スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●28週後(28 Weeks Later)

28週後ポスター一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第10弾はコチラ!
前作の「28日後」続編らしさを出す為だけに、タイトルと物語が始まる時間帯が決まったと思われる今作、監督・脚本・登場人物とメインとなる制作スタッフは総入れ替えとなっているのに関わらず、同じテーマ曲、同じようにテーマ性のある物語、継承した設定などにより意外に上手く続編を作っていたように感じました。

今回はあの「10億分の1の男」のァン・カルロス・フレスナディージョが制作ということで、同じ舞台でのアプローチの違いも面白いですよ!


【ストーリー】 新種のウィルスにより凶暴化した人間たちが次々と生存者を襲う大ヒットホラー「28日後...」の続編。前作のダニー・ボイル監督に代わり、「10億分の1の男」のファン・カルロス・フレスナディージョがメガホンを取る。ウィルス発生から28週後。アメリカ軍の介入によってウィルス根絶宣言が出されたロンドンでは、ようやく復興の兆しが見え始めていた。ところが、ある人物の体内にウィルスが潜伏しており……。 映画.comより




驚く程の感染力をもつ人を凶暴化させるウィルスが蔓延したという舞台、前作はその中で如何に希望を持ち続ける事が出来るかというのがテーマでしたが、今作はそんな世界で如何に愛を貫きとおせるかを描いた内容になっていました。

感染者の襲撃をうけてその恐怖から愛する妻を見捨てて自分一人だけが生き残った男、互いだけをたよりにするしかない状況になった姉弟、相手ウィスルの抗体をもった人物を必死に守ろうとするドクター、非感染者・感染者関係なく無差別に殲滅するという命令に従えず生存者を守るための行動を始める軍人と、それぞれが夫婦愛、兄妹愛、人間愛と違った愛のために行動していくという物語、しかしそれが報われるのかどうかという皮肉な結果も含めて楽しめるのですが、いささか物語の持っていき方が強引なのが残念です。
 テンポはいいのですが登場人物がみな物語を進める為に行動している所があり、再感染の始まり方もかなり強引です。
軍がワクチンの開発をやたら拒む理由が分からないし、
兄妹の父親があり得ないくらいに数度都合のいい所に出現するし。
感染者・非感染者が入り乱れた状況で拡大を抑えるために双方を殲滅させるという分の意図は解るものの、その後感染者から離れて無事に逃げている民間人も殺そうとする理由が分からない。

あと映画を派手に演出をしたいのは分かるのですが、無意味な人体破戒が多かったように感じます。(すきな人はそうか思わないかもしれませんが、、スプラッターが苦手なコブタだからこそ、そういうシーンが目立って感んじるのは仕方がないのかもしれませんが、、)

とはいえ飽きずに最後まで観ることはできるし、テーマのありかた、またそのテーマが導き出した前作とは違ったテイストのあるラストも面白く、決して悪くない続編になっていると思います!

28日後を観られた方は、コチラも観るものいいかと思います。

オオブタさんの一言 
思ったほど酷くなかった。
けど、事件を起こすシナリオが雑で白ける。
ロンドン崩壊の人がいない映像はいい感じで良かった。



28週後グラフ評価 ★★★☆☆

監督 ファン・カルロス・フレスナディージョ
出演 ロバート・カーライル
    キャサリン・マコーマック
    イモージェン・プーツ
    マッキントッシュ・マグルトン
    ローズ・バーン
    ジェレミー・レナー
    ハロルド・ペリノー


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




28日後... (特別編) ボーナス・エディション
28日後... (特別編) ボーナス・エディションキリアン・マーフィ ダニー・ボイル

おすすめ平均
stars異質のゾンビ映画
starshelp_me33_22
stars良かったです
starsゾンビ映画ではないのでは…
stars死のウィルスより恐ろしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


10億分の1の男 デラックス版
10億分の1の男 デラックス版レオナルド・スバラグリア ユウセビオ・ポンセラ モニカ・ロペス

おすすめ平均
starsスペイン映画、ってことで最初はとまどうけど、発想は斬新ですね
stars見せ場がたりず、展開も地味
stars期待損
starsちょっぴりサスペンスなスペイン映画
starsよくあるレベルの駄作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事に対するコメント

睦月さんへ

本当に明らかに予算増えたのが分かるできあがりになっていましたよね!
ゾンビ映画でありながら、メインがゾンビでなく人間であるところがこのシリーズの面白い所、次はどうなっていくのでしょうね~

早速次回作も決まっているんですね!!しかもダニーボイド監督復活ですか!それは楽しみです!
となると、タイトルは28ヶ月後かしら、、それだけの月日かけてロシアまでウィルスいったということなのかしら、、そしてさらに次が28年後かしら、、それは開きすぎかな?

【2008/01/26 10:37】URL | コブタです #-[ 編集]

こんにちわ

前作に比べ、配給会社もバジェットも大きくなっている分、大衆向けの作品に仕上がっていたなあという印象でした。だからこそ、こういったホラー・グロテスク好きの観客を意識した描写がテンコ盛りだったのかなあって思います。

ただ、根底にあるテーマ性みたいなものは前作から引続きキチンとシリアスさを維持していて、安っぽい『ゾンビ映画』に成り下がってなかったのが好印象でした。

そういえば、次回作はダニー・ボイル監督で舞台はロシアに決定したとか・・・。

【2008/01/25 15:55】URL | 睦月 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/607-089e5475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「28週後...」

「28週後...」(2007) 《誰もが終わったと思っていた...》 1/18新宿オデヲンでの前夜祭にて観賞 introduction 監督・脚本 : ファン・カルロス・フレスナディージョ 製作総指揮:ダニー・ボイル cast ロバート・... ジグソーのオレデミーアワード日記【2008/01/26 04:30】

28週後...

【映画的カリスマ指数】★★★★☆  恐怖の再発・愚かしさの氾濫   カリスマ映画論【2008/01/27 00:06】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。