FC2ブログ

●テープ(Tape)

テープ体調不良のために 引きこもりの一日を過ごしたコブタが観た映画「テープ」は、映画の中の登場人物もひきこもってました。

一本のテープを軸に、とあるモーテルの一室で薬の売人 映画監督、地方検事補が繰り広げる、密室心理サスペンスであるこの作品、評判も高く、コブタも期待を高めに臨んだ作品です。



薬の売人をしているヴィンセントの部屋に、高校時代からの友人ジョンが訪ねてきます。二人は再会を喜ぶものの、粗野で感情的なヴィンセントと真面目で良識的なジョンの二人の会話はどこか緊迫感のあるものに、、。会話はしだいに高校時代二人が時期をずらしてつきあっていた女性エイミーへと移っていきます。
ヴィンセントによって、ジョンの忌まわしい過去が暴露されたとき、エイミーがその部屋にやってきます。
緊迫した部屋はエイミーの登場によってさらなる展開をむかえ、、

という内容で、狭いモーテルの一室で、登場人物はこの三人だけ、三人の会話でのみ展開していくこの映画、息つまるような閉塞感と緊張感をもっています。
その反面派手さにややかける映画でもありますが、なかなか映画としてはおもしろかったとは思います。

直情的でいてしたたかヴィンセント(イーサン・ホーク)、実直なジョン(ロバート・ショーン・レナード ) 聡明で真率なエイミー(ユマ・サーマン)登場人物が少ないためにそれぞれが自由にそしてじっくりと演じいるのがわかるだけ丁寧でいい演技をしているように感じました。

ただ、、三人それぞれが問題とするエピソードは一つで、主張している真実が一個だけなので、期待したほどには激しく展開せず、そこで盛り上がりが欠けてしまったかのように感じました。
期待が高すぎたのもいけなかったのかもしれませんが。

心理サスペンス、ワンシーンドラマなどお好きな方が、楽しめるのではないでしょうか?

評価 ★★★☆☆

監督 リチャード・リンクレイター
出演 イーサン・ホーク
   ロバート・ショーン・レナード
   ユマ・サーマン

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン



テープ
テープスティーブン・ベルバー リチャード・リンクレイター イーサン・ホーク

おすすめ平均
stars86分のリアルタイム・ムービー
starsう〜〜ん。いまいち。
stars映画のおもしろさ ここにあり!
starsこれこそが“本物”の映画
starsクソ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




この記事に対するコメント

aiさんへ

お久しぶりです!お元気でしたか?
ワンセットドラマは 本当に役者がよくなければ成り立たない映画ですよね!
もう少し、語られる事件が展開をみせてくれればもっと楽しめた感じもしますが、いろんな意味で面白い作品でしたよね!

【2006/09/01 22:53】URL | コブタです #-[ 編集]

NoTitle

だいぶ前に観た作品ですが今でも強く印象に残っています。まるで一巻くものの舞台劇を観ているような作品で、一室だけの、しかも言葉のやり取りが殆どのサスペンス、異色でした。
ただ淡々としているだけに映画向きかと言えばちょっと違うかな・・と言う気にもなり、人を惹き付ける濃い味付けが無いのが不満に思う人も多そうですよね。
でもこれを観てからイーサン・ホークってうまい俳優さんなんだなって思いましたし、
3人の位置付けが良くできていました。
しっかり作品に入り込めれば最後の面白さがちゃんと伝わってくる作品ですよね。

【2006/08/30 22:34】URL | ai #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/292-47b1a438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)