スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●NINE

NINE今回イラストまで描いてしまうほど楽しみだったコチラの作品ようやく公開!
なので、、微妙に乗り気ではないオオブタさんを引きずって着てきました!

やはり、、この豪華なメンバー!それぞれがオーラバリバリで躍りながら歌う姿は圧巻でした!

今回コチラのミュージカル映画として満足だった点は ちょっと前に公開された●ンマ・●ーアと違って役者全員がキチンと歌とダンスを魅せているところ!

やはり、、そこはキチンと堪能したいものですよね!、




【ストーリー】1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラ(ペネロペ・クルス)や主演女優のクローディア(ニコール・キッドマン)など美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥っていく。
シネマトゥディ


私は元々ミュージカル映画が大好き! 魂のこもった歌に心を振るわせ、クールなダンスに身体を熱くし、ドラマチックな物語に身を委ね 感動する!
映画の中でもより ミュージカルって五感で楽しめる作品ですよね。

ロブ・マーシャル監督は 今回でミュージカル映画二作目ということで、よりクールに洗練されたしゃれっ気タップリの映画になっていたと思います。

前作 シカゴよりも、ミュージカルナンバーに以降する部分がより自然に表現され、主人公グイドの心理世界を現像的に表現されていました。

ただ、、この映画、、私が観て感じたのは、ミュージカル映画というよりも、、幻想映画。

歌パートは 素晴らしいのですが、、歌と踊りをメインに魅せる映画ではなく、、歌と踊りを演出に取り入れた映画のように感じてしまいました。

メインとなっているのは、、一人の芸術家の苦悩と葛藤。時間だけがただ進んでいくのっぺきならないのに現実と、彼が逃げ込む心情風景その二つで表現しているわけですが、
その心情風景が、グイド自身と彼の人生で関わった女性の歌となっているのですが、、それぞれが雰囲気のある俳優さん女優さんがやっているだけあってそれぞれ存分に魅せています。

役者それぞれの魅力を楽しめるそういう点でも満足の作品でし

ただ、、グイドという人間がただただ悩んでいる苦悩を描いた内容で女に甘えきったはだらしないイタリア男視点の物語、現実ドラマ部分は非常に観ていて気怠さを感じる部分はあります。
でも あえてその空気も含めて愛に奔放なイタ~リアンな世界感に会えて踏みこんで楽しむ、より歌パートも弾けて楽しめるのではないでしょうか?



【オオブタさんの一言】グイドの駄目男っぷりは楽しめたけれど、、その部分で共感出来ず物語にはまれなかった。中盤ちょっと眠かった。





NINE



NINE
評価 ★★★☆☆

監督・製作・振付 ロブ・マーシャル

製作総指揮 ライアン・カヴァノー
タッカー・トゥーリー
ボブ・ワインスタイン
ケリー・カーマイケル
マイケル・ドライヤー

製作 マーク・プラット
ハーヴェイ・ワインスタイン

製作・振付 ジョン・デルーカ

脚本 アンソニー・ミンゲラ

出演 ダニエル・デイ=ルイス
マリオン・コティヤール
ペネロペ・クルス
ジュディ・デンチ
ケイト・ハドソン
ニコール・キッドマン
ソフィア・ローレン
ステイシー・ファーガソン

この記事に対するコメント

ばちろうさんへ はらやんさんへ

ばちろうさんへ 
華やかなミュージカルを期待すると ややガッカリするかもしれません。
音楽パートは最高にホットなんですが以外は、ただダメ男グイドがグダグダ悩んでいてあっちこっちの女性の間をふらふらしているだけというところがあり、その部分を楽しめなければ、やや退屈ってことになるかもしれません。
シカゴより、物語パートは地味かも、、


はらやんさんへ
妄想部分が みな女性というところが、またイタリア男らしくて良かったですよね!

また、クリエイターだからこそああいう妄想に走るのかというのもどこか納得してしまったり。

でも、、こんなに豪華で それぞれの味を生かした競演って、、映画ファンは思わずニヤニヤしてしまいますよね!

【2010/04/06 21:08】URL | コブタです! #-[ 編集]

こんにちは

コブタさん、こんにちは!

そうですねー、こちらの作品ではグイドの心象(妄想?)を表現するのにミュージカルシーンを使っていましたね。
妄想がどんどん膨らんでいってしまうのは、さすがクリエイターならでは、という感じもなきにしもあらずです。
ともあれ、見ていてゴージャスで堪能できました。

【2010/04/03 17:31】URL | はらやん #-[ 編集]

友人は・・・

この映画期待したのとはまったく違ってガッカリしたそうです(--;)

まだ観てない私ですが、観るのが少々怖い気もしてましたが、
人によっては絶賛してる人もいるので、物語り重視でなく
一つのショーとして観てみるのがいいのかなぁ~と
思っておまりす。

そっか幻想映画!!参考になります♪

私もシカゴが大好きなだけに期待と不安が入り混じっての
鑑賞になりそうだけど(^^;)

【2010/04/03 15:58】URL | ばちろう #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1183-45feac4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。