fc2ブログ

●椿三十郎(2007)

椿三十郎ポスター椿三十郎のリメイクを作ると聞いたときに、「えぇぇぇ、凄い勇気ある行動だな~」とかなり驚いたものです。

あの黒澤明監督の大傑作でいて、三船敏郎、仲代達矢を始め数々の面々が快演しているコチラの作品、リメイクつくるとなると監督、役者、殺陣師と制作者全員、相当のプレッシャーだったのではないでしょうか?
また観る側も、椿三十郎が現代に蘇ったというということで、楽しみ半分、不安半分という妙な緊張感を持って観に行かれた方も多いのではないでしょうか?


今回の作品は脚本は元のそのままということで(まあ、改良を加えるというのも難しいというのもあるのでしょうが)、この脚本の良さを改めて感じることができました。
また、今回も演んじているメンバー何気に豪華!主演三十郎に織田祐二(ここは賛否分かれる所だとは思うけど)、室戸に豊川悦司、汚職に立ち向かう9人の若侍のリーダー的存在伊織を松山ケンイチ、敵方三悪人を西岡徳馬、小林稔侍、風間杜夫、オリジナルで秀逸な存在感を出していた睦田の奥方と娘を中村玉緒と鈴木杏、押入侍木村を佐々木蔵之介といいところにいい人を配置しているキャスティングは最高だと思いました。たしかに、あの浮世離れした奥方の空気を今演じるのには(しょうし城代の奥方というわりにやや笑いは品はないですが)中村玉緒はピッタリだったように感んじるし、あのなんとも飄々とした面白い空気を演じるのに佐々木蔵之介は適任でした。

また9人の若侍も新人が多いというのですが、意外にそれぞれ個性をしっかり出していて好演していたように感じます。オリジナルでは田中邦衛が演じていて9人の若侍の中で一番目立ち美味しい役所を保川邦衛今回演んじている一太郎もオリジナルとまた違ったカワイイ味わいを出していました。
またどこか華を感んじる仲代達也の室戸とはちがい より渋みを増した室戸演じた豊川悦司もよかったと思います。

ただ、大きく違和感を感じたのは、織田祐二の三十郎!
明るく型にはまらない三十郎をよく演じていて、屋敷内で多勢と戦うシーン等も格好よく悪くはなかったと思うのですが、、これは、、三船敏郎の三十郎が秀逸だっただけに比べるのは可哀想だと思うのですが、物足りなさを感じてしまうんですよね。
三船敏郎演じる三十郎は、自由奔放な野生的で海千山千を乗り越えてきた人で、「鞘に収まってない刀」と表現されるように行動すると人を殺めざるえないといった所もありダークヒーローな無法者。
しかし織田祐二は、明るく大雑把さは出ているものの、野性的で様々な一口ではいえないような過去をもった人物という部分が薄く、普通のヒーローになってしまってたように感じます。それは演技の問題ではく織田祐二自身のキャラクターの問題な感じですね。
でも織田祐二の三十郎はある意味普通の英雄であってそれはそれでアリで、オリジナルを観てなかったらもう少し好意的にみれたと思います。

全体としてオリジナルよりさらにコメディー要素を強くし分かり易くしてあり多分コチラで椿三十郎を初めて見たという方は、けっこう楽しまれたのではないでしょうか?

ただ、、オリジナルを知っている人には、不満をやや残した内容だったように感じます。
不満に感じた事は
カット割りもほぼオリジナルに近くしているのですが、何故かコチラはやぼったく見えてしまう事。
野外で撮影した風景に比べセットの風景がなんとも安っぽくみえる事。

また 不満ではないのですが、豊川悦司をはじめ、現在の俳優さんって声高い人多いですよね、、なんか時代劇では違和感を感じたのはコブタだけなのでしょうか?

