スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●プリンス・オブ・ペルシャ(PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME)

●プリンス・オブ・ペルシャ(PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME)ゲーム原作の映画というのも増えてきましたよね。
でも、不思議とRPGよりもアクションゲーム原作の映画が多いのは何故なのでしょうね?

雰囲気だけ借りてきて、物語を自由に作れるところが魅力なのでしょうかね~!

とりあえず コチラの作品を観る前に、ゲームセンターDX の有野課長のプレーを楽しんで予習しておきました。
そうすると、アクションシーンが上手くゲームを取り入れているのがわかり楽しめました。






【ストーリー】シャラマン王に見込まれて養子となった、ペルシャ帝国第3王子のダスタン(ジェイク・ギレンホール)は勇猛果敢な若者だった。ある日、敵国への武器供給の情報を得た王の腹心の弟ニザムと王子3人は協力し、軍を率いて聖地アラムトの制圧を成し遂げる。だが、聖地への進軍は王の怒りを買い、王は武器供与の証拠を示せと息子たちに迫るのだった。
シネマトゥディ


この映画、ジェイク・ギレンホールがアクションをしているのがなんとも不思議ですよね。
インドア派と聞いていたジェイク・ギレンホールが以外にマッチョな身体を披露していて驚きました。

ぶっちゃけ脚本は登場人物みな馬鹿でそれに加えかなり強引でテンポが悪い!
そしてどうかな~と思う着地をするため物語としては微妙。
ちょっと前にあった、ニコラス・○○○主演の映画に近い、無謀さを持っているために、見る人によっては怒るかもしれません。

現実、私も納得は出来ませんでした。

とはいえ、アクションが、走る掴まるよじ登るといった動作がゲームの雰囲気をよく体現していてそこだけは面白かったです。

馬鹿でも、何でも、アクション以外で物語や登場人物ににもう少しワクワクさせてくれるものが欲しかったかな~という感じです。

【オオブタさんの一言】ゲームシーンを彷彿させるアクションが面白かった




●プリンス・オブ・ペルシャ(PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME)

評価 ★★★☆☆(2に近い3)


監督 マイク・ニューウェル

プロデューサー ジェリー・ブラッカイマー

製作総指揮 マイク・ステンソン
チャド・オマン
ジョン・オーガスト
ジョーダン・メックナー
パトリック・マコーミック
エリック・マクレオド

撮影 ジョン・シール

編集 マイケル・カーン
マーティン・ウォルシュ
ミック・オーズリー
衣装デザイン ペニー・ローズ

出演 ジェイク・ギレンホール
べン・キングズレー
ジェマ・アータートン
アルフレッド・モリナ




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1215-61253202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。