スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●300

、、300久しぶりに映画観て 熱く興奮出来る映画をみたという感じでした。

これは シン・シティーで一躍映画界でも存在感を増したフランク・ミラー氏原作、総指揮の作品で、熱き男の戦いをビジュアル的にもクールに描いた映画です。



「服従しない。後退しない、降伏しない」と戦士であることを誇にして生きているスパルタン。
そんな彼らの所に ペルシャの王の遣いがやってきてペルシャへの服従を迫る。
服従か死かとの選択に、スパルタの王レオニダスは、ペルシャとの戦いの道を選ぶ。
しかし欲と妄執にまみれた神官たちは信託者のお告げがあるとし出兵を禁止する。

スパルタの王レオニダスは苦渋の選択で、精鋭300人の兵士だけを連れて、100万のペルシャ兵との戦いに挑むことになる。
レオニダスは海岸線を埋め尽くす100万のペルシャ兵を、数の利点を生かせない細い渓谷にて向かいうち激しい戦いをしていく。
一方レオニダスの妻であり王妃のマルゴは、夫であるレオニダスをそして国を守るために、議会を動かし援軍を送るために国において行動を起こしていた。

というもので、とにかくシンプルでいて熱い物語。

背景をすべてCGで作成し役者と合成してセピア調仕上げた映像は、フランク・ミラーの美学が籠もっていて、どのシーンも一枚の絵として成り立つほど格好がいい!。

そして緩急のあるアクションシーンがまた格好よく、ポーズの一つ一つ、血の飛び方まで決まっていて、それでいて、人を切る、殴るときの武器や盾の重さをしっかり感じられる重厚感と、生々しくなりすぎない程度のバイオレンス熱さをもっていました。

信念と自由の心をもって、勇敢に笑いながら敵を倒していくスパルタの兵士がとにかく格好いい!

また物語の見せ方もシンプルで、300人のスパルタ兵士対100万のペルシャ兵の戦いというと人が登場人物がとてつもなく多く感んじるのですが、スパルタ兵は5人ほど、そしてペルシャは王、そしてスパルタ国にいる3人ほどとメインとして描く人数を絞ったことで、物語をうまく盛り上げていたように感じました。

もう少し難を言えば、、スパルタ兵の個々の個性や内面や同士の熱き友情などを掘り下げて描いてくれればもっともっと、燃えれたのにな~とは思いますが、満足度のかなり高い作品となりました。

これは、熱き夏にむけて観るには相応しい映画ですね~。

監督 ザック・スナイダー
出演 ジェラルド・バトラー
レナ・ヘディ
デヴィッド・ウェンハム
ドミニク・ウェスト
ミヒャエル・ファスベンダー
ヴィンセント・リーガン


評価 コブタ  ★★★★☆ kobutakobuta
   オオブタ ★★★★☆

300

この記事に対するコメント

の評論家さんへ

となひょうさん お久しぶりです!
これって、映像だけでもかなりの観る価値のある作品だと思いました。

たしかにこれにいい評価あげてない日とのおっしゃるようにドラマ部分は弱いのですが、逆にその浅さが神話的な雰囲気を与えていたかなと私は思いました。

【2007/06/21 12:00】URL | コブタです~ #-[ 編集]

ぐおぉぉぉ~っ!!!!!

コブタさん、こんにちわ~♪
何かご無沙汰してしまって申し訳ないっす。
コブタさん、なかなか気に入ったようで何より~と思ったら。オオブタさんも楽しんだようですね!それは良かった、良かった♪

駄目だったという声も結構みかけましたけど。この映像へのこだわりは、素晴らしいと思いました。私は、都合がつくなら再度観に行きたいと思うくらいです。DVD化したら、即購入っす。

ところで、コブタさん。
私の記事へはジョニー・デップの記事が飛んできてるよ。改めてTBして頂けると嬉しいです。

【2007/06/19 22:41】URL | 隣の評論家 #-[ 編集]

ai さんへ

コブタもこちらの作品久しぶりに燃えました!”
とにかく映像がカッコウよすぎます(><)
多少ドラマ部分が浅いということもあるのですが、そんなこと差し引いてもプラスにぶっちぎるほど映像が格好いいので、のめりこめました!

ai さんの 熱き感想楽しみにしています!
是非見に行かせていただきます!

