FC2ブログ

●ナイロビの蜂 (The Consutant Gardener)

ナイロビの蜂あの「シティー・オブ・ゴット」のフェルナンド・ネウレレス監督の期待の新作の「ナイロビの蜂」、早速観てきました!

ガーデニングを趣味で温厚で争いごとを好まぬ誠実な性格のジャスティンは、情熱的で愛情深く活動的な女性テッサと出会い結婚します。
アフリカで テッサはその正義感と情熱的性格の赴くまま、アフリカの国境なし医師団一員のアーノルドとともにボランティア活動と精力的動いている。激しい気性ゆえに権力者たちにくってかかり、危ないスラムに妊娠中でも足をふみいれたり、仲良すぎるアーノルドとの関係などを心配しながらも傍観してましたが、ある日テッサが何者かに殺されてしまいます。
ジャスティンはテッサの死の真相を求めて調査を始める、そこで浮かび上がっているのは、アフリカを舞台に繰り広げられている巨大な陰謀と、テッサの真の姿でした、、というしっかりとした社会派サスペンスな設定ながら、深いラブストーリとしても観ることのできる作品です。


この作品を見始めて一番に感じるのは、アフリカの熱く埃っぽい乾いた空気感、景色ではなく空気 そして人の体温

といった感じで映像にうつっているものではなく、うつっている物が宿しているを映像に映し込むのがフェルナンド

・ネウレレス監督は長けていると思います。

この物語、レイチェル・ワイズ演じるテッサの死から始るものの、、ジャスティンの思い出の中で蘇る生命力溢れる

姿、そして実生活の中での不在という存在感、その描かれ方が素晴しく、だからこそ、死の真相というよりテッサの

思いを求める物語に深みを出しているように感じました。オスカーをとったのも頷ける演技でした。

エキセントリックで奔放なテッサと やさしく戦いを好まぬ男ジャスティンの対比もよく、正反対な性格だからこそ

惹かれ、正反対の性格だからこそ理解しあえなかった二人が、物語が進むにつれ融合し、傍観者で有り続けていたジ

ャスティンがテッサのように目の前の子供を助けようと行動する男になっていくという心の移り変わりが非常に丁寧

に描かれています。
また、妻の死を調べるために、凶悪な陰謀に立ち向かっていくのですが、ジャスティンはタイトルにもあるとおり庭

いじりの好きな(The Consutant Gardener)英国紳士、決してスーパーヒーロでもタフガイでもなくい男が殴られて

もやり返せるわけでももなく、武器をもって闘うでもなく、傷つきながらも一心に妻の死の真相を調べていく姿がま

た魅せてくれます。レイフ・ファインズ繊細な演技がうまく生かされています。

この映画の中で、アフリカにおいて上視点で資本主義的考え方で行われていること、実際誇張でもなく行われていた

りするであろう生々しさとだからこそ醜く嫌らしいだけに、よけいにジャスティンとテッサの純粋さが際だって、よ

り輝きを加えているように感じました。

評価 ★★★★☆
監督:フェルナンド・メイレレス
出演:レイフ・ファインズ,
   レイチェル・ワイズ,
   ユベール・クンデ,
   ダニー・ヒューストン,
   ビル・ナイ

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン

この記事に対するコメント

aiさんへ

たしかに 深い部分をもった映画でしたね!
ただ そのラブロマンスを描きたかったのか、社会情勢を描きたかったのかが 見えつらくなったところはありますが、主人公の視点で一気に物語りに入り込んで世界に引きずられるパワーのある作品でした。
コブタは 夫婦の愛を中心にみたので ラスト泣きましたよ!(TT)

【2006/07/11 01:07】URL | 謎の大物 #-[ 編集]

NoTitle

思っていた以上に奥の深い作品のようですね。
バリバリのラブストーリーと思っていたもので。
見損ないました(;_;)

