スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ウォーターホース(The Water Horse: Legend of the Deep)

The_Water_Horseスコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”とを題材に、少年の成長と友情を描いた心温まるドラマ!ということで楽しみにみにいってきたのですが、、作品は稚拙さにちょっとガッカリしてしまいました。

ファンタジーであるからこそ丁寧に書き込まないとダメな部分がいい加減な為に幼稚な映画となってしまったようです。


【ストーリー】 観る?をクリックするとみれます。




スコットランドの美しい風景に、少年アンガスとクルーソーがネス湖て楽しむ映像などは心地よく素晴らしいと思うのですが、、脚本が雑過ぎることに不満を覚えてしまいました。

コチラの作品、最初に「これは真実の物語」というのを明記する必要があったのでしょうか?

無邪気に生きるクルーソーはいいのですが、登場人物が何をしたいのかがまった伝わってきません。
こういうことを表現したかったのだろうとは分かるものの、行動に必然性がどうも感じられず脚本がそうなっているから行動しているという感じがしました。

後半何か意味が出てくるのだろうなという行動をしたりもするのですが、それが意味深なだけでことごとく意味がなかったりと、違和感や不満の方が先立って、夢のあるファンタジーを楽しむことができませんでした。

最近良質なファンタジーが多かっただけによけいに感んじるのかもしれませんが、観客に世界を夢を見させ楽しんでもらうためにはその世界をキチンと作り込んでおく必要がありますよね。
コチラのネタならもっと素敵な内容になったと思うだけに、、なんか残念です。

子供は楽しめる作品だと思います。


【オオブタさんの一言】
なんじゃこれは、、何がいいたいのか、、(――;





The Water Horse グラフ

評価 ★★☆☆☆

監督 ジェイ・ラッセル

原作 ディック・キング=スミス

出演 アレックス・エテル
エミリー・ワトソン
ベン・チャップリン
デビッド・モリッシー

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

ノラネコ さんへ

昨日はお疲れさまでした!
皆様のおかげで楽しい一時を過ごせました♪

コチラ 原作もこんな感じだったのですが、、。

もう少し面白いようにもできたのに、なんでこうなってしまったのかな~という気持ちでいっぱいでした。

【2008/02/11 12:15】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは

個人的には結構楽しめました。
でももったいないなあと思う部分がたくさんあったのも事実。
もしかして原作に忠実なのでしょうか。
原作のエピソードをとりあえず全部突っ込んじゃいました、という風にも見えたのですが。

【2008/02/07 23:59】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

出人さんへ

再びコメントありがとうございます!

>「E・T」ですよね、これ。

たしかに、そういう見方できますが、、
クルーソーの顔もETっぽいといったらそうですし、、しかしあれほど感動できたらよかったのですが、、

【2008/02/07 09:32】URL | コブタです #-[ 編集]

うん

「E・T」ですよね、これ。

【2008/02/05 23:36】URL | 出人 #X.Av9vec[ 編集]

出人さんへ

本当に子供だけしか楽しめないような内容でしたよね。

ウォーター・ホースの題材なら、けっこう大人も好む人がいて見に来る人も多そうなのに、これは、、と思ってしまいました。

クルーソーも出過ぎて神秘性もなにもあったもんじゃないんですよね。
ガッカリを通り越して、なんかむかついてしまうほどでした。

【2008/02/05 12:40】URL | コブタです #-[ 編集]

わたしも

わたしも楽しみにして見に行ったのです。原作者の狙いはひょっとして、こども向け作品だったのでしょうか? ま、わたしは「ファミリー向け」という評価にしておきましたが。

もう少し、ミステリアスになってる方がよかったんじゃないかと思うんですけどね。

【2008/02/05 00:29】URL | 出人 #X.Av9vec[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/623-5c336a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォーター・ホース・・・・・評価額1400円

ネッシー・オウチ・デンワ・・・・ ネッシー版の「E.T」?それとも「のび太の恐竜」?軍隊が絡んでくるあたりは故・影山民夫の「遠い海から... ノラネコの呑んで観るシネマ【2008/02/07 23:54】

ウォーター・ホース(試写会)

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  2つの孤独が生んだ、永遠なる自由と絆   カリスマ映画論【2008/02/10 15:35】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。