スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●魍魎の匣

魍魎の匣 ポスター正月ということで、初詣代わりに観てきたのがコチラの「魍魎の匣」、、。
京極夏彦さんの執筆されたコチラの原作、コブタもついつい引き込まれて読んでしまった一人だけに、、この作品を本当に映画化できるのかな~とかなり不安を覚えたものです。

というのは京極さんの作品の魅力って独特のリズムのある文体、幻想と昭和初期のノスタルジーさが融合したなんとも曖昧で漠然とした世界観にあるだけに、それを映像で表現できるのだろうかという疑問があったからです。(もちろん内容的にも映像化しにくい所はあり、映像化不可能と言われていたのもあるのですが)
あと、、キャスティングの段階で、、コブタ的にはかなりイメージから離れていた事もあり興味はあるものの期待はまったくせずに観に行きました。




結論からいうと、、原作とはまったくの別物でしたが、それなりに面白かったと思います。
あの長い物語をよく纏めていたとは思います。
とはいえ 上手い脚本なわけではないですが、、、原作とは別物て別の世界となり、、登場
人物もまったくイメージ違うものの、コレはコレで新しいキャラとしてそれぞれが味をだしていて、それで映画を面白く見せているという感じでした。

意味深で長い台詞のあるシーンはともすれば冗長になりがちなんですが、出演者主役をはれる面子がやっているだけにシーンの間の取り方うあ自分の見せ方をしっていてシーンを面白くみせる術をしっているという感じです。

それぞれのキャラクターが個性的で生きているのでそこで楽しめるので、原作をまったくしらない人でも見ることができます。
でも、、原作が好きで愛してうあまない方にとっては、、どうなのでしょうね~

監督自身も、まったく原作を読んだことないという状況で作り出しただけに、まったくの別世界!なのでこれは、違う作品と思ってみるべきなのかもしれません。

魍魎の匣グラフ評価 ★★★☆☆


監督 原田眞人

出演 堤真一
   阿部寛
   椎名桔平
   宮迫博之
   田中麗奈
   黒木瞳 
   荒川良々
   笹野高史
   大森博史
   大沢樹生
   右近健一
   寺島咲
   谷村美月
   清水美砂
   篠原涼子
   宮藤官九郎
   柄本明

この記事に対するコメント

風情♪さんへ

いえいえ 私こそ年末年始は一応主婦なもので忙しくてすっかり挨拶が送れてしまいました。
コチラこそよろしくpねがいします(><)ノ

まあ 憑きもの落としと、神社かわりにコチラを鑑賞させてもらいました。
でも あの京極さんの作品をそもそも映画化すると言うこと自体無理なので、かなりこれは頑張ったのでは?と私は思いました!

【2008/01/09 10:04】URL | コブタです #-[ 編集]

すっかり遅くなってしまいましたが
明けましてオメデトウです。

賽銭箱がわりに「魍魎の匣」ですか。
作者の京極氏も本作は原作とは全くの別物
と仰ってたんで、ある程度の覚悟はしていた
んですが、案の定と言うんでしょうか最後ま
で馴染めず終いでした。
特に町並みが中国ってぇのが本気で嫌でした!!
今年一年またヨロシクお願いしますね♪ (゚▽゚)v

【2008/01/06 15:20】URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]

となひょうさんへ

おおお コチラにも来てくださって嬉しいです!

コチラは元旦に観に行ってしまいました!
映像不可能なものを よくここまで映像化したな~と逆に感心してしまいました。
しかしやはり原作を読んでいない方には難しかったこともあるのでしょうね~
でも、、その若いーーーい女の子には、、原作も同じ感想かもしれませんね~(^^;

【2008/01/06 12:08】URL | コブタです #-[ 編集]

しつこくてゴメンなせぃ

コブタさん、私も新年早々観て来ましたよー
って、もういい加減しつこいなぁ
すみませんー

コブタさんも原作を読んでたんですね。京極堂シリーズは、全て読み終えちゃってるのかしら。私はまだ途中です。
この作品を見て改めて感じたのは、やっぱり映像化不可能なのかもしれないなぁということでした。んー、結構頑張っていると思うんですけどね。
近くに座っていた若いーーーい女の子連れが、「難しいんだけどぉ」「グロイんだけどぉ」と不満の声を囁いていました。いきなり見た人には、わかり辛いかもしれないですよね・・・。

【2008/01/03 19:40】URL | となひょう #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/586-117de19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魍魎の匣

「魍魎の匣」製作:2007年、日本 133分 監督、脚本:原田眞人 原作:京極夏 映画通の部屋【2008/01/03 19:36】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。