【2007/06/16 20:47】URL | コブタです #-[ 編集]

ひさびさハマりました♪

かっこよかったですね~
「オペラ座の怪人」を未見なので(恥かしい(-_-))ジャラルド・バトラーなる役者さんを知らなかったのですが、もうゾッコンですよ(笑)

試写会に行ったのですが、公開されてまたすぐ観に行っちゃいました。
お金を払って公開後に改めて観に行ったのはこれが初めてです(~o~)
2度観ても大興奮。2度観て、最初のシーンとのつながりも改めて理解でき楽しめました。

あたしもこの感想はパワーを込めて近々UPしますので、また凝りずに遊びに寄ってくださいね~~♪

【2007/06/15 22:43】URL | ai #-[ 編集]

ちゃどさんへ

こちらのアクションはは、アートといってもいいほどの 格好良さでしたよね~

私も、トロイの鎧や剣の重さを感じる重厚感あるアクションも好きでした!

最初のブラピの戦いとかも格好よかったですよね(^^)

【2007/06/11 23:14】URL | コブタです~ #-[ 編集]

コブタさん、こんばんわ~。
僕も300観てきました。
古代の戦闘をこれほどかっこよく、美しく映像化した作品も過去にないのではないのでしょうか?僕もあの腹筋を観て、毎日腹筋することに決めました。
でも、僕的には人間心理の描写が細やかなトロイも捨てがたいです~。あの腹筋も良かった!

【2007/06/10 21:47】URL | ちゃど #9CzqwTwc[ 編集]

二純さんへ ジグソーさんへ

二純さんへ 
トロイもアクションは良かったのですが脚本がイマイチでしたよね~何が魅せたいのかまったく分からなかったです(--;
こちらは、とことん映像だけにこだわったところが 勝因ですよね~
コブタは女性ですが 燃え~と熱くなりました(^^;

ジグソーさんへ
本当に映像は格好よかったですよね!
こういう無駄ならいくらもでOKという感んじですよね(^^)
ただ オオブタさんの不満は、、殺し様は格好よかったけど、死に様も格好よくしてほしかったという点みたいです!
格好良い死に様って、、やはりアジア映画のほうが上手いですよね~

【2007/06/05 19:54】URL | コブタです~ #-[ 編集]

どうも!

もう無駄なものを一切排除した所がいいですよね!
唯一無駄な物があるとしたら・・・【無駄に】かっこいいって所ですよね(笑)

【2007/06/05 18:00】URL | ジグソー #-[ 編集]

古代ギリシャが舞台のエピック・アクションとなると「トロイ」になりそうですが、そうしなかったところがこの映画の勝因!原作をまんま動かすことに情熱を傾け、これからの歴史ドラマを変える1本に仕上げたスナイダーは見事。間違いなく女性は皆、レオニダス王らスパルタ男どもに、思い切り萌え~となるでしょう(笑)

【2007/06/04 21:39】URL | 二純 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/492-9de378f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「300<スリーハンドレッド>」

「300<スリーハンドレッド>」(2006)《300人VS1,000,000人、真っ向勝負!》5/22九段会館での試写会にて観賞introduction監督・脚本 : ザック・スナイダー 製作総指揮・原作 : フランク・ミラー castジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 .... ジグソーのオレデミーアワード日記【2007/06/05 17:39】

300(スリー・ハンドレッド)

6月9日 名古屋109シネマズ監督:ザック・スナイダー出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー僕が世界史で最も興味がある分野は、古代ギリシャ・ローマです。あの当時から哲学やら人間の心理やらを考え抜い Space Monkey【2007/06/10 21:47】

300<スリーハンドレッド>

「300<スリーハンドレッド>」 300/製作:2007年、アメリカ 117分  映画通の部屋【2007/06/19 22:36】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。