FC2ブログ

●インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~

いんぷりんとこちらは オオブタさんが借りてきた作品(--;

三池崇史監督、、元々無茶苦茶をする監督だとは 知ってはいたのですが、、ここまでしますか、、(TT)
夫婦で観た感想は「どえらい目にあった」の一言です。



マスターズ・オブ・ホラー/恐ー1グランプリ』の一篇として13人の世界のホラー映画監督が競演するという企画の一貫で 映画界の異端児三池崇史監督による アメリカ映画デビュー作第一弾となった作品ですが、、アメリカで放映禁止となってしまったホラー(これ ホラーなの?!)映画です。(アメリカで放映禁止になったのは衝撃映像というより、宗教的問題なそうですが、、)

物語は 夜霧に包まれた川の中の小さな浮島にある、遊郭を訪れたアメリカ人記者は、愛する女性・小桃を探しさまよっていた。そこで一夜を共にすることになった醜い顔の女郎から、彼女自身の陰惨な過去と、小桃の哀しい末路を聞かされる、、愛する小桃の死に悲しみ悲嘆に暮れる記者だったが、、女郎の語る物語にはまだまだ衝撃の事実が隠されていた、、という内容なのですが、、、全編流れる雰囲気がとにかく気持ち悪く、怖いというより痛いそしておぞましい映画でした。

人間のグロイ部分 いやらしい部分に加え、エログロイ数々の映像、、凹むためにみたような感じでした。
一番の衝撃シーンとされる 拷問シーン、、それがストレートすぎる状況で表現され、加え執拗でしかも無意味なほど長い、、このシーンの間中特大バムセの背中にうつぶして私は死んでました。(--;(逆にいえば このシーンで かなりの観客をグッタリ消耗させるといっていいのではないでしょうか。。)

それ以上の衝撃映像はないのですが、そのシーンみたショックで呆然としながら見せられる残りの物語も、なんともいえない内容で、見終わってなんともグッタリしてしまいました。

好きとか 嫌いとかの範疇こえて、もうコブタにとっては 拒絶したくなる映画です。

評価 ーーーーーーーーー oobutaoobutaoobutaoobutaoobuta

監督 三池崇史
出演 工藤夕貴
   ビリー・ドラゴ
   美知枝
   根岸季衣
   岩井志麻子



にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン

この記事に対するコメント

睦月さんへ

どうも~あのシーンぼかしあったんですね それは良かったですね~
レンタルDVD、、ぼかしなかったの(つ;)
でね~でね~爪がやや割れつつ針がめり込んでいく様子が長々移ってて(><)
物語が怖いとかいうより このシーンで体力大会果たしました(--)

【2006/09/12 23:18】URL | コブタです #-[ 編集]

観たのね!?

こんばんわ。
私、これ劇場で観ました。噂で聞いていたよりもあんまり大したことがなかったような気がしたんですが・・・コブタさんはやっぱ拒絶反応でちゃいましたか・・(苦)これは原作もかなり陰湿で気色悪いです。
ところで、やっぱあの拷問シーン(爪に針を刺すシーン)はボカシがなかったですか?劇場版だとボカシが入っていたので、結構観やすかったです。

【2006/09/12 20:16】URL | 睦月 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/306-d6c64f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~(舞台挨拶付き)

【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ネタバレ全開・・・きょうてえ話   カリスマ映画論【2006/09/12 20:17】