スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●インランド・エンパイヤ(INLAND EMPIRE)

INLAND EMPIREデイヴィッド・リンチ監督は鬼才と呼ばれるだけあり凄い監督だとは思うのですが、その作品ってコブタは実はあまり好きではないんですよね。でも激しく気になってついつい観てしまうそんななんとも憎らしい存在だったりします。

今回も、かなり悩んでしまいましたが、ついつい観に行ってしまいました。




待望の映画に出演することになった女優ニッキーは、撮影が進むにつれ現実と映画の世界の境が分からなくなり悪夢のような幻想の世界へと入り込んでいくことになる。

といういかにもデイヴィッド・リンチ監督らしい展開で、意味深で悪夢のようになんとも心を掻き乱される映像、一言で言ってしまうと訳分からない映画。

観る側は、それぞれ映画の中に鏤められた要素に意味を求め一生懸命頭の中で監督と意図を探ろうとしているうちに迷宮に閉じこめてしまう。

それなりに解釈をつけようとしたら出来るのことは出来るのですが、今回の作品は特にそういうことをするのが無意味に感んじてしまいました。

というのは、明らかにリンチ監督は、そういう全体で一つの意図をもって作ったとは思えないんですよね。
無作為にリンチ監督が取りたい映像を無作為に撮影し堪った映像をコラージュのように繋ぎ合わせて一つの世界を作り上げたかのように見えました。

だからこの作品意味とかを深く考えず、リンチ監督が作り出した世界感を楽しむ映画なのでしょうね!

評価 ★★★★☆oobuta

監督 デヴィッド・リンチ

出演 ローラ・ダーン
ジェレミー・アイアンズ
ハリー・ディーン・スタントン
ジャスティン・セロー
カロリーナ・グルシュカ
スコット・コフィ
グレイス・ザブリスキー
ダイアン・ラッド
ジュリア・オーモンド
アマンダ・フォアマン
ジョーダン・ラッド
スタンリー・カメル
メアリー・スティーンバージェン
ローラ・ハリング
ナスターシャ・キンスキー
マイケル・パレ
ウィリアム・H・メイシー
ナオミ・ワッツ
裕木奈江
ピーター・J・ルーカス
クシシュトフ・マイフシャク
エリック・クレーリー

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

この記事に対するコメント

ノラネコ さんへ

たしかに 長いですよね~(^^;

オオブタさんは途中で意識飛ばしていました(ーー;

【2007/09/14 22:56】URL | コブタです~ #-[ 編集]

こんにちは

リンチは好きな作家で、これも好きなんですが、今回は少々長すぎたかな。
こういうイメージ系に浸れる時間て、リミットがあると思うんです。
もう40分くらい切ってもらったら、もっと良かったかも。

【2007/09/12 12:27】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

となひょうさんへ

コブタの★は、何かこれは凄い!!というものがあれば+に作用するんですよね~
ほら!好き嫌いは別として、、苦手な映画でも、出来がいいとか、素晴らしい作品ってありますよね!

なので 好き 嫌いは ピンクのコブタ 黒豚 で表現するようにしました。

嫌いなんですがね~あの世界は凄いと思うし、見たら引き込まれるんですよね。。。でも、、やはり好きではない、、複雑な心境です。

【2007/08/27 23:03】URL | コブタです~ #-[ 編集]

難解でしたー

こちらにもTB&コメントありがとうございます。
おっ、コブタさんはリンチ作品が苦手なのにも関わらず、★は4つなんですね。それは凄い!
今日、会社で感想を聞かれて「よくわからなかった」と答えたのですが。それは決して気に入らなかったということではなくて、寧ろあの独特の世界にドップリはまれたので。「わからなくても、かなり好き」と付け加えたら、かなり驚かれましたよ
この作品を一言で語るのは難しいですよね。でも病みつき!みたいな。

【2007/08/27 20:28】URL | となひょう #-[ 編集]

睦月さんへ

デイヴィッド・リンチ監督作品は難解さが売りのように言われていますが、実際その世界観に魅力がありますよね。
今までの作品は、まだリンツ作品はまだなんだかの筋道を彼なりに作り撮影していたように感じますが、今回はとくに心の赴くままに撮影してそれを彼の感性で組み立てたそんな感んじがしました。
だからよりリンツ監督ワールドを堪能できる作品とはいえるのでしょうね~。

パンフレットのその言葉 私もみて笑いました!
まさにそれが リンツ監督の映画ですよね!

【2007/08/26 16:55】URL | コブタです~ #-[ 編集]

こんばんわ

TB&コメントありがとうございました!

≫でも激しく気になってついつい観てしまうそんななんとも憎らしい存在だったりします。

ウハハハ!笑っちゃいました(笑)。たしかに憎たらしい・・・分かります(苦笑)。

私もね、コブタさんと同じ気持ちです。人によってはあれこれと解釈をつけている方もいらっしゃるみたいですが・・・ホントそういうの無意味だなあと。答えなんか導き出さなくても、何かを感じることが出来ればそれだけでいいじゃん・・って思っちゃいます。

パンフレット買いました?
その中に、「内容がわからなかったって?それがリンチを理解したってことなんだぜ」という評論家の名言がありましたが・・・まったくだと納得しましたよ(笑)。

【2007/08/26 01:58】URL | 睦月 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/528-072aaa63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インランド・エンパイア

【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 歪み乱れ墜ちゆくパラノイア  カリスマ映画論【2007/08/25 23:36】

インランド・エンパイア

「インランド・エンパイア」 INLAND EMPIRE/製作:2006年、アメリ 映画通の部屋【2007/08/27 20:23】

インランド・エンパイア

けっこう可笑しなシーンも多いところが以外だった。 裕木奈江がどうでもいい内容のタドタドしい英語を喋るシーンはたぶん相当可笑しなシーン... ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!【2008/04/03 09:28】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。