スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●サイドウェイ(Sideways)

サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション)
世間はボジョレヌーボー解禁!で盛り上がっていますね~
あまりお酒が飲めないオオブタとコブタには、そこまで嬉しいニュースではないのですが今日はそれにちなんでこの作品を鑑賞してみました!



男二人のカリフォルニアのワイナリーを巡る旅を描いた物語。
その二人は友人ではあるものの、性格は両極端。作家志望のマイルスは結婚に失敗しその事を未だに引きずっている実直で生きることに不器用な男でカルフォルニアワインをこよなく愛するロマンチスト。元アイドル俳優のジャックは享楽的でちゃらんぽらん独身最後の旅行に関わらずナンパがこの旅の目的。そんな二人の旅が真っ当に進むわけはなく、ジャックはいい意味でも悪い意味でもマイルスをかき回していきます。
そんな両極端の個性をもった二人の男と、旅先で出会う二人の女性、そしてワインというアイテムが絶妙に絡み、独自な味わいを持たせています。

葡萄が発酵してワインになり、それが熟成され風味を増し、ピークを越えて味わいを落としていく。そんなワインの持つ深く複雑な風味、と大人と子供、強さと弱さと相反する要素を複雑にもった人間その絡め方が上手く、笑いながらホロリとしながら最後まで見ることができました。
ワインの良さがまったく分かっていないコブタでも、なんかワインを楽しみたくなるそんな映画。

旅によってマイルスとジャックが成長するとかいういかにもという感動物な内容にせず、旅とワインと人生を絡めて情景を見せてったというのは面白かったです。
そしてあえて結果を見せずに、ああいうラストも私はかなり気に入っています。

派手さはないんですが、心地よくカルフォルニアのワインロードを楽しむそんな空気が良かったです

ただ、、個人的な感情なんですが、ジャックのキャラ、悪意はまったくないのにはた迷惑で憎めない人物なのですが、マイルスとマヤのように最後は向き合おうとした二人とは異なり、ジャックはステファニーから逃げるだけで終わってしまったことに不満を感じてしまいました。
そこがジャックという見方もあるのでしょうね。
ただ、魅力的で素敵なステファニーに対してアレで終わりはないでしょう!!またマイルスに対して何のフォローなし!?という意味でコブタの中でジャックに対する印象は大幅にダウンしたまま終わったのは確かです。

でも実際、ああいうものなのでしょうね!
困った友達というのは、どこまでも困ったヤツで迷惑をかけ続けるけれど友達として何故か居続ける。そいいう意味ではリアルな内容だったのかもしれませんね。

サイドウェイグラフ
この映画、ワインが飲めるようになった年齢と、またある程度の人生の荒波を超えた後くらいの年齢と、ちがった自分の時代で二度鑑賞してみるのも楽しいかもしれませんね。

評価 ★★★☆☆

監督 アレクサンダー・ペイン

出演 ポール・ジアマッティ
   トーマス・ヘイデン・チャーチ
   ヴァージニア・マドセン
  サンドラ・オー
  メアリールイーズ・バーク
  ジェシカ・ヘクト

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/568-a5bfeb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。