FC2ブログ

●茶々 天涯の貴妃(おんな)

茶々 天涯の貴妃(おんな)ポスターTOHOの一ヶ月フリーパス券をゲットしました~!それで観に行ったのはコチラの茶々 天涯の貴妃(おんな)!

信長の妹お市の娘であり、そして豊臣秀吉の側室・茶々こと淀君の激動の一生を描いたこの映画、不安はかなりあったものの、茶々と小督の姉妹の物語には興味を覚え観に行ってきました!
しかし、、いろんな意味で不満を残す結果となってしまいました。(今年最後の映画がこの作品だったというのは(;;) )


まず、いろんな意味で軽すぎて、描かれている時代の重みを一切感じられませんでした。
エキストラの演技がまた軽い!現代人な表情で、危機的状況においてもなんか明るいんですよね表情が、、。このあたりの演技指導はキチンとしてほしかったです。

また、男性陣はどんどん年とっていくのにかかわらず、女性陣はずっと若いままで、年月がどう流れているのかが見え辛くなってしまい、壮大な時代の流れを感じにくくなってしまってました。

またキャスティングが微妙で、豊臣秀吉が渡部篤郎なのはあっているのですが、、織田信長が松方弘樹、徳川家康が中村獅童というので、イメージなんか違うような感じですよね?
明らかに年上に見える寺島しのぶが、和央ようかに「お姉様」というのに違和感を感じてしまったのは私だけなのでしょうか?

今回この映画の最大の違和感を作り出していたのは、宝塚で男役トップスターの和央ようか。
彼女自身がもつ凜としたオーラは数奇な運命を辿った茶々とイメージがあっているのですが、、彼女の宝塚癖が映画の中で違和感を作り出していました。
舞台の上ではあの 張りのある低い声の発声は違和感ないのですが映画の中で普通の演技している人の中で浮いてみえてしまうんですよね。
それに、鎧きて馬にのってというシーンまでくると、姫ではなく立派な武将になっている感じで、女性でありながら歴史を彩った武将を堂々と向き合って生きて、女性ならではの強かさをもって生きた茶々姫を観たかっただけに、ちょっと強さの意味が違うような感じがしました。

逆に、妹小督を演んじているのが寺島しのぶのほうが。内からくる女の業の怖さと愛の深さを感んじる時に凄みすら感んじる演技をしていて魅せられてしまいました。やっぱり上手いですよね~寺島しのぶって、演技が本当に深く、コブタが好きな顔ではないのにどんどん美しくみえてくるところが素晴らしいですよね。
でも、、年上に見える寺島しのぶが、和央ようかに「お姉様」というのに違和感を感じてしまったのは私だけなのでしょうか?

意外に寺島しのぶが茶々をやっても面白かったのかもしれませんね!
ただ、、どうして最近の日本映画の演出ってこうも微妙なんでしょうね。
ラストも大阪城に炎上、炎の中で笑みを浮かべる茶々で終わってもよかったのに、余計なシーンを加えてしまったりといろんな意味で作品をダサくしてしまうのは困ったものですよね、、。

茶々 天涯の貴妃(おんな)グラフ評価 ★★☆☆☆

監督 橋本一
出演 和央ようか
寺島しのぶ
富田靖子
高島礼子
余貴美子
原田美枝子
吉野公佳
平岳大
中丸新将
高橋長英
近藤公園
中林大樹
黄川田将也
メイサツキ
谷村美月
松重豊
中村獅童
渡部篤郎
松方弘樹

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

はらやんさんへ

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!
和央ようかさん、予告編の段階でもう宝塚でしたよね~
格好よかった武者姿も、家康の老け具合や子供の成長みてみるとけっこういい年になっている段階なはずなのに、、まったく若いまま格好よかったですよね~
もう脚本、演出すべてがイマイチだったとしかいいようがないですよね。。。
茶々が主人公の時代劇だったらもっと面白くできたと思うのですが、、

【2008/01/11 11:05】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは!

コブタさん、こんばんは!
今年もよろしくお願いします!

和央ようかさん、いかにも宝塚という感じでしたね。
凛としている感じはしましたが・・・(武者姿は決まってましたね)。
なかなか長年やっていたクセは抜けないのでしょうね。
それよりもストーリーがあまり新鮮味がないところが残念でした。

【2008/01/10 23:17】URL | はらやん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/582-4b66ed79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「茶々 天涯の貴妃」 NHK大河ドラマの総集編みたい

皆様あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。 今年最初の映画 はらやんの映画徒然草【2008/01/10 21:08】