FC2ブログ

●ジャーヘッド(JARHEAD)

ジャーヘッド プレミアム・エディションアメリカン・ビューティーのサム・メンデス監督による 異色戦争映画 ジャーヘッドをみにいってきました。

海兵隊員の祖父と父をもつアンソニー・スオフォードは、夢と憧れをもって18歳のとき国のためにとうということに使命を果たすべく海兵隊に志願します。ところが養成場で待っていたのは 虐待でしかない新兵いじめと 教官の不条理なしごき それに疑問をもちつつも乗り越え 兵士として 湾岸戦争に狙撃兵として参加することになります。
しかし そこでまっていた任務は 油田の警備と待機という名の砂漠での訓練生活、、敵不在の砂漠の戦場の中で スオフォードたちは何を見つめ 何を感じていったのか、、


アンソニー・スオフォードは いってみればごくごく普通のアメリカ青年。。銃をもって人を殺すこともしたこともない どちらかというと無邪気で純粋な性格。
そんな 青年の目を通してみた 兵士での生活の異様性を描いたこの映画、、多分いままでみた戦争映画のつもりで観に行くと拍子抜けしてしまう人も多いかもしれません。

いままでの戦争映画は 戦場の悲惨さ残忍さによって戦争の愚かさを描いていたのにくらべ これは 兵士であるまえに無邪気なヤンキーアメリカンでしかない人たちが 何故そんなイラクの戦場で無意味ともいえる時間を過ごさないといけないのか 戦場で若者たちの中に募っていく空しさを描くことで 戦争の愚かさを描いているところが 面白いところなのです。

敵を倒すと意気込んで出かけたものの 待機を訓練でつぶし いつ始まるかも分からない戦闘をひたすら待つ時間、、、馴れ合って 共にはしゃいでいるものの 限られた人間での閉鎖的な砂漠の中で 時間とともに主人公たちの精神の水分が失われていくのが 淡々と描かれていきます。



また サム・メンデス監督監督らしいギャグとシュールな映像も面白く、それに冷めているようで、内々に感情をこもらせていくような繊細演技の美味いギレンホールの演技とうまくかみ合って独特な世界を作り上げていました。

ただ 湾岸戦争や戦場といった世界を ヒップホップの音楽に合わせて進行するこの独特のノリ ここに入り込めない人は 評価が下がる作品かもしれません。

このスオフォード役 トビー・マグワイヤーという話もあり その話をきいたギレンホールは慌てて、メンデス監督に電話をして懇願したそうです。その様子があまりにも一生懸命だったので メンデス監督 ギレンホールに決定しても一ヶ月業と黙って ギレンホールがドキドキしているのを楽しんでいたそうですが、、私としては ギレンホールで正解だったなと思っています。

またギレンホールだけでなく ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックスなども それぞれいい味をだしていて なかなかいい配役で撮影したなとも思いました。

コブタ的には まあ 楽しめた映画でした。
でも 感動とか 衝撃をあたえてくれた というほどの作品ではないかな?

評価 ★★★★☆

監督 サム・メンデス
出演 ジェイク・ギレンホール
   ピーター・サースガード
   ジェイミー・フォックス
   クリス・クーパー
   ルーカス・ブラック
   ブライアン・ゲラティー
   エヴァン・ジョーンズ
   ラズ・アロンソ


まったく違う世界なんですが アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」を思い出してしまいした。
やさしい夫とやさしい娘 そして良き妻であり良き母という生活をおくっていたある主婦が 娘の病気見舞いの帰り とある辺鄙な街に足止めされてしまう。閑散として娯楽もまったくない街でその主婦の思考は過去へとむかっていく その中の彼女は自分がいままで信じていた世界が自分の傲慢によって築きあげられてきたものだということに気が付いてしまう、、そして 夫の待つ家にかえり 彼女は夫に伝えた言葉は。。

設定も 物語もまったく違うのですが 無意味な時間が自分の中の価値観・アイデンティティーを崩壊していくというとことで なんかこの物語が頭に浮かんでしまいました。

この記事に対するコメント

睦月さん こんにちは!
いえいえ コメント TB返してくださって嬉しいです ><
あらら 睦月さんは トビー嫌いでしたが、、 私は 取り立てて好きではないけど 嫌いでもないかな、、(’’
ギレンとトビーて スパイダーマン2ののときなど 何かと同じ役で取り合うYということ多いみたいですよね、、

【2006/03/08 21:06】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんわ!お返事遅れてごめんなさい。TB&コメントありがとうございました!
へえ!ギレンとトビー・・そういった裏話があったんですねえ!知らなかった!でもギレンでよかったと私も思います。トビーはあんまり個人的に好きじゃないんですわ・・・。

【2006/03/07 20:27】URL | 睦月 #-[ 編集]

ノラネコ さん こんにちは!
この二人W たしかに いろんなところで バッティングすること多いから 混乱する人も多いかもしれませんね!
私は オクトーバーザスカイ ドニー・ダーコなど 追いかけてみていたこともあって 区別ついていたんですが、今回はギレンホールで良かった感じですよね!

【2006/03/06 20:26】URL | コブタです #-[ 編集]

トビー・マグワイヤとギレンホールって似てますよね。
スパイダーマンでも2はギレンホールって説があったし。
何を隠そう私は数年前まで同一人物だと思ってました(笑

【2006/03/06 19:41】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

隣の評論家さん こんにちは!
おおお いいですね 生中継!
もう 決定なのか~と妙に感慨ぶかく思ってしまうのはコブタだけ?
でも 今回はどれがとっても 納得という感じなので 楽しみです!

評価が割れるのは 分かるのですが この映画って 方向はかなり斬新かもしれませんが 戦争の馬鹿馬鹿しさを上手く表現しているとは思うんですよね!
ピーター・サースガードも 相変わらす眠そうな目で頑張っていましたね~

【2006/03/06 15:58】URL | コブタです #-[ 編集]

コブタさん、こんにちわ。
本日は、何と有給を取ってまでして「アカデミー賞受賞式」の生中継を見ております!
「ジャーヘッド」は世間一般的にはイマイチ受け入れられていないようですが(苦笑)。映画通の間では結構評価が高いみたいですね。だって、コレはコレで存分に「湾岸戦争」の姿を描いているし、そういう意味では面白く鑑賞できましたよねーーー。

【2006/03/06 13:14】URL | 隣の評論家 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/122-d6ed9c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャーヘッド

「ジャーヘッド」JARHEAD / 製作:2005年、アメリカ 123分 R-1 映画通の部屋【2006/03/06 13:10】

ジャーヘッド・・・・・評価額1300円

「ジャーヘッド」という不思議な言葉は、海兵隊員を意味する隠語で、そり上げた頭が瓶(jar)に見えることからその名が付いたといわれる。だが一方で、海兵隊員を「頭が空っぽ」と揶 ノラネコの呑んで観るシネマ【2006/03/06 19:39】