スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ハチミツとクローバー(アニメ)

ハチミツとクローバー 1 (初回限定版)
ハチミツとクローバー 1 (初回限定版)羽海野チカ カサヰケンイチ 神谷浩史

角川エンタテインメント 2005-08-26
売り上げランキング : 8124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハチミツとクローバー 2 (初回限定版) ハチミツとクローバー 3 (初回限定版) ハチミツとクローバー 4 (初回限定版) ハチミツとクローバー 5 (初回限定版) ハチミツとクローバー 6 (初回限定版)


HDにしばらく保留になっていた ハチミツとクローバーセカンドシーズン見終わりました!
あまりに 切なく凄まじいラストの展開に感動で号泣してしまいました~(TT)


ハチミツとクローバーは浜美の花本研究室に集う学生らを中心に繰り広げらる人間模様を描いた物語で、おかしくて魅力的な登場人物たちが繰り広げる純真でまっすぐな恋愛模様がなんとも甘酸っぱくそれが魅力の作品です。
しかし作品ってそれだけでなく、美大が舞台ということもあり、それぞれが何だかの才能なり夢をもってそこにいるのですが、当然その中で 天才もいますがそうでもない人もいて、凡能でこれといった自分に誇れるものもなく、そして未来を見いだせない事の悩み、そして天才であることゆえの孤独、そして自分自身の中にあるどう押さえていいのかわからない感情との戦いといったすいった痛みの部分をもっていて、一見ギャグタッチで軽く描かれている人物たちが驚くほど深さをもっていて、そういう人物が笑い、悩み、泣き、怒る姿が観ている側に輝いた体温をもった人間に映るんですよね。

ファーストシーズンは、主人公竹本くんが天才少女はぐちゃんに恋をして、自分の人生や恋愛というものに向かい合い成長していく様子と、真山を巡る陶芸科のあゆの切ない失恋と振られても好きな相手真山との新しいつきあい方を模索していく様子と、人生に傷つき疲れている大人の女性理花さんに片思いをし一途に彼女を想い悩み、自分と同じように一途に自分を想い続けるあゆをとの関係にも悩む様子が平行して描かれていて、その切なすぎる恋の物語が観る人を魅了して、そして同じように初めて恋をしたときの気持ちをそれぞれが再体験させ、気がつけばハチクロの世界に嵌っている人も多かったと想います。
ファースト・シーズンは、それぞれが恋を知り、何だかの自分の中での結論をだし、そしてそれに対してまっすぐ歩いていこうと心に決めるといったニュアンスで終わりなんとも爽やかな内容だったのですが。。セカンドシーズンは、それぞれの人生に踏み込んでさらに深い物語になってきていました。

セカンドシーズンは ちょっと趣がかわり、ただ想っているだけの恋が、愛している人に自分は何が出来るのか、どこまで相手を支えることが出来るのかという事でそれぞれが悩み苦しみ内容となってきます。
夫を事故で亡くしその事故を引きずり生きることへの喜びを一切忘れている理花さんを心配し常に近くで見守る真山、そんな二人を切なく見守りながら真山応援するあゆ、失恋を引きずり泣いてばかりいるあゆに何かと面倒をみる野宮さん、そしてこのセカンドシーズンで最も危機的状況に陥るはぐを巡る竹本くん 森田さん そして花本先生の三人と行動、悲劇的状況の中で本能で選択したはぐちゃんの決断、とそれぞれがファーストシーズンとは比べものではないほど苦しみ悩むことになります。
そして ラスト本当にうまくまとめてあり、それぞれの物語にそれなりの終わりをみせ、それが結末のちょっと手前といった状況で留め、それぞれがその方向へむかって進んでいくであろう人生の流れをみせ綺麗な余韻も残しているように感じました。

そして 竹本くんが 恋に落ち、大学で多くの人と出会い、学び、そして失恋し、立派に大人になっていく様子が見事に描かれていることに気がつきます。

そして 見終わって 改めて深いこの世界に驚かされてしまいます。

まだ ハチクロ 読んでない、アニメ見てないという方、、今からでも遅くないです!!
是非是非見てくださいな!もうお勧めですよ~!

映画のほうは、、コブタ的には いただけませんでしたが、、

評価 ★★★★★

監督: カサヰケンイチ
出演: 神谷浩史
   工藤晴香
   うえだゆうじ
   高橋美佳子

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン

この記事に対するコメント

piaaさんへ ボレロさんへ

piaaさんへ
アニメのほうが ほぼ原作と同じで、エピソードが若干省かれているというものみたいですね。
(コブタは逆に原作をすべて読んでないので、、)
でも原作をものすごく愛して作られた内容だと想いました。
これって 現在のある意味純文学ですよね。
色々悲しい事件が多発する今、こういう作品が評価されたというのは嬉しい感じもしました。

ボレロさんへ
原作は逆にラストみてないのですが、、ネット情報では同じだったようです。
ただ、この最終回 アクシデントがありまして、主役の竹本くんを演じている声優さんが病気て倒れまして、最終回だけ代役の方がされていて、そこを悲しんでいるファンも多いようです。
DVでは 吹き替えになっていると嬉しいのですが。

【2006/09/20 10:51】URL | コブタです #-[ 編集]

NoTitle

ああ、終っちゃったんですよね~。漫画のレビュー書いた頃には、連載が終りかけてたとは・・・アニメ版の最終話、見れなかったんですよね~。どうでした?原作と同じでした?機会があれば、見たいと思います^^

【2006/09/20 01:07】URL | ボレロ #grGQ8zlQ[ 編集]

NoTitle

アニメの方はまだ少ししか見ていませんが、
原作をストレートにトレースしたアニメですよね。
せっかくだからもっといろんなオリジナルのエピソードを組み込んで長くしてもよかったんじゃないかとも思うんですけど。
原作の方は、先日発売の第10巻のラストを読んで、危うく泣きそうになっちゃいました。

【2006/09/20 00:54】URL | piaa #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/312-92c9f474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。