FC2ブログ

●Vフォー・ヴィンデッタ(V FOR VENDETTA)

ポスター映画の日だったので、今日はこの「V FOR VENDETTA」と「アンダーワールドレボルーション」の2本をみてきました!

制作ジョエル・シルバー 脚本・制作ウォシャウスキー兄弟(最近手術して姉弟になったというニュースもありましたが、、)ということで マトリックスなみのスタイリッシュアクション映画で娯楽性の高いものを期待していってしまいそうですが、ああいった派手さはなくどちらかというとメッセージ性の強い作品でした。


ファシズム国家となったイギリス、中央刑事裁判所を華やかな音楽と花火とともに爆破するという事件が起る。
それはVと名乗る仮面を被ったテロリストの仕業で、彼はその後、国家をあざ笑うかのように華麗に派手に犯罪を重ねていく。
独裁政治下に抑圧されていた民衆はVが活躍するにつれ、迎合するように動き始める。その正体不明、経歴不詳の男Vを、とある事件により彼と接触しTV局に勤めるイヴィーと彼を追うフォンチ刑事の視点で追っていくという物語ですが、この作品ハリウッドらしく善悪という単純なツートンで描いておらず、民衆の英雄となるVもけっして善ともいえず独裁国家の暗部生み出してしまった化け物であり、国家が禁止したものを愛し、復讐のためだけに生きている存在として登場します。それによりヒロインであるイヴィーもVの全てを肯定するのではなく共に行動して反政府活動するのではなく、個人で行動していきます。
(ヒロインとVの関係は、オペラ座の怪人のでのヒロインと怪人の関係に似ているなと思ったのはコブタだけかな?)
二人の関係は、同じ世界の住人ではあるものの、その世界のVは闇に住み、イヴィーは光に住んでいて、隣合いながらも交わり合わないその距離感の描き方がまた切なくて良かったです。

そして、通常の民主主義国家の中で情報操作により生れた英雄が独裁者となるという、現実に起っても不思議でない状況と、そんな社会が生み出したダークな英雄の存在により民衆は奮起するものの、最終的に自由を勝ち取ったものはテロでもなく英雄でなく民衆の想いだという物語は結構気に入ってしまいました。

逆にスターウォーズのように多くの同士と共に闘い勝利を勝ち取り、ラストは楽しく大団円という爽快なノリを期待するとガッカリするかもしれませんが、想った以上に深い世界観はコブタは好きでした。

アメリカ人である制作者チームが、今のアメリカに対して感じている危機感からこの作品が生れたんだろうなと強く感じました。

しかし演技派であるヒューゴ・ウィービングが、よくこの顔のない仮面の男を演じることにしたなとそこも感心してしまいました。
顔がないものの、紳士で、ユーモア感覚もあり、あのふざけたような仮面姿でも格好よくそして哀愁タップリに演じてしまうところは流石というべきでしょう。
一部、降板になったジェームズ・ピュアフォイが演じているVのシーンが使われているそうですが、まったく分かりませんでした(。。
皆さんも、密かな二人のVの違い気が付きましたか??

評価 ★★★★☆

監督:ジェイムズ・マクティーグ 
出演:ナタリー・ポートマン
   ヒューゴ・ウィービング
   スティーブン・レイ
   ジョン・ハート


にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン

この記事に対するコメント

チャラノリさん こんにちは!
あのエプロン姿 いいですよね~
あの料理食べたくなりましたもの。
あれって「月が輝く夜に」でヒロインが作っていた料理と似た作り方でいいのかな?
食パンの真ん中に穴あけて 熱してバターを引いたフライパンにおいて穴部分に卵を割り落とす。。かな??

ガイさんコメントありがとうございます!
信念をもって生きる男の格好よさがありましたよね!
英雄でなく 民衆が自由を勝ち取るというラストコブタはそこに感動してしまいました。


【2006/05/19 16:34】URL | コブタです #-[ 編集]

はじめまして!!
Vネタがかいてあったので、思わずきちゃいましたw
いや~、Vかっこいいですよね~(>_<)
男の僕でも惚れましたw
映画的にはメッセージ性はたった一つなんだと思いますが、とても大事なこといってましたよね。

【2006/05/18 21:47】URL | ガイ #-[ 編集]

v-16コブタさん こんにちは
遅ればせながら、この映画観てきました。
一番良かったのは、やはりVですかねぇ。
あのお茶目なエプロン姿が忘れられません(笑)

