スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●マイ・ブルーベリー・ナイツ(MY BLUEBERRY NIGHTS)

マイ・ブルーベリー・ナイツ ポスターウォン・カーウァイというと、『恋する惑星』コチラの作品がコブタが好きだったり♪
大の美形好きで独自の美学のある映像で、女性のツボを刺激するのが上手い監督だと思っています。
女性ファンに対して狙ってそうしているというより、ウォン・カーウァイ自身が女性敵なロマンチストで美的感覚に優れていることが、ファンを惹きつけているという感じ。
今回の作品は女性が喜ぶツボ前回という特徴が良く現れていて、かつ分かり易いシンプルな内容になっていてウォン・カーウァイ初心者でも見やすい内容になっていたと思います。




【ストーリー】恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。毎晩、ブルーベリーパイを用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベス。しかし、どうしても終わった恋を引きずってしまう彼女は旅に出る決心をする。(シネマトゥディ)



物語といったらMVでも充分表現出来るのではと言われそうなあらすじになってしまうラブストーリー。
しかし、魅せる俳優を使っていることと、英語になっても変わらずお洒落なウォン・カーウァイぽいモノノーグや会話のやりとりで、いい感じスローに世界を楽しむ映画に仕上げていたと思います。

ナタリー・ポートマン レイチェル・ワイズ デヴィッド・ストラザーンらも出てくるシーンはさほどお多くないとはいえキチンとそれぞれの登場人物が抱えている過去をしっかり踏まえて演んじていることもあり、それまでの人生を感んじさせる存在感キャラクターを作りあげていました。
またジュード・ロウも流石という感じで、自他共に認める美形俳優であるのにそのイケメンぶりをひけらかすのではなく、どちらかというと平凡な好青年を上手く演じているんですよね。
だからこの作品を観た人は、ジュード・ロウ演じるジェレミーに対してイケメン男性にありがちな取っつきにくさ等も感んじる事なく自然に『優しくて暖かみのあるいい人だ~しかも格好いい♪』と感じて好意を抱くのではないでしょうか?殺人鬼から、性格の悪い傲慢な男性からと幅広い役をこなし、顔だけではなく器用さと柔軟さをもった俳優さんですよね。

残念な事は、主役!(スワロさんも記事に書かれていましたが)そいうった実力のある俳優陣の中でかなり、表現力に差があること。
やはり形こそ違えど表現者であるので自分の見せ方というのは知っていて、美しくお洒落に撮るのが上手いウォン・カーウァイ監督の手でいい感じなシーンが作り出しているのですが、エリザベスという人物に奥行きがあまりありません。

レイチェル・ワイズ デヴィッド・ストラザーンは短いやりとりでありながら大恋愛をしてそれが壊れらたもののかけがいのない絆を持ち続けている元夫婦の姿を作り上げ、ナタリーポートマンも父親への複雑な感情や生き様を常に感んじさせ強いようで繊細さをもった人物を作り上げていたし、ジュード・ロウも自分自身も様様な過去を乗り越えそしていろんな人の人生を見守っているという包容力あるカフェーのオーナを見事に作り上げていただけに、そういったただ彼に振られたという過去しか見えないエリザベスが薄っぺらに感じてしまいます。
まあ 元々物語自身には対した深みはなく、ムードを楽しむ映画なのでその点はあまり気にせずに心地よく雰囲気を楽しみながら観るべきともいえます。

それに、よくゲームなどで使われる手で、主人公にあえて強い性格付けをしないことで誰もがそこに感情移入して自分を重ねてやすくして物語をすすられるようにするという意味ではコレでも正解なのかもしれませんね。

マイ・ブルーベリー・ナイツ グラフ

評価 ★★★☆☆
監督・脚本: ウォン・カーウァイ
出演 ノラ・ジョーンズ
ジュード・ロウ
ナタリー・ポートマン
レイチェル・ワイズ
デヴィッド・ストラザーン

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

はらやん さんへ

ウォン・カーウァイ監督そのロマンチックなところが心地よくついつい観てしまう魅力ありますよね(^^)

ノラ・ジョーンズたしかに今回回りの役者さんが実力ありすぎた!!って感じありますよね~
ノラ・ジョーンズの歌なななさんもおっしゃってましたが、コチラの作品では思う存分効けないだけに、もっとちゃんとじっくり聞きたくなりますよね

【2008/04/08 19:46】URL | コブタです #-[ 編集]

こんにちは

コブタさん、こんにちは!

