スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)

●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)1999年に製作され、今や伝説のカルトムービーが 10年も経って続編が!

しかも、監督と脚本は前作同様トロイ・ダフィー! メインキャストも続投!ファンとしては嬉しい限りです、、。

気になったのは、ウィレム・デフォーの名前がない!!

彼のあのパクチー並のクセが今回はないのかな、、と思ったら、、








【ストーリー】コナー(ショーン・パトリック・フラナリー)とマーフィー(ノーマン・リーダス)のマクマナス兄弟とその父イル・ドゥーチェ(ビリー・コノリー)が、イタリアン・マフィアのボスを処刑してから8年。兄弟もよく知る神父がボストンで殺される。自分たちへの挑戦状だと悟った兄弟は、逃亡先のアイルランドからボストンに舞い戻る。
シネマトゥディ


最近、十数年ぶりに続編が作られるということはよくあるのですが、、カルトムービーで十年もたって監督・主役等のメインキャストまで同じで続編が作られるって珍しいですよね。

なので、、処刑人2は 前作の空気と世界感をしっかり継承しているのでファンにとっても嬉しいですよね。
加えカメオであのお方も登場!!
観ていてつい ニヤニヤしてしまいます。

年をとってはいるものの変わららず、オチャメで、自分の職務?にプライドと妙な陶酔をしている面々が素敵で笑えます。
また チョイチョイ入れてくる映画ネタがまたいいです

ただ、、物語は前作の方が好きでした。
今回の作品 お父さんの過去話があまり効果的に物語りに生きてないように思えるんですよね。
結局 ルイがしたかった事って何なの?というのが残って主人公達の突き抜けた生き様というのがぼやけてしまうのがちょっと残念です。

とはいえ、、前作よりもアクションも派手になり、映画としては十分楽しめるものでした!

ウィレム・デフォーの代わりに登場するジュリー・ベンツ演じる美人FBI特別捜査官ブルームは、デフォーの濃さに対してサドっぽいお色気たっぷりで天才的で陶酔的なプロファイルを展開させるというのも良いアイデアだったと思います。
ウォレム・デフォー自身がやったとしても、、前回が怪演すぎただけに アレ以上の可笑しさを出すのも難しかったでしょうしね~それならそれと、、人物をかえて新たなるFBI捜査官が主人公達とどう絡んでいくのかという緊張感も出ますしこれはこれで成功してました。

でも、、世界中のプロファイラー、、この映画みて怒らないのでしょうか?出てくる人みんな変人って、、、(^^;

【オオブタさんの一言】アクションも派手になっていて コチラのほうが好きかな?




●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)
評価 ★★★★☆

監督・脚本 トロイ・ダフィー

製作 クリス・ブリンカー

出演 ショーン・パトリック・フラナリー
ノーマン・リーダス
ビリー・コノリー
ジュリー・ベンツ
ジャド・ネルソン
ピーター・フォンダ
デヴィッド・デラ・ロッコ







この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1211-de1df10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。