私も「オペラ座の怪人」の件は同感でしたよっ。

【2006/05/17 17:55】URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]

隣の評論家さん
TB最近つながりがちで 嬉しいですよね♪
分からないから 前任者が演じているシーンも使ってしまったそうです。多分戦闘シーンの一部分にソッと入っているのではないかなと睨んでいます。
あと(多分)お兄様のほうが、手術して女性になって嬉しそうにインタビューに答えているのをTVで観てビックリしてしまいました。
なんか、、性同一障害でマゾヒストなそうです、彼自身がマイノリティーな一人であるだけに、この作品が生れているのかなとも感じました。

ノラネコさん
ノラネコさんは この作品ご不満だったようですね~お気楽なコブタには十分楽しめた内容でした(#ー_ー#)ポッ..
ヒューゴさん たしかになんか楽しんでこの役を演じている感じがしましたよね!顔の表情に頼らず演技をしているというところで、やはりヒューゴさんのすごさなのでしょうね!

motti さん
コブタはこの作品楽しめました!
やはりこういう役も しっかり演じてしまうのがヒューゴさんのすごさなのでしょうね!

睦月さん
私も朝の芸能ニュースでその性転換の話聞いてびっくりしましたよーー!
もしかして、、マトリックス、、おネエ言葉で指示していたのかしら、、たしかに女性的な仕草をするなぁとは思っていたのですが、、
ラスト、、民衆がVのお面を脱いで 革命家から市民に戻って花火を見上げるシーン良かったですよね!


【2006/05/06 21:27】URL | コブタです #-[ 編集]

コブタさん!こんにちわ!
コブタさんの記事には、さりげなく思いも寄らないびっくりニュースが紛れ込んでいるので驚きです。・・・性転換ですか・・・。衝撃です。

真面目なエンターテインメントといった印象の作品。華麗に豪快に反乱を起こしていくV・・・素敵でした。ラストの花火と民衆が集まるシーンには感動!

【2006/05/06 17:11】URL | 睦月 #-[ 編集]

コブタさんもみてきましたね?
おもしろかったですよね?
ノラネコさんが言うように「何気に名演」
パイレーツオブカリビアンのジョニデを凌ぐ(?)ユーモアを含んだキャラでした。
誰が演じてるかわからないカワイソキャラですがw

【2006/05/06 13:03】URL | motti #-[ 編集]

ヒューゴ・ウィービングの演技にはある種の遊び心も感じられ、何気に名演だと思います。
まあシリアスなテーマを扱っていても、ガチガチじゃない物を作れるのはアメリカ映画の底力と言っても良いかもしれませんね。

【2006/05/06 01:32】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

コブタさん、TB&コメントありがとうございます。
祝!TB成功、ウフフのフ。
いやぁ、面白かったですね!2回目の鑑賞には行けなそうな感じなのですが、DVDは必ずや購入するでござるよ。
ところで、2つ知らなかった事が。
【V】のシーンで、降板になった方の部分があったのですね。どこだろう?
それと、ウォシャウスキー兄弟が姉妹になった事!コレにはビックリでしたぁ。ハハハハハ

【2006/05/05 22:53】URL | 隣の評論家 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/173-a7ba9eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

V フォー・ヴェンデッタ

「V フォー・ヴェンデッタ」 V FOR VENDETTA/製作:2005年、ア 映画通の部屋【2006/05/05 22:49】

Vフォー・ヴェンデッタ・・・・・評価額1400円

「Vフォー・ヴェンデッタ」の舞台は、ナチスに似た超保守政党が支配する近未来のイギリス。そこでは全ての自由は剥奪され、監視された国民は権力への服従しか許されない。同性愛者 ノラネコの呑んで観るシネマ【2006/05/06 01:24】

V フォー・ヴェンデッタ

気づいたこと、アメリカを排除して語るのに登場するパソコンはDELLだった。イチオシのシーン、Vがエプロンして朝食の調理してるシーンが超可笑しいwhttp://v-for-vendetta.jp/V・ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!【2006/05/06 12:46】

Vフォー・ベンデッタ

                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え!  カリスマ映画論【2006/05/06 21:43】

Vフォー・ヴェンデッタ ~劇場(招待券)にて~

  Vフォー・ヴェンデッタ・・・評価 4.5  5→かなり面白いっ  4→面白いっ  3→ふつーかな  2→まぁまぁ  1→イマイチ■STORY■第3次大戦後 三日月のしっぽ。【2006/05/16 17:59】