スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●恋するベーカリー(IT'S COMPLICATED)

●恋するベーカリー(IT'S COMPLICATED)ナンシー・マイヤーズ監督作品らしいタッチのコメディー映画でした。

うーん このこの邦題も 映画の内容とあまり合ってないですよね。
だって ベーカリーは殆ど物語と関係なんですよね、、。

あと、、恋愛というか、ヒロインがどのような子供が自立した後の人生をあゆむか?というのがテーマの映画。
メリル・ストリープ  アレック・ボールドウィン  スティーヴ・マーティンが素敵な若さあふれる中年を魅力的に演じていました。







【ストーリー】3人の子どもたちを育て上げた母親であり、大人気のベーカリーを経営する有名実業家でもあるジェーン(メリル・ストリープ)。10年前に子どもたちの父親である敏腕弁護士ジェイク(アレック・ボールドウィン)と別れて以来、シングルライフを謳歌(おうか)していた彼女だったが、ある晩、息子の大学卒業式に出席するため滞在したホテルで……。
シネマトゥディ




ナンシー・マイヤーズ監督作品って私何気に観てたりするのですが、どうも彼女のはしゃいだ演出ってチョット苦手だったりします。
いい大人が 大学生のようなノリで無邪気な行動をするシーンが必ずあるのですが、そこに違和感を感じてしまい引いちゃうんですよね。

コチラの作品も、メリル・ストリートとアレック・ボールドウィンの二人が非情に子供っぽい行動をしたりもするのですが、そんな演出しなくても若さと演じられるだけに二人の演技をやや台無しにしていたように感じてしまいました。

とはいえ コメディーとしては結構面白く、ジェーンが最後何を選択するのか?というのを笑いながら楽しく見守ってしまうそんな内容でした。


ジェーンが本当の意味で 立ち直り心に整理をつけるためには こうしかなかったんだなというのを納得してみることができました。

アレック・ボールドウィン演じる元夫ジェイク、これが普通に考えると馬鹿野郎なヤツなのに、それをキュートで魅力的なエロオヤジを演じていて、気持ちが残ってしまっているという部分にも説得力あるんですよね。

そういった上で最後ジェーンが選んだ道、私は良かったと思いました。


●恋するベーカリー(IT'S COMPLICATED)




評価 ★★★☆☆

監督・製作・脚本 ナンシー・マイヤーズ

製作 スコット・ルーディン

製作総指揮 イロナ・ハーツバーグ
スザンヌ・ファーウェル

出演 メリル・ストリープ
アレック・ボールドウィン
スティーヴ・マーティン





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1170-ab5e2a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。