スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤギと男と男と壁と(THE MEN WHO STARE AT GOATS)

ヤギと男と男と壁と色々な意味に気になって観に行ってきた映画です。

この独特なノリにうまくついていければ、楽しめる映画ですがそうでなければチョット辛いものがありそうですね。

映画見終わって、この映画のタイトル自分が考えるとしたら、、という話題をオオブタさんとした所

私は      「ヤギとヤクと男とヘリ」

オオブタさんは 「ヤギとヤギとバカとバカ」


という意見になりました!

皆さんは、どう考えますか?





【ストーリー】2003年、新聞記の者ボブ(ユアン・マクレガー)は、妻が浮気相手の元に去ったのをきっかけに、イラク戦争の取材に赴く。彼はイラク入国のため待機していたクウェートのホテルでリン(ジョージ・クルーニー)と出会う。リンはその昔、闇に葬られたアメリカ軍の超能力特殊部隊“新地球軍”に所属していたと語り……。
シネマトゥディ


この映画、キャスティングが設定に面白いように絡んでいることもあり、私は楽しめましたが、、オオブタさんにはかなり微妙だったようです。

馬鹿な物語を、馬鹿な登場人物を、とんでもない俳優たちが全力でやり切る、そこがこの映画の面白い所だと思います。

理性で見るには、かなり馬鹿らしい部分が多いので、空っぽにして無でみると良いと思います。

ある意味、この脳みそ溶けてしまいそうなこんな夏の日に見るのに相応しい映画です。

あのイワン・マクレガーが、現代にアメリカ軍に存在するジェダイの騎士というものに気付きそれを取材するという設定事態がもうギャグですよね。

ただ、、久しぶりにスクリーンに登場した、ケヴィン・スペイシーがイマイチ存在感を発揮せず目立たなかったのがちょっと残念。


【オオブタさんの一言】うーん 途中からあまりにもの与太話すぎて眠かった




ヤギと男と男と壁と

評価 ★★★☆☆

監督 グラント・ヘスロヴ
原案 ジョン・ロンスン
脚本 ピーター・ストローハン
キャスティング キャシー・サンドリッチ・ゲルフォンド
   アマンダ・マッケイ

出演 ジョージ・クルーニー
ユアン・マクレガー
ジェフ・ブリッジス
ケヴィン・スペイシー
スティーヴン・ラング
ニック・オファーマン
ティム・グリフィン
ワリード・F・ズワイテル
ロバート・パトリック
レベッカ・メイダー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1232-712813b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。