FC2ブログ

●スピリット (SPIRIT)

スピリッツ本日は この「スピリット」「ウォレスとグルミット」を観に行ってきました。
パンフレット買うとき 「ウォレスとスピリットのパンフレット下さいな♪」と言ったら 店員さんにポカンとされてしまいました、、

それはおいといて これは実在の伝説の格闘家霍元甲をジェット・リーが演じるというアクション武闘映画です。

カンフーアクション映画の王道ともいうべき 弱い子供時代 慢心により自分を見失い 家族の死、自分を見つめ直す時間を経て再び闘い舞台に という展開、ジェット・リーやマトリックスのセラフ役でも活躍していた コリン・チョウを初めとする役者さんたちのアクションもよく 素直に楽しめる作品でした。
コリン・チョウ のアクションをもっと観たかったかなという不満はありますが私なりには満足した作品です。
辮髪姿のジェットリーがまた決まっていて コブタとしては やはりこの髪型の時のジェットリーが一番素敵にみえるなと思ってしまいました。 



単純なストーリーだからこそ 武道とは己を高め相手を認め合うためのものといったテーマや アクションが生きていたように感じました。
そういったテーマだからこそ武闘家とされる人にあえて悪人を作らず 戦いによって相手を認め合うといった展開が多く、霍元甲の精神を映画全体で表現していたようですね。

また 慢心により何もみえてなかったという時代の霍元甲は 傍若無人で、乱暴者というわけではなく ただ助言をまったく耳にいれず武道に強さだけを求め、陽気でどちらかというと無邪気な人物で、そこを演じるジェット・リーの明るい笑顔 なんかとっても新鮮にでした。

あと 日本人にとってのこの作品の一つの見所は 対戦相手の一人田中安野中村獅童 この物語においてかなり美味しい役だったように思います。いつもそうなんですが なかなか気迫のある日本人を演じていました。動きも歌舞伎役者としての経験が生きているのか刀でのアクションは見事にジェット・リー相手に見事に演じていました。
ただ 第2戦の 体術での戦い 田中安野が使うのが柔道だったせいか、カンフーとの絡みがイマイチわるく 格好よくみえなかったのが残念でした。
原田眞人さん。。もう こういう嫌な日本人役、、彼の十八番になったようですね。。中村獅童とは真逆に嫌に日本人を演じていました。

霍元甲とは、知らない方も多いと思いますが(コブタもこの作品で知りました)「智・徳・体」を掲げ、武術家の社会的地位の向上や武術の発展に尽力した非常に優れた武術家で「精武体育学校」を設立した人物です。
この映画とは異なり、大会も本当の意味で親善試合として行われていたことと、実際は病弱だった若い頃に武道に励むという無理をしたことにより、身体を壊し喀血病で亡くなったそうですが、その死に謎も多く、時代的な背景もはり映画の中のような説もでてきていたようですね。

評価 ★★★★☆
監督 ロニー・ユー
出演 ジェット・リー
   中村獅童
   スン・リー
   原田眞人
   コリン・チョウ
   ドン・ヨン
   ネイサン・ジョーンズ

SPIRIT<スピリット> 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ
ロニー・ユー(監督)ジェット・リー(出演・声の出演)中村獅童(出演・声の出演)スン・リー(出演・声の出演)原田眞人(出演・声の出演)
発売日:2006-07-14
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:277
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 武道家 フォユァンジャ
おすすめ度2 完全版
おすすめ度4 ジェットリー作品の中では上位に入るけど・・・
おすすめ度5 有終の美ですね。
おすすめ度4 アクション&感動




にほんブログ村 映画ブログへランキングオンライン
   

この記事に対するコメント

mottiさん
霍元甲さん 実は、、私この映画で始めて存在をしったのですが やはり そう色々調べると その功績は大きいですよね!
ジェット・リー最後の映画に相応しい役たったのかな と思ってしまいました。
中村獅童さん 良い役者さんですよね!
出来る役の幅も広いしこれから 彼も世界へむけて頑張ってもらいたいですよね!

【2006/03/29 21:05】URL | コブタです #-[ 編集]

ブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳」のなかでも霍元甲に関するエピソードがありましたよね。僕もすっかり忘れてて調べてわかったです。
今のPRIDEやK1など異種格闘技ブーム(?)の元祖ですもんね?100年前にロマンをはせつつ。
尖った役者としてはジョニデばりに女子にはオダギリジョー好きが多いけど僕としては中村獅童は注目している役者です!

【2006/03/26 14:10】URL | motti #-[ 編集]

二純 さん
 再びコメントありがとうございます!
やはり大画面でみられたんですね~
久しぶりに カンフー映画らしいカンフーをみれて コブタも嬉しかったんですよね!
ジェット・リーもこれでラストと言わずに ジャッキーに負けずに頑張ってほしいですよね

【2006/03/24 23:54】URL | コブタです #-[ 編集]

TB&コメントありがとうございます。やっぱりジェット・リーはこうでなくちゃって感じですね。少年時代観たカンフー映画の胸躍る感じが蘇って満足な作品でした。史実に忠実すぎて盛り上がらなかったのかなって思いましたが、アクションシーンはまだまだイケると。

【2006/03/24 23:14】URL | 二純 #-[ 編集]

二純さん こんにちは!
異種格闘技を期待すると そこまで重点おかれてなかったので ガッカリしますが アクション映画としては満足できる内容でしたよ!
アクション好きのオオブタ(主人)も満足していたようですよ!

【2006/03/22 20:10】URL | コブタです #-[ 編集]

この映画は正直、劇場に行くのか、レンタルを待つか迷っている所です。カンフー映画に夢中だった若い頃の感情が蘇るか不安もありますし、内容的にも惹かれるか、という懸念もあります。気が向いて劇場に行ったら、更新しますね。

【2006/03/19 17:58】URL | 二純 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/136-6c148cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SPIRIT -スピリット-

愛知県勤労会館 3月16日試写会監督:ロニー・ユー出演:ジェット・リー、中村獅堂評価:詳細は下記映画界の武術俳優の代表と言っても過言ではない、ジェット・リー。僕 Space Monkey【2006/03/19 20:21】

SPIRIT

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 泣きはしないが・・・ジンとくる格闘技 カリスマ映画論【2006/03/25 19:01】

SPIRIT

SPIRIT★★★☆☆http://wwws.warnerbros.co.jp/spirit/優れた武術家を父に持つ少年霍元甲。強さに憧れを抱く霍だったが、息子が同じ道に進むことを嫌った父は稽古をつけることを拒 ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!【2006/03/26 13:37】

SPIRIT

「SPIRIT」製作:2006年、中国 104分 監督:ロニー・ユー 出演:ジェ 映画通の部屋【2006/04/01 23:40】