スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ナイト ミュージアム(NIGHT AT THE MUSEUM)

ナイトミュージアムコブタの好きなベン・スティラー主演の、ナイトミュージアム、愛と夢と冒険の詰まった素敵な映画でした。

笑いたい、ワクワクしたい、ハラハラしたい、感動したいといった映画を見る際に望む要素がしっかり揃った、素直に楽しいと思える作品です。



物語は夢想家で足に地がついてないダメダメ親父のラリー・デリー(ベン・スティラー)は、妻からも離婚を言い渡され、職と住まいをを転々とする生活。
そんな時に、元妻ニッキー(キム・レイヴァー)は再婚し、最愛の息子は新しい父親にもなついている様子、しかも妻ニッキーは定職につかずフラフラしている彼に、週一日彼と過ごさせることにも躊躇しはしてめている様子、、ラリーは愛する息子のために、職を見つける必要に迫られる。そんなラリーがみつけた仕事は博物館の夜警。
夢想家な彼にとっては、気の進まぬ仕事ではあるものの、一日目彼の夜警の仕事が始まるが、、なんとその博物館、、なんと夜中になるとすべての展示物が生きて動き出すという秘密をもっていた。
彼は、動き出す展示物と格闘しつつも、なんとか夜警の仕事を成し遂げようとするが、、物語。

まず、展示物に翻弄されるラリーの様子が無邪気に楽しめ笑えること、ラリーが それらの展示物と付き合うために歴史の勉強をし、対話しながら成長していく様子がうまく描かれていることと、ミュージアムを脅かす敵へ立ち向かう展開が自然に描かれていて、素直に楽しむことができます。

多くのコメディー俳優がいるのですが、ベン・スティラーの魅力ってそういった俳優さんの中でも演技が一番自然で、人間味があるというところなのではないでしょうか?
今回もその自然で人間味あふれる演技が、見ている観客をうまく物語に引きこんでいるところがやはり上手いです。

またこの映画、内容が内容だけにビジュアルエフェクトを多用しているように思われがちなのですが、コメディーを重視したため、CGではなく人間にかなりの部分を演じさせため、動きが自然で生身の人間だからこ出せる可笑しさを前面に押し出したということで、ストレートに面白さが映像から伝わってきました。

夜になると、動き出す展示物、それぞれがいったいどういう人物か?どういう動物なのか?どういう代物なのかというのをラリーとともに学ぶことができて、子供がみても勉強になり色々なことを学ぶ入り口にもなりそうです。そういう意味でも子供と一緒に楽しむのに最適な映画なように思います。

軽い軽快なノリで、見て笑ってスッキリ元気になるという意味でも、いいサプリメントムービーなのではないでしょうか?

NIGHT AT THE MUSEUM評価 ★★★☆☆ kobutakobuta

監督 ショーン・レヴィ

出演 ベン・スティラー
    カーラ・グギーノ
    ロビン・ウィリアムズ

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン




この記事に対するコメント

隣の評論家さんへ

なんか 周りと評価が違ってるとなんか意味もなく悲しいですよね!
傑作とは言いませんが、子供を連れて行って一緒に楽しめるいい娯楽作品だなと思ってしまいました。
最近子供用で子供だましどころか子供すら騙せてない子供向け作品も多い中でこちらは良くできていたかなと思います(^^)

【2007/04/05 10:32】URL | コブタです #-[ 編集]

TB&コメントありがとうございます。

むーん、皆さん、とても楽しめたんですねぇ。
むーん、辛口記事でゴメンなさい...。

【2007/04/05 00:11】URL | 隣の評論家 #-[ 編集]

motti さんへ

たしかに軽く楽しめる作品でしたね!
その思い詰めてない感じが、気楽に楽しめる映画にしていたように感じました。

ベン・スティラーって、純粋ではあるものの、ずる賢いところや人並みの欲といったものももった人間くささのある役が上手いですよね(^^)

コブタは大好きな俳優さんの一人なんですよ!

【2007/03/29 09:40】URL | コブタです #-[ 編集]

空にキラキラお星さま♪みんなスヤスヤ眠るころ♪ ...てな具合w

>笑いたい、ワクワクしたい、ハラハラしたい、感動したいといった映画を見る際に望む要素がしっかり揃った、素直に楽しいと思える作品

たしかに。
でもどれもアッサリとしすぎちゃってるかな。
軽い気持ちでアッサリ楽しめる内容でした。
僕も子供も博物館なんか大好きで、そういう意味では観ている子供たちにとっちゃ夢がかなったような楽しい映画だったに違いありませんね♪

ベン・スティラーはちょっとヒネた悪者顔といったら失礼ですが、夢想家で足に地がついてない駄目パパってのにはピッタリでした。

【2007/03/25 15:25】URL | motti #-[ 編集]

ジグソーさんへ

やはり この映画においてベン・スティラーの存在感は大きいですよね~!
他の面白いコメディー俳優いっぱいいますが、これはベンがやって正解だったと思います。
リアクションが非常に自然で面白いのと、親子の物語とか 展示物との交流などそういったドラマ部分もしっかり表現できているところが、笑ったけど感動もしたという いい映画にしていましたよね!
ベン&オーウェン ベン&Rウィルアム ベン&母といろんな共演も楽しめましたね(^^)

【2007/03/22 13:55】URL | コブタです #-[ 編集]

どうも!

個性豊かな展示物たちもいいですが、ベン・スティラーのリアクションがやっぱり一番面白いですね!

ベン&オーウェンのコンビが見れたのも嬉しかった!

【2007/03/19 22:55】URL | ジグソー #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/435-7dc62436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ナイトミュージアム」

「ナイト・ミュージアム」(2006)《みんなみんな、動き出す!》3/11新宿バルト9・スクリーン5での先行上映にて観賞。introduction監督・製作:ショーン・レヴィcastベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ・・・&オーウェン・ウィ.... ジグソーのオレデミーアワード日記【2007/03/19 22:35】

ナイト ミュージアム

「ナイト ミュージアム」NIGHT AT THE MUSEUM/製作:2006年 映画通の部屋【2007/04/05 00:10】

ナイト ミュージアム ~劇場にて~

  ナイト ミュージアム・・・評価  4.5   5→かなり面白いっ  4→面白いっ  3→ふつーかな  2→まぁまぁ  1→イマイチ■STORY■失業中のラリーは、愛する息子ニッキーとの絆を保つた 三日月のしっぽ。【2007/05/06 00:54】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。