スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●アリス・イン・ワンダーランド(ALICE IN WONDERLAND)

●アリス・イン・ワンダーランド(ALICE IN WONDERLAND)いや~バートンの趣味全快という感じで、バートンの中にあるこのクレイジーなアリス世界を理屈とかぬきで具象化したという感じ!

楽しかったのですが、ディズニーでこんな狂った世界を出してきていいのかしら?とちょっと心配になりました。
ちっちゃいお子様は、楽しめたのかな??





【ストーリー】白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。
シネマトゥディ


熱烈的なファンをもつファンタジーのバイブルともいうべきアリス!
アリス好きの監督も多くテリー・ギリアムなどは今回、バートンがアリスの映画を作ると聞いて嫉妬したとか、、。

極彩色のワンダーランドに、全員が全員くイっちゃってる、バートンアリスワールド!一言でいうとクレイジー!
いろんな意味で現実世界とはズレまくっていて面白い!

見た目からあからさまにオカシイ、マッドハッター・赤の女王はともかく、優艶な白の女王までブッとんでいてその言動は最高です!

登場人物も全員が個性的でアクも強い!シーンそれぞれのインパクトある!それなの一つの物語としてまとまっている所は流石ですよね!

物語も、世界も、登場人物どれもが変で最高に面白いのですが、映画を観て興奮して感動するというより、アトラクションを楽しんだそんな感じ!

なんか3D映画ってどうも、、映画というよりアトラクションっぽい!そういう傾向の作品になってきているように感じるのは私だけ?

【オオブタさんの一言】狂った世界感は楽しめたけど あまりはまらなかった



アリステンプレ

●アリス・イン・ワンダーランド(ALICE IN WONDERLAND)
評価 ★★★★☆


監督 ティム・バートン

原作 ルイス・キャロル

脚本 リンダ・ウールヴァートン

音楽 ダニー・エルフマン

出演 ミア・ワシコウスカ
ジョニー・デップ
ヘレナ・ボナム=カーター
アン・ハサウェイ




この記事に対するコメント

ノラネコさんへ

本当に バートンが楽しんで作っているのが分かる作品ですよね!

それぞれの登場人物を思いいれタップリに作っているだけあって キャラが最高に生きていてそれだけで楽しめました!

でも、、やっぱり、、アトラクション作られるのね~
結局そちらも 出来たら出来たで、、いってしまいそうな私、、

【2010/05/19 23:08】URL | コブタです! #-[ 編集]

こんばんは

多分これアトラクション化する気満々でしょうね。
二年後くらいにはTDLにも出来てるのでは?
ストーリーはやや薄味でしたが、世界観とキャラはバートンらしくて楽しかったので、満足でした。

【2010/05/08 20:51】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1200-1090d7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリス・イン・ワンダーランド・・・・・評価額1600円

ティム・バートンとルイス・キャロルという、不思議な世界と異形の生物たちをこよなく愛する二人のファンタジー作家による、世紀を超えたコ... ノラネコの呑んで観るシネマ【2010/05/08 20:50】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。