったら、、もう即この映画業界から退場ですか!!

もう少し頑張ってもらいたいですが、、また裏切られるのも恐い、、(><)困った問題
悩むところです

【2008/07/01 20:59】URL | コブタです  #-[ 編集]

こんばんわ

私も観てきました。
そして、「ガイ・リッチーはリンチでも気取ってみたんだろうか?」と私も
思いました(苦)。

アンタはリンチと全然違う・・・
と声を大にして言いたい(苦笑)。

私も前半は好きなんですよ。
むしろかなり大好きといっても過言
じゃないです。

でもねえ。
後半はあれはレッドカードでしょう。
ありえないですよ(汗)

【2008/06/24 22:22】URL | 睦月 #-[ 編集]

リンチなら・・・

コブタさん、オオブタさん、こんばんは。

この作品、スワロもかなり頭が痛くなりましたよ・・・
>多分この作品デヴィッド・キース・リンチ監督や庵野秀明監督が制作していたなら
>世間の評価ももっと変わっていたのではないでしょうか?
(爆笑)
なんという(笑)
これでは、「ガイ・リッチーからダァメェ~」みたいな感じじゃないですか!
それはあまりにもかわいそう過ぎます。
とはいえ、スワロも『インランド~』では「高度すぎる」と思いましたが
本作では「もうわけわからん」と“ガイ・リッチーだから”みたいな評価してしまいました。
すんません・・・

コブタさんの4つの解釈、興味深いですね。
スワロは1が怪しいとにらんでいます(苦笑)

【2008/06/23 21:02】URL | swallow tail #BkkPsjC.[ 編集]

ノラネコさんへ となひょうさんへ

ノラネコさんへ 
ノラネコさんも ブログでコチラの作品怒られていましたよね~
もともと感覚で撮ってはいるのですが、リンチ方向の感覚は向いてないですよね、、ハッキリいって、、。

もうこれが、既にラストチャンスだったのでは??とも思っているのですが、、次あればいいですよね、、それで、どうか戻ってきて(><)

となひょうさんへ
いや、なかなか大人になると色々お互い忙しいものdすよね~
アレコレ記事にかきたいものがあるのに書けずにいたりもして困ったものです。

コチラの作品、カオスジャンルは私も本来は好きで、色々熱く語ってしまうタイプの作品なのですが、、今回は、、「うーーん」で終わってしまったところが大きくて、感想にかなり困ってしまいました。
エンドロール、まさか演出ではなくて、関係者が皆「俺の名前エンドロールにのせないで!!」っていわれてああなったってkとはないですよね、、。

【2008/06/22 23:32】URL | コブタです #-[ 編集]

カオス

先程は、コメントに熱が入り過ぎて書き漏れてしまったわ。
お返しが遅くなってしまって、ごめんなさいーーー
そして、いつもお忙しい中お越し頂き、ありがとうございますーーー
私の方こそ、営業回り全然できてないっす。普段の生活と映画鑑賞とブログをバランス良くこなしていくのは、なかなか大変ですよねん。
こんな感じですけど、今後ともお話させて頂ければ嬉しいです。

さて、本作ですけど、本当に困っちゃいますねぇぇぇ。
「カオス」なら好みのはずだし、コブタさんが反転させて書いている部分も相当好きな感じのはずなのに。
乗れなかったのは何でだろーーー
上手い脚本だーと思えたのも前半まででしたね。

【2008/06/22 10:43】URL | となひょう #-[ 編集]

こんばんは

途中までは私もこの作品を理解しようとしていましたが、監督が物語を放棄した臭いを感じてあきらめました。
その後はひたすら退屈でした。
残念ながらガイ・リッチーはこのまま行くと終わるでしょう。
彼はデビッド・リンチほど感覚的に映画を撮れる人ではないと思うので、この路線で生き残る事は無理でしょう。
次がラストチャンスという気がします。

【2008/06/21 21:27】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

SGA屋伍一 さんへ

おおお SGA屋伍一 さんも私と同じ見方されたんですね~

一般的には1とされていて、そう見られた方も多いみたいです。
でも、それじゃあ当たり前すぎて面白くないかな、と思ってしまったり、、。

でもそうですよね すべて夢です!と前面にだされてしまうと なんれもありの世界になって面白くないですよね~
現実と夢が絶妙に混じっているからこその幻想だと思うんですよね~私も!

【2008/06/20 22:35】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは

最初は現実的な作品にしようとしたんだけど、途中で「妄想入った話にしよう!」と軌道修正したら、にっちもさっちもいかなくなっちゃったんでは、と推測してます(笑)

コブタさんがあげられた可能性、4あたりが一番近いんじゃないか、という気がします

「実はすべて夢かも・・・」という話はさりげな~くにおわせるくらいがかっこいいですよね。『トータルリコール』しかり、『マトリックス』(一作目)しかり

【2008/06/20 22:08】URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/721-d6b98459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リボルバー・・・・・800円

姉さん女房に才能を吸い取られてしまったのか、マドンナとの結婚後いまいちパッとしないガイ・リッチー監督の新作・・・と言っても、本国イ... ノラネコの呑んで観るシネマ【2008/06/21 21:23】

リボルバー

「リボルバー」 REVOLVER/製作:2005年、イギリス=フランス 115分 映画通の部屋【2008/06/22 10:35】

リボルバー

原題:REVOLVER 製作年度: 2005年 製作国:イギリス/フランス 上映時間:115分 監督:ガイ・リッチー 原作:―― 脚本:ガイ・リッチー 出... スワロが映画を見た【2008/06/23 21:27】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。