スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●スターダスト(STARDUST)

スターダストポスターニール・ゲイマンのベストセラー・グラフィックノベルを映画化したファンタジー超大作。
そしてロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、と何気に豪華俳優陣に関わらずアメリカでの興行成績はいまいちなものの、映画サイトでの評価は悪くないという作品の存在が不思議な作品なので 気になって観に行ってしまいました。




イギリスの外れにあるウォール村の青年トリスタン(チャーリー・コックス)は、愛する女性ヴィクトリア(シエナ・ミラー)に壁の向こうに落ちた流れ星を愛の証としてプレゼントして、壁の外に広がる魔法の国ストームホールドへと足を踏み入れる。
しかし見つけてみると、その流れ星はイヴァインという美しい女性だった!
トリスタンはイヴォンヌをヴィクトリアに見せるために故郷への旅を始めるが、、そのイヴォンヌを狙って魔女の女王が、残虐な王子がイヴォンヌが身につけているルビーを狙って二人を追いかけてきていた。
さて、、二人はどうなってしまうのか??という物語。

一角獣や魔法のあるファンタジーな世界を楽しむというより、コミカルな設定の世界を楽しむという感じだった。
たしかに 魔法とか剣とかのあるファンタジー要素はあるものの、物語を盛り上げているのは魔法や剣での戦いではなく登場人物それぞれの人間くさい姿と行動。

一見、誠実で真面目な主人公と清純なヒロインを襲う、恐ろしく残虐な魔女と残忍な王子、そして主人公達と共に戦う、猛々しく男らしい海賊といった図式の物語に思われるけど、意外に正義悪の観点はなく、全員が全員自分の欲望に素直に行動しているだけ、その人間臭さが堪らなく観ていて愛おしさを感んじる。

ハッキリ言うと主人公は、よく言えば無邪気で脳天気、悪くいえばお馬鹿、ヒロインとなるイヴィンヌも何百年も人類を見つめていた人智を超えた存在のわりに顔も性格も普通の女性。そんな二人の珍道中は、ツッコミ所満載でハラハラというよりクスクスと言う感じで観てしまいます。

たしか、トリスタンが旅を始めるきっかけとなったのは、母親探しだった筈なのに、もう早い時期からその事をすっかり忘れているトリスタンって凄い!と思ったのは私だけではないはず、、、。
あまりにも、こないから母親のほうがアクション起こしてしまうのも無理ないですよねー。


また、ロバート・デニーロとミッシェル・ファイファーの存在感が抜群!
ロバート・デニーロは見かけはチョイ悪だけど人の良い親父で元々魅力タップリの役どころなためにそれをデニーロが演じたら、楽しく素敵なのは当たり前といったら当たり前なのですが、意外なのはミッシェル・ファイファー!
老け老人メイクが大半で、美と若さを激しく求めるが故に一番主人公達を鬼気迫った様子で襲ってくる存在なのに、なんかとってもキュートで可愛いんですよね!
ある意味、ヴィクトリアやイヴォンヌなんかよりもいい女を感んじるのは、流石というべきなのでしょうか?

スターダスト円グラフ感動とか興奮はしないんですが、無邪気に楽しめた作品だと思う。

評価 ★★★☆☆


監督 マシュー・ヴォーン

出演 クレア・デインズ
   チャーリー・コックス
   シエナ・ミラー
   リッキー・ジャーヴェイス
   ジェイソン・フレミング
   ルパート・エヴェレット
   ピーター・オトゥール
   ミシェル・ファイファー
   ロバート・デ・ニーロ
   ベン・バーンズ
   リッキー・ジャーヴェイス

この記事に対するコメント

となひょうさんへ

なんででしょうね、物語のわりに、ワクワクよりもなんか暖かい気持ちでみれる映画でしたよね~

ミシェル・ファイファーとデニーロがとにかく可愛かったです(><)

やはり役者としての格の違いを見せつけましたよね~

【2007/11/25 00:39】URL | コブタです #-[ 編集]

こちらにも~

どうにか間に合って、観る事ができましたー。
何か煌びやかで楽しい作品でしたね。
流れ星さんには、同じような感想を持ったみたいですね(笑)。
私も、イヴェインよりも邪悪な魔女であるはずのミシェル・ファイファーの方が何倍も輝いて見えました。
心から楽しんで演じている感じが素敵でしたよねん。
デ・ニーロがあそこまでやってくれた事には、感謝の気持ちで一杯になりました。

>一角獣

出番あれだけ?と、そこは不満です。

【2007/11/21 20:21】URL | となひょう #-[ 編集]

チャラノリさんへ、ノラネコさんへ 睦月さんへ

チャラノリさんへ
ううう すいませんチャラノリさんの好きなクレアさんに失礼な事いってしまって。
でもミッシェルが可愛すぎたともいうべきなのでしょうかね~(^^;

ノラネコさんへ 
本当に箱庭ファンタジーで世界も、悩みもみんな個人レベルてなんともアットホームな暖かさがありましたよね!
興行的にはコケてはいるけど、、観た人は確実に楽しませていますよね!

睦月さんへ
たしかに何喪出来ない主人公は今までの作品においても多いのですが、、コチラの作品は悩みもあまりないし、世界を救わないとダメとかいう仕事もないし、本当に普通の兄ちゃんで最後は美味しいとある意味一番の幸せな主人公ですよね!

【2007/11/05 12:10】URL | コブタです~ #-[ 編集]

こんばんわ

ファンタジーって実は昔から主人公よりもサブキャラの方がメインっていうパターンが多かったんでしょうか?

『ネバエン』のセバスチャン(だったっけ?)もいたって平凡なイジメられっこで、『LOR』のフロドも実は何も出来やしない・・・考えてみればファンタジーってそうであるべきなのかもしれないですね。だって、主人公がスーパーマンだったら幻想世界なんて必要ないもん(笑)。

といいつつも。
本作で一番のシャインニングスターだったのはやっぱりファイファーとデ・ニーロでございました(爆笑)

【2007/11/04 20:56】URL | 睦月 #-[ 編集]

こんばんは

まあ箱庭のファンタジーですねこれは。
昔、世界観を作る技術が未発達だった頃は、この手のファンタジーが主流だった気がします。
個人的には懐かしくて好きですけど、時代とはちょっとずれてるかもしれませんね。
コケてるし(笑

【2007/11/04 00:47】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

こんばんは!
ロバート・デニーロとミッシェル・ファイファーが良い味でてましたよね(笑)
私はクレア目当てで劇場に足を運んだのですが、ミッシェル・ファイファーの存在感にノックアウトされちゃいました!

【2007/11/03 02:15】URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/564-32987129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スターダスト ~劇場にて~

  スターダスト・・・評価  3.5   5→かなり面白いっ  4→面白いっ  3→ふつーかな  2→まぁまぁ  1→イマイチ■STORY■ウォール村のトリスタンは、同じ村のヴィクトリアに恋をし 三日月のしっぽ。【2007/11/03 02:06】

スターダスト・・・・・評価額1550円

「スターダスト」とは、星屑の事だが、人を魅了する魅力という意味でも使われる。これは、ひょんな事から地球に落ちてきた「流れ星」を巡って、凶暴な王子、魔女、飛行船を操る空賊、そして少々頼りない主人公が争奪戦を繰 ノラネコの呑んで観るシネマ【2007/11/04 00:40】

スターダスト

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ きーらきーらひかーる♪キミは僕だけの星 カリスマ映画論【2007/11/07 21:07】

スターダスト

「スターダスト」STARDUST/製作:2006年、アメリカ=イギリス 126分 映画通の部屋【2007/11/21 20:18】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。