スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●25時 (25th hour)

話題のドラマ「24」の間違いではなく これはエドワード・ノートン主演 スパイク・リー監督のヒューマンストーリー映画です。
ノートン好きの夫婦なものの 公開期間が短かったこともあり つい見逃してしまった作品がようやくDVD化ということで 迷うことなく購入してしまいました。

麻薬の売人モンティ(ノートン)は何者(もしかして恋人?)かの密告で刑期7年投獄されることになり収監までの時間は25時間 モンティが何を思い どう行動したのか。。
 日本でもそう健全なところではないとは思いますが アメリカにとって監獄は、リンチ・レイプの危険に満ちた地獄の世界、、主人公がこの25時間の最後に 服役 逃亡 自殺どの道をとるかという物語です。


主人公であるモンティー 犯罪者で麻薬の売人でたしかに行ったことは許されることではとうていないものの、その本人は家族・友人・恋人を愛し、怪我をしている犬を助けるやさしい青年で、頭もよく中退せず大学まで行ってたら弁護士にだってなれていたような人物。。悪党ではなくそして投獄という事態になって自分の未来に怯え、してきたことを悔いているそんな弱い人物です。
また そんな主人公の苦悩だけでなく その主人公を取り囲む父親 恋人 友人の何故主人公が犯罪行為に関わっていると知りながら止めることをしなかったのかと苦しんでいる姿も描かれています。

結局 麻薬によって主人公はお金を手にし贅沢な暮らしをしていたものの 本当に求めていたものは 平凡な幸せだったというのがなんとも 観ていて辛いものがあります。
鑑賞後の心に残った感触は 実在の麻薬ディーラーを主人公にした「ブロウ」に似ているかもしれません。


製作 トビー・マグワイア
監督 スパイク・リー
出演 エドワード・ノートン
   フィリップ・シーモア・ホフマン
   バリー・ペッパー
   ロザリオ・ドーソン
   アンナ・パキン
   ブライアン・コックス






ル・コルビュジェ&シャルロット・ペリアンLC-2 2P グランコンフォート

「すっごく快適(グランコンフォート)」という名前のついたル・コルビュジェデザインの 普及の名作のソファーです。
こんなソファーに座りながらこの映画をみられては如何ですか?
(すっごく快適なソファーによけいな手を加えないでね!)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/48-cb6ca1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。