あと、、最大の不満はこの作品最大の見せ場ともいえる最後の三十郎と室戸の対決シーン。
一瞬で決まり、衝撃の流血とかなりインパクトのある内容で伝説となっているものでした。それだけにオリジナルに負けないシーンと頑張っていたようですが、、これがかなり微妙。
長いにらみ合いの後に、お互いの刀を抜かせないように攻防するまではよかったのですが、そのあと勝負が決まる!その見せ方の構図がイマイチ。そしてそのあとでまた再び角度を変えてスローで見せるところが野暮としか言いようがなかったです。
物語の流れを止めてしまいましたし。
やはり格好いい殺陣シーンを作って見せるのってなかなか難しいものなのでしょうね~。

椿三十郎(2007)まあ 娯楽映画としては楽しめる作品だったと思います。

評価 ★★★☆☆

監督 森田芳光

出演 織田裕二
豊川悦司
松山ケンイチ
鈴木杏
村川絵梨
佐々木蔵之介
林剛史
一太郎
粕谷吉洋
富川一人
戸谷公人
鈴木亮平
小林裕吉
中山卓也
風間杜夫
西岡徳馬
小林稔侍
中村玉緒
藤田まこと



椿三十郎
椿三十郎三船敏郎 仲代達矢 加山雄三

おすすめ平均
stars最高傑作
stars黒澤さんの女性観の一面が垣間見える気がします。
starsユーモア+殺陣!
stars黒澤映画で一番好きかも
starsしょーもないですが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事に対するコメント

風情♪さんへ

織田三十郎は、やはり色々言いたくはなってしまうところですよね(--
頑張ってはいるんですがね~(><

あの殺陣も、、繰り返しシーンがなくて もう少しシンプルにみせてくれたら格好よかったとは思うのですが、、残念です(><)
そういう逆に抜かせないという発想は面白いんですよね!

【2007/12/31 01:29】URL | コブタです #-[ 編集]

こんにちは♪

もう織田三十郎に関するコメを残すのに飽きたので
コチラではコブタさんが述べられていた

>格好いい殺陣シーンを作って見せる のはなかな
 か難しいのか?

に触れさせてもらいますね。
オリジナルとは異なるラストの立会いは逆手だったり
相手を封じるあたりは結構見応えもあったように思え
ました♪ (゚▽゚)v

【2007/12/16 01:08】URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]

ノラネコ さんへ

あらら 厳しいご意見ですね~
私はリメイクって絶対にオリジナルを超えれない物と思っているので、このくらいでまあいいかなと思ってしまいました。
それに、あれだけのオリジナルを元に変更を加えるというのも難しいし、役者さんもオリジナリティーを出してみせるのはかなりの勇気なのでしょうね~
しかし このリメイクによってまた、黒沢さんの作品に注目が集まって、実はオリジナル観てないという人が観るようになっている流れがあるのでその点でも意味あったかなと思っています。

【2007/12/11 22:31】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは

リメイクした事自体は勇気がありますが、作り方はあんまり勇気を感じませんでした。
元ネタが良すぎるので、楽しめてしまいますが、役者の扱いは独自性を追及して欲しかったです。
織田裕二は良いんだけど、コスプレになっちゃってるのがちょっと可哀想。

【2007/12/09 23:53】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

実は

こぶたさん、ごぶさたしてます。

実は、迷っていたのですが、この記事を読んで行くことにしました。感謝です。

でもって、黒沢のも見てないので、比べてみようって思いました~。それも感謝です。

見たらトラバさせていただきますね。

寒さが厳しくなってきました。風邪などにご注意下さい~。

【2007/12/05 22:58】URL | 出人 #X.Av9vec[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/574-8cd37bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:「椿三十郎」~劇場で

ちょっと時代劇の、あの坊ちゃん頭の織田裕二ってのがなんとなく違和感で迷っていたのですが、コブタさんが「脚本がいい」と書いていらっしゃったので「椿三十郎」を見てきました。不満のある人もいるだろうけど、ま、け David the smart ass【2007/12/07 22:28】

椿三十郎

 日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:森田芳光  出演:織田裕二      豊川悦司      松山ケンイチ      佐々木蔵之介 【物語】 とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老・ 黒藤と国許用人・竹林の汚職... 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽【2007/12/16 00:36】

椿三十郎

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  椿が拓く、時代を超えた映画の扉   カリスマ映画論【2008/01/12 03:01】