スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●Sweet Rain 死神の精度

Sweet Rain 死神の精度 ポスター伊坂幸太郎の連作短編小説「死神の精度」を映画化したコチラの作品、非常に上手く原作を抽出して脚色して映画にしたというのを感じた作品でした。
原作は6編あるのですが、今回映画で使われたのはそのうちの3編。死神千葉が見守るという以外は一見関連のなさそうな3つの物語、それを原作とは違った形で結びつけて一つの物語にしている所が面白くコブタにはけっこうツボな映画でした。
チョットネタバレ気味の記事になりそうなので先に評価を明記しておきます。未鑑賞の人は読まれないほうが、映画を楽しく見れると思います。(いつものように ネタバレ部分を白文字で隠すという手法もとれなかったのでそのまま表示になっています)

また、まったく違うのおですが最近観た「ノーカントリー」と見比べてみるのも面白いです。
どちらも人間の生、ささやかな幸福への欲望、人間に降りかかる不条理な死を描いているのですが、その表現の違いが面白いですよ。

評価 ★★★★☆ kobuta




【ストーリー】死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。



コチラの作品予告に「死神いつもと違う判定をしたときから始まる時間を超えて動き始める運命のリンク」という一説があります。
映画を見終わってみると、この言葉が見事にコチラの映画を表現していしながら、うまくぼかしている所に感心してしまいました。
最近ネタバレだけの予告が多いだけに、いい予告編だったかな~と思いました。
でも、、二人目の観察者が40歳ヤクザでなく、18歳チンピラとなっているのはミス?態と?

美形の死神と美女というと、「ジョー・ブラックをよろしく」を連想し、金城武演じる死神の千葉と小西真奈美演じるOLとのラブストーリーと思う方も多いかと思いますが、死神の千葉はそういった感情とは無縁な存在。死神の無感情なわけでも、冷徹なわけでもなく、真面目で『ミュージック』をこよなく愛する心優しき男ではあるものの、年もとらず死を常に見守り続けていることもあり人間とはかなりの感覚のズレをもっています。

そういう感覚で、今目の間にいる人物に訪れる不慮の死を実行とするか見送りにするかを判定するのが仕事。彼なりに真面目に考えて今までそれを『実行』としてきたのですが、藤木一恵に会い彼女を7日間見守った結果、彼はまだ彼女はするべきことを行ってないとし初めて『見送り』という判定を下すものの、その後の彼女を見守ることもせずそのままその存在も忘れ次々と自分にあてがわれた仕事をこなしていくうちに、自分がかつて行った判定によって生まれた結果を知ることになるという物語。
一見関係ない3つの物語を通して浮かび上がってくる、藤木一恵の人生。かなりの波乱に富み幸せとはいえないものかもしれないけど、力強く自分の足でしっかり生きていき姿が心地よく観る人に前向きな元気を与えてくれます。


金城武が浮世離れしたなんとも恍けた味のある死神を良い感じに演じていて、その非現実的で無垢な存在による視点でみた、人間達の生き様や死を観ることによって、「生きるとは死ぬとはどういう事なのだろう?」というのを改めて考えさせてくれます。
この映画死を肯定しているわけでもなく、かといって生=幸福という単純な図式があるわけではない。
でもいつか死という運命が待っているとしても生きるということが素晴らしいというのを感んじさせてくれる映画です。
なんかぶつかってしまった時に見ると良い作品だと思います。



Sweet Rain 死神の精度 グラフ
監督・脚本 筧昌也
原作 伊坂幸太郎
出演金城武
小西真奈美
富司純子
光石研
石田卓也
村上淳
奥田恵梨華
吹越満

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


この記事に対するコメント

swallow tail さんへ 睦月さんへ

swallow tail さんへ 

なんとも不思議な味わいのある映画ですよね~
ただ、私がお勧めしたので無理に鑑賞することになってしまったのではないですか?(><)
ちょっとその点気になってしまって。
変にプレッシャー与えていたようならごめんなさいね><

睦月さんへ
私もブラピを思い浮かべました~
ただコチラは恋愛もなにも超越してしまった思考なところに、その特異性を感じました
私は、誰もがなんとも納得できない不条理な死というものを、こういう引いた視点で描くことで、深さを感じ短ですよね~
考えすぎといったらそうかもしれないけど、、どうも私は、物語に意味を求めてしまう傾向が感じたのでしょうね~

【2008/04/06 00:55】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんわ

やっぱりこういう死神を観ると、
どうもブラピを思い出しちゃいます。
私は2人のキャラが似てる部分があるな
って思ったんですけどね。
でもブラピの方がもっと
天然冷酷キャラって感じがするけれど。

サラリとしたアクのない優しい映画
でした。私自身は、この映画から
強いメッセージ性というものは感じ
られなかったけれど、ほんのりと生死
に向き合わせてくれるテイストは
すごく心地よかったなあ・・・って
思います。

【2008/04/05 20:48】URL | 睦月 #-[ 編集]

ブラピv.s金城

コブタさん、こんにちは。
コブタさんに紹介していただいたコレ、見てきました!!

主演・死神なのに全編にわたるゆるい雰囲気がすごくいいですね。
それに死神がすごく面白い(笑)
あんな死神だったらスワロも会いたいわ。

最初、3人のオムニバス映画だと思っていたらそうじゃなかったし。
そのつながり方が良かった。
ラストの何か悟っていたおばあちゃんのエピソードは
とっても清清しくて、晴れた海岸にピッタリ!!

【2008/04/05 07:06】URL | swallow tail #-[ 編集]

とらねこさんへ

この作品、死神が違った決断をしたのは、些細な心の動きの一つだったのに過ぎないのに、その結果によって生まれた物語、それは年もとらず不死の死神からしてみたらなんでもない一瞬の事だったのかもしれないけど、その人類の歴史の中の一瞬の重さを感じさせてくれましたよね!

でも あのプロデューサー。そりゃ秘書?もっとしっかり行動を止めておこう!と思いますよね、、あれは間違いなく犯罪レベルです(><)

【2008/04/04 20:55】URL | コブタです #-[ 編集]

このコメントはネタバレです

死神が実行を下すのも、見送るのも、まるで「運命のいたずら」のようなものだったに違いないのですが、
そうすることによって、まっとうされる一つのささやかな生、この重さが最後にビシっと決まってました♪

私も、この点がなかなかしっくり来てジワリと面白く感じました。

二人目の観察者は、40歳のヤクザ、
18歳のチンピラは、その死に出会った不思議な縁なだけでしたね。

それにしても、プロデューサー、イタ電かけすぎ・・

【2008/04/03 23:46】URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/666-29dd28c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

51●Sweet Rain 死神の精度

『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作者、伊坂幸太郎ということで、見たくなったこの作品。金城武の日本語が不得意な感じがとってもキュートなこの作品♪ レザボアCATs【2008/04/03 23:32】

Sweet Rain 死神の精度

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  止まない雨はない   カリスマ映画論【2008/04/08 00:09】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。