FC2ブログ

●ブレイキング・ニュース(大事件)

GW中にお家で観た作品の中で、最もコブタオオブタが気に入ったのがこれ「ブレイキングニュース」です!
強盗団香港の市街地で警察と強盗団の銃撃戦が発生し、たまたま居合わせたTVカメラがその際、犯人に命乞いする警察官の姿を捉えてしまいます。結局強盗団には逃げられ、警察への信頼は失墜し、非難が殺到します。そこで警察は名誉挽回の策として、その強盗団の逮捕劇をショーとして演出しマスメディアを通して、頼れる警察を演出し公開するということが第一目的の作戦が実行されます。また、ネットを通して強盗団もマスコミへ映像を送り、強盗団お隠れ家があるアパートを舞台に視聴者を巻き込んだ警察VS強盗団との戦いが始ります。


開始直後に始る7分間ノンストップで撮影された銃撃戦から始るこの作品は、一見アクション作品思われそうですが、どちらかというと警察と強盗団の息詰まる知能戦がメインで、新任指揮官レベッカと強盗団リーダーユアンが、いまの状況を分析しいかに目的を果たそうとしていくかがじっくりと描かれています。
また 犯人逮捕に使命感を燃やしレベッカに従わず部下を率いて行動するチョン刑事、たまたまこのアパートで暮らしていた暗殺者、人質となった一家と様々な要素が絡んでラストまでグイグイ観ている人を惹きつけていきます。

この設定が面白いのに加え、強盗団のリーダーを演じるリッチー・レン、犯人逮捕に使命感を燃やすチョン警部補、そしてマスコミを巻き込んだ逮捕劇を指揮する新任指揮官レベッカを演じるケリー・チャンなどがそれぞれ快演しています。
緊張感ある中にも、チェン警部補と部下とのやりとり強盗団と人質家族と暗殺者の間で行われるクスリと笑えるエピソードが良い味をだし、また物語に人間味という深さを出していました。
そのドラマがまたコブタのツボだったりします。なんかいいんですよ、このやりとりがなんとも!(#^_^#)ポッ..

ただ 気になったのは、、人間を見せるため早々に死なれたら困るとかいう理由もあるのだとは思うのですが激しく銃弾が飛び交うのに関わらず、それが犯人にも警察にもあまり当たらないんですよね、、。
まあ、プロサッカー選手もドフリーで、シュート外したりもしますから、そういうこともあるのかな??(’’

評価 ★★★★☆
監督 ジョニー・トー
   ケリー・チャン
   リッキー・レン
   ニック・チョン
   ラム・シュー
   サイモン・ヤム

にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン


この記事に対するコメント

ai さんへ

こちらは、インファナルに比べて やや軽いノリかもしれません。
緊迫感の中にも、ジョークと洒落っ気があって、そこがまた良い感じなんですよ!

【2006/07/18 00:08】URL | コブタです #-[ 編集]

面白そうですね(^_^)

香港映画なんですね。向こうのポリスストーリーは単なる銃撃戦を誇張するのではなく人間ドラマをきちんと丁寧に描いているのが見所ですよね。「イン・ファナル・ア・フェア」のようにじっくりと観れる作品でしょうか?
興味があります。観てみたいです。

【2006/07/17 21:41】URL | ai #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/176-5147dc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)