スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●GEAR

ギア この作品コピーが「『SAW』を超える衝撃映像」「『セブン』を凌ぐ驚愕のラスト」となっていた作品です。
しかし、、今までの経験上 こういうコピーの作品に傑作なし!!
そんな変な意味で期待通り(思った通りとも)の、何ともいえない作品でした。



麻薬の取引現場に突然覆面した男が突入し激しい銃撃戦となる。ギャングのトルーマンはただ一人生き残る。
1ヵ月後、彼の組織のボスの甥がその殺し屋に誘拐され、その捜索を命じられる。
クロード・レインと名乗る殺し屋の事を調べていくうちに、彼の狙いが自分にあることに気付く。クロード・レインは次第に、彼を追いつめんと、次々と彼の周りの人物を殺害していき、、という心理?サスペンス?ホラー?スリラー?映画です。


物語がわけ分からなく、退屈というのが正直な感想です。
まず最初 潜入捜査官?といった謎の行動をとる主人公トルーマン、しかし物語を見続けると単なるギャング。
主人公が謎の行動をよくします。
(予告編では、台詞がちゃんとギャング同士の会話になっているので、これは翻訳がオカシイのかもしれませんが)
殺し屋クロード・レインの目的が分からない。
そして、それらを全て解決してくれるはずのうラストがまた良く分からない(--;。

どうやら、クロード・レインは自分の後継者としてトルーマンを彼流の方法で導いているという物語なようですが、その為の行動としてはつじつま合わなすぎるし、、
最後、殺し合うことで クロードレインとトルーマンは同化したとするには、、何故これで同化するの?!という別の意味で衝撃を感じます。
クロード・レインは実はトルーマンの別人格とするには、離れた二カ所に存在することがあったりしてそれではないようで、、

「???????????(・ ・)??????」と見たあと、こんな状態になってしまう作品です。

コブタは うっかりレンタルで借りてしまいましたが、、これは、、見ないほうがいいですよ、、(--;

評価 ☆☆☆☆☆ oobutaoobutaoobuta

監督 ウィリアム・カウフマン
出演 ホルト・ボックス
    ミレリー・テイラー
    グレン・ボルヒス
    マット・ベッカム

この記事に対するコメント

aiさんへ

(^^; 笑われてしまった。。

やはり、、多分こんなコピーの映画は今後現れることはないですよね、、、、(--;

【2007/01/27 01:30】URL | コブタです  #-[ 編集]

まさに!

>いっそこのこと「フォーガットン」を超えた驚愕サスペンスとか、、「フライトプラン」を超えた狂乱ヒロインサスペンス とかつけてくれたほうが、、そそられるかもしれませんよね(^^;

(爆)

【2007/01/26 19:19】URL | ai #-[ 編集]

aiさんへ

こういうコピー気になるけれど、、微妙なのばかりですよね、、
「セブン」「シックスセンス」「SAW」「」QUBE」等々 何度超えたといわれ続けているのでしょう、、
セブンなんて 今となってはかなり前の作品となっているのに、未だに映画の宣伝コピーで使われつづけて、、超えた作品がないようですよね、、、

いっそこのこと「フォーガットン」を超えた驚愕サスペンスとか、、「フライトプラン」を超えた狂乱ヒロインサスペンス とかつけてくれたほうが、、そそられるかもしれませんよね(^^;

【2007/01/26 14:53】URL | コブタです  #-[ 編集]

この手につい乗ってしまうんですよね~

またまた人気ホラーのジャケットの雰囲気を模したDVDですね。
劇場公開されていないとどうやって目を引くかで、こうした方法がよく取られるようですが・・・

どう見てもホラーらしいジャケットなのに
あらすじを読む限りそんな雰囲気は全く感じられないし・・・。
内容も無いとなるとやっぱり虎の威を借りるしかないんだなって感じですね。

【2007/01/26 13:24】URL | ai #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/406-a17e349d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。