ウォン・カーウァイ監督はロマンチストですよねー。
けっこうそういう雰囲気が好きだったります。
ノラ・ジョーンズはそれほど演技は悪い感じはしなかったですが、まわりがかなり芸達者だったので仕方がなかったかも。
なんだか普通っぽくて良かったですけれど。
あまりマジメにノラ・ジョーンズの歌を聴いたことがなかったのですが、最近はよく聴くようになりました。

【2008/04/06 08:40】URL | はらやん #-[ 編集]

なななさんへ 睦月 さんへ

なななさんへ 
ウォン・カーウァイ監督ってけっこう俳優ではない有名芸能人使うのを好きなのでそのためにこういうキャスティングになったのでしょうね~
なななさんなら今からいくらでも素敵な男性に会えそうですが(^^)そのときは一年間旅せずに即効想いを通じあわせてくださいね~


睦月さんへ
私はむかーし会社の先輩に、ノラ・ジョーンズをいただいたので知っていたんですよね
睦月さんは顔の好み厳しいですよね!
私はこの作品ノラさん部分部分では輝いてみえたのですが、あまり魅力の感じられてないシーンも多くてあら?と思ってしまいました。

【2008/04/04 20:43】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんわ

私、カーウァイ作品って苦手だったんですよね。でもおっしゃるように、この作品は非常にシンプルで分かりやすくて、素直に入り込むことが出来ましたです。

実はね、ノラ・ジョーンズってこの作品で初めて知りました(苦笑)。歌手だってことも(爆笑)。

私、男女共に面食いなので・・・。
彼女の場合、演技うんぬん以前にお顔が好みじゃなかったのでアウトオブ眼中でしたわ(苦笑)。なのに、ジュードと『69キス』しちゃうなんて!!キイイ!悔しい!

【2008/04/03 23:46】URL | 睦月 #-[ 編集]

こんばんわー

コブタさん♪
この監督初挑戦だったのですが、仰るとおりにとっても入りやすかったです♪
>優しくて暖かみのあるいい人だ~しかも格好いい♪
正にその通りです。ぜひ彼氏になってもらいたいと思う人でしたよ(笑

ノラは一人浮いてしまうような演技でしたが、どうせ歌手だしって思ったらさほど気になりませんでした。
やっぱりなぜキャスティングされたのかは?でしたが。

【2008/04/03 22:09】URL | ななな #7qDEbzaw[ 編集]

とらねこさんへ

たしかに、彼にしては分かり易い作品でしたよね~

ノラ・ジョーンズは下手だとは思わないのですが、あのハリウッドで一線で活躍する壮そうたるメンバーに囲まれてしまったら、見劣りしてしまいますよね!
時々素に戻っているのか。オーラがまったくないシーンもありましたよね、、

本当にフェイ・ウォンのあの弾けた魅力はなんだったのでしょうね!
あのキャラクターがよくて 私はあの作品が好きだったりしてますし(^^)

【2008/04/03 17:24】URL | コブタです #-[ 編集]

ノラ・ジョーンズの演技力?

確かに、ちょっとノラ・ジョーンズの演技力はいまいちだったかな~とは思いますね★
フェイ・ウォンはミュージシャンの割にあれだけ輝いていたけれど、そっちの方が珍しいですしね!
でも、あの新鮮さが魅力と言えばそうかなあ、とは思っちゃいました。

ただ、ウォン・カーウァイにしては、分かりやす過ぎて、物足りなさを感じちゃいました。

【2008/04/03 00:47】URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/673-9cef44ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

49●マイ・ブルーベリー・ナイツ

ウォン・カーウァイに関してはそれほど得意、という訳でもないのだけれど、「この人の映画だ」と言われたら、それとなく自分の中で「何かこういうもの」、というフワフワしたイメージがある。その独特な空気感だとか、どこまでもゆったりとした、優しくフレームが流れるキ... レザボアCATs【2008/04/03 00:29】

マイ・ブルーベリー・ナイツ

2週連続ジュードとこんにちわ。 映画を観たよ【2008/04/03 22:05】

マイ・ブルーベリー・ナイツ

原題:MY BLUEBERRY NIGHTS 製作年度:2007年 製作国:香港/中国/フランス 上映時間:95分 監督:ウォン・カーウァイ 原作:―― 脚本:ローレン... スワロが映画を見た【2008/04/05 18:44】

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 心地よい距離感

人と人との間には、それぞれが心地よいと感じる距離があるような気がします。 その心 はらやんの映画徒然草【2008/04/05 22:41】

マイ・ブルーベリー・ナイツ

【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ドラマが変える、あたしのドラマ   カリスマ映画論【2008/04/07 23:50】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。