スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●マイレージ・マイライフ(UP IN THE AIR)

UP IN THE AIRこの映画、、オオブタさんがあまり興味を持っていなかったこともあり、、一人で観に行きました。

でもね、、、一人で観に行くべき映画ではなかったかも、、

なんかね凄い人恋しくなる映画!!この映画を観た直後って人肌の暖かさを無性に感じたくなりました。

だから観る時は、、二人以上でどうぞ!


【ストーリー】仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージを1000万マイル貯めること。彼の人生哲学は、バックパックに入らない荷物はいっさい背負わないこと。ある日、ライアンは自分と同じように出張で各地を飛び回っているアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、意気投合するが……。
シネマトゥディ



予告編で観ると、主人公ライアンって偏屈で理屈っぽくあまり性格は良くなく見えるのですが、どちらかというとお人好しで優しいからこそ人との深い関わりに臆病になってしまった男性。

どちらかというと生意気ともいう感じのナタリーに最初鼻持ちならないもの感じながらも邪険にするわけでもなくちゃんとナタリーと向き合い成長を見守る良き指導者なんですよね。
そこに大人の男の魅力を感じさせます。ある意味で、ジョージ・クルーニーの年相応の哀愁と男の色気とダンディーさを堪能できる作品です・

頭がよい為に状況判断を的確に出来ることで、仕事や人生をこなしてきた男。そんな男が、旅先で出逢った自分と価値観がピッタリの女性アレックスと若さゆえに怖さを知らず野心と希望をもって真っ直ぐに感情をぶつけてくるナタリーとの出会いによって自分が築いてきた無駄ない理想的な生活に虚しさを感じてきて、、、という、物語。
孤独を抱え惹かれあう男と女、新しい時代の波を起こす若いエネルギー、家族のイベントを期に深まる家族の絆と、主人公を取り巻く人々が彼をより人間の体温を感じる所に導いていくいくという予定調和な物語に見えて、ラスト絶妙に外していくところが面白いです。
ラストの展開は、予想外だったので正直驚いてしまいました。

適度に大人な色気、笑いと ほろ苦さが絶妙に混じり合って 言い味わいの世界を作り出していました。

そしてじんわりと、切ない気持ちにさせてくれる脚本は流石としかいいようがありません。

また、ジョージ・クルーニー 、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガなど役者がジックリと物語りを魅せていて本当に良い映画に仕上がっています。



UP IN THE AIR
評価 ★★★★☆

監督・脚本・製作 ジェイソン・ライトマン
原作 ウォルター・キルン
脚本 シェルダン・ターナー

ジョージ・クルーニー
ジェイソン・ベイトマン
ヴェラ・ファーミガ
アナ・ケンドリック
ダニー・R・マクブライド
エイミー・モートン
メラニー・リンスキー
サム・エリオット
J・K・シモンズ

この記事に対するコメント

ノラネコさんへ

コメントありがとうございます!
これ、、一人でみると 寂しかったです。

ライアンにすっかり感情移入したまま、、ラストの心情をそのままに出て語り合う人がいないのは 寂しすぎます!

東宝のマイル。。2年で流れなければ結構がんばれるのに!!

でも、、お互い、、大きい意味をもつ6000ポイント目指してがんばりましょうね!

【2010/04/18 20:31】URL | コブタです! #-[ 編集]

こんばんは

確かに、二人で観る方が良い作品でしょうね。
扉が開いて映画館から出たとき、ラストシーンのライアンの気持ちとシンクロしましたよ。
こっちは東宝シネマズで1000万マイルを目指そうかな(笑

【2010/04/17 22:41】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1194-5a784139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。