スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●輝きの海(Swept from the Sea )

輝きの海コブタ父大絶賛で絶対見ろと貸してくれた映画「輝きの海」を鑑賞しました。

こちらは、「地獄の黙示録」など映画化作品でも知られる文豪ジョゼフ・コンラッドの短編小説『Amy Foster』のを「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月」を手がけた監督ビーバン・キドロンが映画化したというもので、これを見た父がすっかりレイチェル・ワイズに惚れ込んでしまった作品です。


エイミー(レイチェル・ワイズ)は複雑な事情にょる出生のために、両親から疎まれ、ほとんど口も聞かない笑顔も見せない彼女をある人は魔女と呼びある人は愚鈍な女性もしくは気がおかしい女性と馬鹿にされ、村人からも疎外された生活を送っていた。そんなエイミーを癒していたのは、深い愛の象徴である海から漂着してくる美しいものを集めそれを眺めることだった。
自由を求め故郷であるウクライナから離れアメリカ行きの船に乗ったものの、その船が転覆しただ一人言葉も通じぬ土地に漂着したヤコフ(ヴァンサン・ペレーズ)。言葉が通じないことで、狂人扱いされ閉鎖的な村人から無理解による迫害をうけるヤコフ。
そんな孤独な二人の美しくも悲しすぎる愛の物語が彼らを見守ってきた医師ケネディー(イアン・マッケラン)とミス・スォファー(キャシー・ベイツ)の会話によって紐解かれていく、、、
英国南西部絶壁の町コーンウォールの壮大な景色の中でくりひろげられるこの物語、、、美しいけれど切なすぎます。

何も語らずじっと堪え忍んで表情を表にあまり出すことのないものの気高さすら感じるイチェル・ワイズ演じるエイミー、村人から偏見と迫害をうけるエイミーとヤコフ愛と心情を見事に表したかのような、厳しく冷たさを感んじる映像、と描かれているのは痛々しいほどの悲しい物語なのですが、息をのむほど美しさを感んじさせてしまう作品でした。

純粋な愛を築いていく二人を蔑み迫害していく悪意をもった村人たちが愚か醜いのですが、そういったマイナスな要素がさらに映画の美しさを際だたせています。

物語はエイミーとヤコフの愛を追っているのですが、映画自身は「許し」と「他者をいかに理解し受け入れること」について描かれています。

悪意に満ちた村の人と距離をおき、自分の中で尊むものを作り出すことによって自分の尊厳を守ってきたエイミー、言葉を覚え仕事をすることで村人と溶けこもうと努力するのに疎外され、エイミーの元にだけ安らぎと愛を感んじるヤコフ、そんな二人の真摯であまりにも純粋な愛、にも関わらずそんな二人に悪意をもった目でしかみず理不尽な迫害をする周囲の人たち。
それを同じように近くでみていながら、ヤコフ、エイミーを共に受け入れ見守ろうとするミス・スォファー、ヤコフだけを受け入れエイミーを拒絶するケネディーその二人が物語を通してどう対話していくかというのが、もう一つの見所になっています。

そして二人の人物が許しを与えられ、ささやかな希望を見せ深い感動のラストを迎えるます。

確かに良質な文芸映画で父が大絶賛するほどの作品であることは解りますし、コブタも物語に引きこまれ感動し号泣した作品でもありますが、、ハッキリ言うと、、コブタは好きではない作品でもありました。(お父さんすいません)。

というのはダンサー・イン・ザ・ダークのように主人公がとにかく不幸な目にあっていくだけという物語、苦手なんです。
主人公二人に向けて行われる 村の人の行為が余り物不条理で、どんなに二人が努力しようが耐えようが、その事態はまったく変わらないそういう状況に苛立ちや怒りを感じてしまうんですよね。
これは ダンサー・イン・ザ・ダークのようにただ不幸を描いただけというわけではないし、ラストにも希望はあるのですが、ヒロインの物語の中における立場が理解はできるけど納得できないんですよね。
また 許しをテーマにしているのですが、、心やさしき人たちだけが悩み後悔して、最も許しが必要である人たちは反省することもなく終わるところも釈然としないものを感じてしまいます。

ただこれはコブタの好みの問題、いい作品ではありますし、この作品のレイチェル・ワイズの演技は本当に素晴らしくその点でも観る価値があると思います。

評価 ★★★★☆ oobuta




輝きの海監督 ビーバン・キドロン

出演 レイチェル・ワイズ
    ヴァンサン・ペレーズ
    イアン・マッケラン
    キャシー・ベイツ
    ジョス・アクランド
    トム・ベル
    ゾーイ・ワナメイカー

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン




輝きの海
輝きの海レイチェル・ワイズ ヴァンサン・ペレーズ イアン・マッケラン

おすすめ平均
stars悲しく、けれど美しい物語
starsレイチェル美しいわ、目の演技に音楽いらないんだもんな
stars深い愛情の魂のふれあい。文芸大作。
starsレイチェル・ワイズが美しい
stars

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/453-690478c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。