スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ニューヨーク、アイラブユー(NEW YORK,I LOVE YOU)

NEW YORK,I LOVE YOU
こちら、、岩井俊二 ファティ・アキン イヴァン・アタル アレン・ヒューズ ジョシュア・マーストン シェカール・カプール ミーラー・ナーイル ナタリー・ポートマン ブレット・ラトナー チアン・ウェン ランディ・バルスマイヤー らの錚々たるメンバーが 監督して作った作品とうことでてっきりオムニバス映画と思っていたのですが、違うんですね。

共作映画で、各監督は 『視覚的にニューヨークが特定ができること』『広い意味で愛の物語であること』『物語の前後は暗転などいった効果を用いないこと』という条件で物語りを作り、それを繋ぎ合わせて一つの群像劇を作っています。

なので前知識まったくなしで普通に観ていたら、どこからどこまでが誰が作ったのかというのが全く分からない一つの作品となっています。

面白い試みですよね。





【ストーリー】摩天楼がそびえ立ち、大勢の人々が行き交う活気に満ちている街ニューヨーク。この眠らない大都会では、今日も無数の出会いが生まれ、愛のドラマが繰り広げられていた。そんな中、スリの青年ベン(ヘイデン・クリステンセン)は、チャイナタウンで目にした女性モリー(レイチェル・ビルソン)に心惹(ひ)かれるが……。
シネマトゥディ


この映画に参加した監督って、それぞれ個性的な方ばかりだと思うのですが、テーマとなるニューヨークという街が様々な職業・人種・宗教・主義の人が行き交い生活する所。
そのために 人種も個性も違う監督の作品でもうまく解け合わせてしまう力があるのでしょうね。

一人の監督が作り出した群像劇に比べ、キャリアも年齢も人種も違う監督がそれぞれシーンを作り出したことでよりエピソードやテーマに広がりや深さがでて面白いものになっていたように感じます。

もちろん複数人の監督が作った作品を普通にくっつけただけではなく、監督によってはエピソード分割されて入っていたり、ランディ・バルスマイヤー監督に出てくるビデオカメラマンの女性ゾーイ、タクシーの運ちゃんといった人物と絡ませ繋ぎのストーリーを作りうまく全体をまとめるという形をとっています。
それによって、どこまでが各監督の作品なのかが判別が難しくビックリするほどの一体感を出しています。


また恋愛という愛が少なく、人が人と一瞬すれ違うことで生まれるちょっとした想い、側にいることで育まれた友愛の感情 という広い意味での愛の世界で観ていて観ていてしみじみしてしまう物語が心地よかったです。

チア・ウィン監督は 大学教授?と女性と掏摸の三者がプライドと財布をかけ繰り広げる水面下の闘いを描いたもので、しゃれっ気タップリの観ていてニヤリとしてしまう感じ、

ミーラ・イル監督はジャイナ教徒の男性と厳格なハンディズム教徒女性とまったく人種も宗教も食べるものも異なるの会話から生まれる心の交流を描いたもので、ポリシーをもった二人の姿がなんとも素敵で、ちょっぴり切ない物語

岩井俊二監督は作曲家と電話でクライアントである監督アシスタントとの女性との電話でのみ交わされるエピソードで、現代的な顔の見えない二人が親密さを深めていく様子が良い感じです。

イヴァン・アタル監督は、レストランの前でたばこの火を貸すことによる二組の男女のエピソードで、前半のエスプリの効いたオチもいいのですが、後半のカップルのオチがよく!と感心してしまいました!

ブレット・ラトナー監督はプロム直前で彼女にふられた青年が薬屋おじさんに美しい娘を紹介され生涯忘れなられないようなプロムを過ごすという、青春のビックリするような1ページという感じでほほえましく笑ってしまう物語

アレン・ヒューズ監督は期せずして燃えるような一夜を過ごした後の男女が、その出会いが間違えなのか運命なのかを悩み迷うというエピソードで、この映画の中でもっとも色っぽくドキドキしてしまうエロさのある物語です。

シェカール・カプール監督はあるホテルを訪れた元オペラ歌手が体験したちょっと不思議な物語で、唯一ファンタジーな内容の物語で、映像が兎に角おしゃれで素敵ででした。

ナタリー・ポートマン監督は黒人と白人の子供とのなにげないお散歩の様子を描いてもので、なんとも暖かい穏やかな愛の物語。

ファティ・アキン監督は、絵描きがある彼のミューズとなった中国人女性との交流を描いたもので、切ないけれど物語。

ジョシュア・マーストン監督は63回目の結婚記念日を迎える老夫婦のスローながら深い愛の世界で、微笑ましいほっこりとした優しさがあります

私はシェカール・カプール監督のなんとも不思議なエピソード イヴァン・アタル監督のロビン・ライトペンとクリス・クーパーが演じる方のエピソード ファティ・アキンの創作することを通してつながる二人の想いというエピソードが特に好きだったかな?

皆さんはどのエピソードが良かったでしょうか?


NEW YORK,I LOVE YOU

評価 ★★★★☆

監督 岩井俊二
ファティ・アキン
イヴァン・アタル
アレン・ヒューズ
ジョシュア・マーストン
シェカール・カプール
ミーラー・ナーイル
ナタリー・ポートマン
ブレット・ラトナー
チアン・ウェン
ランディ・バルスマイヤー

出演 オーランド・ブルーム
ナタリー・ポートマン
クリスティナ・リッチ
ヘイデン・クリステンセン
シャイア・ラブーフ
レイチェル・ビルソン
ロビン・ライト・ペン
アンディ・ガルシア
イーサン・ホーク


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1174-343e6cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。