スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●フィクサー(MICHAEL CLAYTON)

フィクサーポスターコチラの作品、予告編では「本年度ハリウッドが選んだ サスペンス・エンターテーメント最高峰」「貴方はラスト15分で見たことのないジョージ・クルーニーを貴方は目撃する」というコピーと賞に色々と絡んでいたこともあり、ちょっと期待してたのですが、、、。



【ストーリー】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かう。(シネマトゥディ)


ジョージ・クルーニーとティルダ・スウィントン等雰囲気のある俳優が多いことでミステリアスな雰囲気は楽しめるのですが、意味深にシーンが無駄に長いところもありそれが冗長に感んじるところろがありました。
サスペンスはミステリーの分類の一つで必ずしも推理的要素がないのは分かっているものの、サスペンスって事件を主人公が追っていきだんだんと見えていく事件の全貌を楽しむのが好きなのです。
しかしコチラは、、
事件の背景、黒幕となっている人物も最初からみえていて、主人公マイケルも事件を積極的に追っていくのではないこともあり、そういう意味でのハラハラ感は楽しめません。
主人公が(事件と関係なく)抱えている問題にウダウダ対応している間に、なんか事件の余波が勝手に主人公に降りかかり、結果全てに空しさを感じ人生どうでもよくなってしまった。みたいな映画になっていました。
全編に流れているのは、ジョージ・クルーニー演じるマイケルの虚無感。そこに浸れればこの作品は楽しめると思います。
しかし、名フィクサー(もみ消しや)という設定のマイケル、大手の弁護士事務所でトップの実力をもつ名弁護士アーサーが、この映画の中においては、片や分け分からない奇行が目立ち、片やサイドビジネスには失敗しその後始末に奔走し弁護士としての仕事は一切してないということもあり、あまり優秀さを感んじることができないという所にも違和感を感じてしまいました。
また フィクサーであることがあまり事件に関係ないような気がしたのは私だけでしょうか?

また、、コピーに騙されてしまったかな~(‘’

【オオブタさんの一言】展開が全体的に悪く、見ていて怠い。




フィクサーポスター

評価 ★★★☆☆


監督・脚本 トニー・ギルロイ
出演 ジョージ・クルーニー
トム・ウィルキンソン
ティルダ・スウィントン
シドニー・ポラック
マイケル・オキーフ
ケン・ハワード


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

SGA屋伍一さんへ

本当に宣伝文句ってどこまで信じていいのか悩ましい問題ですよね。
コチラはちょっと、宣伝文句のせいで期待を高くみすぎてしまってガッカリしてしまいました。

でも、ミストは、、宣伝どおり凄いラストでしたよ、、(--;
あまりの壮絶なラストに呆然としてしまいました(><)

こういうこともあるから、悩むんですよね~(><)困った問題です

【2008/05/12 19:52】URL | コブタです #-[ 編集]

連日失礼します

海外の劇評に「完璧な映画」とありましたが、それはホメすぎだろーと思いました(笑)

ただクルーニーのハッタリかましぶりがとても気持ちよかったので、わたしはそれで「良し」としました

「ラスト何分・・・・」この手の宣伝文句って覆いですよね。今度公開の『ミスト』もそうなんですが、「そんな風に言われたらビックリするものもビックリできなくなっちゃうだろ!」と思いますよね。でも結局観にいっちゃうんですが(笑)

【2008/05/09 08:05】URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]

睦月さんへ motti さんへ swallow tail さんへ

睦月さんへ
原題そのままでよかったのは?と思いますよね~
配給会社も余計なことを、、と思いました。
どうも、こういったジャンル大好きなだけに厳しい目でみてしまうようです。
脚本に納得いかないと、それで「うーん」と思ってしまうんですよね~
3人の演技も素晴らしかったのですが脚本がそれを生かしてなかったように思いました。

motti さんへ 
雰囲気はいいんですよね~
メインとなる人物たちの仕事と良心どちらに従うべきなのか、、といった部分は面白かったのですが、物語に引きこまれるほどではなかったですよね、、

swallow tail さんへ
そうなんですよね、サスペンスではまったくないんですよね。
仕事と良心、その狭間でゆれてそれぞれの行動をしていく3人というのは面白いのですが、サスペンス映画っぽく描き、そういったノリで描いているシーンにあまり意味がないのがまた不満に思ったりしてしまいました。
雰囲気は好きなのですがね~

【2008/05/08 13:11】URL | コブタです #-[ 編集]

フィ・・・フィクサー!?

コブタさん、こんにちは。

アカデミー受賞作品、ということで否が応にも期待が高まりますよね。
実はぜんぜんフィクサーの話ではないことが
一番のどんでん返しかもしれません。

サスペンスというよりかは
むしろヒューマンドラマの要素が強かったですよね。
その点では大いに楽しめる作品でした。
渋いけど等身大のジョージも見られたし(照)

【2008/05/07 19:39】URL | swallow tail #-[ 編集]

コブタさんこんにちは。
そうそう、僕も同じく思いました!
フィクサー関係ないじゃん,,ってw
薄っぺらいハリウッドアクションにはしたくないという意図がひしひしと伝わってまして、妙に映画的にしたいためか冗長な場面が多かったですよね。
雰囲気はなかなか良かったです。

【2008/05/07 15:07】URL | motti #-[ 編集]

こんにちわ

そうそう。
これって、フィクサーの映画じゃ
ないんですよね。
配給会社の売り方に問題があるとしか
言いようがありませんな(苦)。

ただ、作品としてはヒューマニズムに
徹して描かれていたあたりに大変好感
がもてました。

3人3様のやり方と行方が見事に
描き分けられていて、とても興味深く
観ることが出来た作品です。

【2008/05/06 18:41】URL | 睦月 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/690-554b5d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。