スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●トムヤンクン(TOM-YUM-GOONG)

これは取り戻したい象ではありません「マッハ」稼いだお金をすべてつぎ込んで作ったという新作「トムヤンクン」をみてきました~!
「取り戻したい愛がある、取り戻したい象がいる」というコピーのこの作品、、内容は、王に献上するための象を育て、最強のムエタイ兵士(チャトゥラバート)の末裔のカームは、父とともに大事に家族のように育てていた象ボーヤイとコーンが国際的密輸組織に誘拐されてしまう。国際密輸組織に殴り込みをかけたカームは、ボーヤイとコーンは既に密輸されシドニーに輸送されたことをしり、シドニーに単身で乗り込み象を取り戻すために大暴れ、、という感じです。



アクションは相変わらず凄く、前作以上にベキバキボキといった擬音が鳴り続け痛みと迫力のあるアクションは凄まじくポカンと口を開けたまま魅入ってしまうものがありました。
前作のトニー・ジャーは僧侶役だったのに比べ今回は、象使いで最強の兵士チャトゥラバートの末裔、敵に対して容赦なく、激しく倒していました。
ただ前回以上に強引で無茶に進行していく脚本でした。
美しい自然の中で、象と家族のように生活する村での穏やかな生活か丁寧に描かれ、その生活に影を落とす象が誘拐事件、そこまでは真面目に描かれているのですが、そのあとの展開はかなりぶっ飛んでいます。
いきなり敵のアジトを襲撃する主人公 そしてボートでの追跡劇、ローラースケートはいた集団とのめくるめく戦い。。と監督がこういうシーンを撮りたかったからという感じでそのシーンに至る説明があまりないまま物語が進行していきます。
また「オイオイ!!そりゃ無茶!(・0・)へ」思わず言いたくなるシーンも満載です。
その分、トニー・ジャーが生きたアクションが楽しめるというのはありますが、物語を楽しむというにはやや苦しいものがあるかもしれませんが、トニー・ジャー演じるカームが暴れ出してからのシーンは圧巻です。特に4分間ノンストップで撮影された敵地に乗り込んで、建物の1階から4階まで戦いながら一気に進んでいくアクションシーンと、カポエラの使い手の刺客と水上で闘うシーンなど素敵でした!

そのシーンだけでも この作品を観る価値はあるかな♪(^^)ノ

評価 ★★★☆☆

監督 プラッチャー・ビンゲーオ
アクション監督 バンナー・リットクライ
出演 トニー・ジャー
   ペットターイ・ウォンカムラオ
   ボンコット・コンマライ
   ジョニー・クエイ
   チン・シン
   ネイサン・ジョーンズ
   ジョナサン・パトリック・フー
   ラティフ・クロウダー

トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション
トム・ヤム・クン! プレミアム・エディションプラッチャヤ・ピンゲーオ トニー・ジャー ペットターイ・ウォンカムラーオ

おすすめ平均
starsCG使っちゃった
stars世界地図に日本が載っていないぞ!?
stars微妙...
starsムエタイさいきょー!!!
starsメイキングシーン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン

この記事に対するコメント

ai さんへ

本当にムエタイが炸裂していましたよね~
コブタも後半 ひぇぇぇぇええ と心の中で叫び続けていました!
今回のほうが おっしゃるとおり 主人公の痛み嘆きが伝わってくる内容でしたね!

【2006/07/08 22:26】URL | コブタです #-[ 編集]

象っていうのがお国柄

象を取り返すって・・って始めはつっこみ入れてたんですけど、お国柄ということと、そこに至るまでの感情がきちんと描かれていたのであまり気になりませんでした。「マッハ!!!!!」よりもストーリー展開はドラマ性があったように思います。
ムエタイの技がとにかく炸裂で面白かったです。

【2006/07/08 13:52】URL | ai #-[ 編集]

二純さん
そうなんですよね!
今回も「俺の象何処だ!」が台詞の殆どだったりします(^▼^)
今回もさらに凄いアクションを魅せてくれていますよ!
ただ 前半ずーと 象との心温まるエピソードをじっくり魅せていたため、怒濤のアクションシーンが出てくるのが若干遅めなのが残念なのですが、、(’ ’

【2006/05/06 20:45】URL | コブタです #-[ 編集]

前作も像を取り戻す作品で、今回も象を取り戻す作品で、この監督は取り戻す展開がよほど好きなのでしょうか(笑)。トニー・ジャーのセリフが「象はどこだ!」しかほとんど言わないにも苦笑しながら、アクションはやっぱりため息ものでした。

【2006/05/04 09:28】URL | 二純 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/172-6136ebb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トム・ヤム・クン! 観てきました

行き付けの映画館では 公開間もないというのに既に上映はオールナイトのみという扱い、、、そんなに人気ないのかな?ちょっと心配になりましたがトム・ヤム・クン!(リンク先は 玉露 いかがです?【2006/05/23 21:50】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。