【2006/07/10 22:41】URL | ai #-[ 編集]

mottiさん
いろいろな見方もありますよね!
意外に評価分かれていますよね。
私はあのくらいで良かったと思うのですが、ただ、アフリカを食い物にする世界を描きたいのか、二人の愛を描きたいのか、そこで観客の焦点をぼかしてしまったかなと感じてしまいました。

【2006/05/26 09:40】URL | コブタです #-[ 編集]

陰謀のサスペンス部分や無気力に適当に仕事してる男がちゃんと物事に向き合っていく様に面白みを感じたものの、世間のこの映画に対する評判部分の亡き妻の愛を再確認しつつという部分がベタでも涙を誘うように作ってあればもっと良かったのかも。もしかしてこの監督の苦手な部分なのでは?なんて思ったの。


【2006/05/25 12:21】URL | motti #-[ 編集]

スワロさん こんにちは!
この作品、二人の互いに思いやった物語、本当に切なくて美しいですよね。
久しぶりに、本当に美しい愛の姿を描いている作品に出会ったなと思ってしまいました。
素敵な映画 今年 あといくつくらい観れるのでしょうか?楽しみですね。

隣の評論家さん
レイフ・ファインズさん 緻密な演技が必要なレッド・ドラゴンの演技はともかく、ハリポタの「あの人」はもったいないですよね!
レイフさんが演じると、その役に深みが増しますよね!今後もその演技力を生かす役をドンドン演じてもらいたい役者さんですよね!


【2006/05/19 16:49】URL | コブタです #-[ 編集]

コブタさん、こんばんわ!
素敵な映画でしたねぇ。ジャスティン&テッサは、本当に真逆の2人で。だからこそ惹かれ合っていったんだろうなー。と、珍しくウットリしてしまいました。レイフ・ファインズ、ピッタリでしたねー。「ハリーポッター」のアノ人とか、「レッド・ドラゴン」では猟奇殺人鬼の役とか。おぞましい役を進んで演じる姿勢も素晴らしいけど、やっぱり今回のような繊細な紳士という役柄はピッタリだと思いました。

【2006/05/18 23:50】URL | 隣の評論家 #-[ 編集]

コブタさん、こんばんは。
この作品、本当に素晴らしかったですね。
亡きテッサの生き生きとした姿も
彼女を強く思うジャスティンの気持ちも痛いほど伝わってきました。
子供のエピソードも伏線が効いていいました。
こういう素晴らしい映画をたくさん見たいですね。

【2006/05/18 21:05】URL | swallow tail #-[ 編集]

睦月さんこんにちは~
オオブタさんを(無理矢理)つれていってきましたよ~ (^^)つ<・・)=ズルズル

アフリカでの陰謀 実際行われていたりするんだろうな~と強く感じてしまうところが悲しいですよね。

今年は ルワンダに始り この作品と、今年は色々考えさせる内容のもの多いですよね

【2006/05/17 12:55】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
これ・・・すごく良かったです。
深い夫婦愛に社会派サスペンスを上手く絡めてホントに素晴らしい出来の映画でした。
でも、決してフィクションと割り切ることの出来ないリアルさに・・・少しやりきれなくなりました。
残酷です。悲し過ぎます・・・。

【2006/05/17 02:54】URL | 睦月 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/184-1b12664d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイロビの蜂

【映画的カリスマ指数】★★★★★ 地の果て、愛と信念を胸に・・・  カリスマ映画論【2006/05/16 23:45】

ナイロビの蜂

「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、 映画通の部屋【2006/05/18 23:45】

ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円

ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。何と「鏡の国の戦争」などで知られ ノラネコの呑んで観るシネマ【2006/05/19 01:03】

ナイロビの蜂

追究していく内に巨大組織が背後に関係しているというホントかウソかはたまた揶揄かという展開は「シリアナ」を思い起こしたり...。ケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国 ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!【2006/05/25 11:35】