スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●マッハ!弐!!!!!!!(ONG BAK2)

●マッハ!弐!!!!!!!(ONG BAK2)トニー・ジャーの新作、マッハ弐!

よくある、、海外作品、主演が同じだけで 同じタイトルの邦題で後に数字だけをつけたものではなく、、

原題も『ONE BAK2』なんですよね。

でも、、コチラ、、前作『ONE BAK』とは時代は設定も物語のトーンまったく違う映画!

時代は1431年、王である父と母を殺された男の復習劇で、主人公の行動は正義の為ではなく憎しみによる復讐を果たす為ということで全体的にダークな内容

なんで、、こんなトーンの違う内容で 弐としたの?と思っていたら、、ラストにそんなオチでそういう意味でシリーズとなっているのねと驚いた私です。(><)





 

【ストーリー】15世紀のタイ。アユタヤ王国の侵略が進み、東の王国の国王とその妻が暗殺される。山賊に救われた息子のティン(トニー・ジャー)は秘境にある訓練場に残ることを決め、格闘の猛特訓を開始した。数年後、向かうところ敵なしの戦士へと成長したティンのもとに、両親の復讐(ふくしゅう)をするチャンスが訪れるが……。
シネマトゥディ


『ドラマはいらない! 闘いが伝説(ストーリー)となる!』
というハイテンションの予告編が最高に面白く!それだけにワクワクと期待高めに観に行ってきたのですが、、
ドラマ部分が前作よりも長く感じ、もっと無茶なアクションを楽しみたかったという不満が残ってしまいました。

アクションは確かに面白いし、トニー・ジャーによる様々な武術の披露も見応えはあります。
酔拳のシーンなんて本当に面白く、ジャッキー・チェンよりも柔軟性と変化があり見応えのあるアクションを魅せてはいます。

ですが、、
今回は時代劇ということもあり、ひらかれた空間での中様々な敵相手との闘いを描いていたこともあり、前作のように凝ったギミックが少なかったこと。
後半は一人で多勢と闘うシーンのみとなったこともあり、闘いが単調になり取り留めない感じになってしまったことにより、アクション満喫という満足感は得られませんでした。
また 前作は正しい目的の為に正しく闘いという行為をしたのに比べ、今作では憎しみという悪しき感情から闘いへと進んでいき非業の結末を迎える物語。

主人公の闘いの意味を、物語自身が否定していることで、ラストまで見終わったた時にカタルシスを感じない所も、、もやっとしてしまう部分なのかもしれません。
折角もっている 素晴らしい力を間違えた形で使うことで 得られるはずのものを全て失うということで、、物語に出てきた全ての物まで無意味になってしまうというのは、こういったアクション映画では珍しい内容なのは確かなのですが私はそこに感動や面白さをそこまで感じられませんでした。

とはいえ、、『ONE BAK』と『ONE BAK2』は ネガとポジのようなもの。
『ONE BAK』があるから『ONE BAK2』の世界があるということで、(『ONE BAK2』だけを観ている人はあまりいないと思いますが、)両方をセットで観ることをお勧めします。
  
ぶっちゃけた事いうと、、、、『ONE BAK2』の主人公が転生して『ONE BAK』の主人公になるので、、『ONE BAK2』のあと『ONE BAK』を観るとティンはこんなに立派な人間になって幸せになったのね!と思えてこの作品もスッキリ見れるのではないでしょうか?
(まだ 未鑑賞の方の為に、オチにあたる部分を 白文字で表記しておきました。
読みたい方は alt+Aすることで読む事ができます。)


【オオブタさんの一言】シナリオ部分はやや怠かったけど、アクションは楽しめた!
色んな格闘を楽しめたし、まあ満足かな?
しかし、、像をこのように使っていいの?
オオブタさんおブログ ワッピーの空間の記事はコチラ



●マッハ!弐!!!!!!!(ONG BAK2) 評価 ★★★☆☆


監督・原案・武術指導 トニー・ジャー
監督・原案 パンナー・リットグライ
撮影 ナタウット・キティクン

出演 トニー・ジャー
ソーラポン・チャートリー
ダン・チューポン
ペットターイ・ウォンカムラオ
サランユー・ウォングガチャイ
プリムター・デットウドム
パッタマー・パーントォーング
スパコン・ギッスワーン
ナットダナイ・コントォーング
パリンヤーポング・クラムゲェウ




この記事に対するコメント

風情♪さんへ

コメントありがとうございます!

これ、、なんかがっかりでしたよね、、。
私も前作が好きで、凄い期待高くいっただけに、ドラマ部分が怠すぎてテンションかなり下がってしまいました。

予告どおり ドラマなしで アクションの連続だけで良かったのに、、

【2010/01/24 18:56】URL | コブタ #-[ 編集]

こんにちは♪

前作でのT・ジャーの超人アクションに魅せられた者としては
本作の出来栄えは正直、ガッカリの極みっすよ。
確かに、格闘シーンなればなったで酔拳や蟷螂拳などの功夫
がたくさん出てきて興奮しまくりでしたが、前作で折角タイ式
と言う言葉まで作ったんだし、こっちとしても古式ムエタイが
観たかったというのが本音すかねぇ~。
端からドラマは要らねぇと言われると身も蓋もないっすよね♪
(゚▽゚)v

【2010/01/24 00:24】URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]

ななさんへ

タイのアクション映画って なんかいいですよね!
トニー・ジャーもいいですが、チョコレートファイターのあの子も好きです(^^)

他の国のアクションに比べて格段に敵も味方も観ていて痛いところが凄すぎて 笑ってしまいますよね、、。

トニ・ジャーの作品は、物語はあまり気にしないのですが、、
今回、ややドラマ部分が長く感じ、、もう少し削っても良かったのに、、と思ってしまうところがあるんですよね、、

もっと 物語のつながりなんていい アクションに継ぐアクションで良かったのですが、、

【2010/01/13 19:15】URL | コブタ #-[ 編集]

こんばんは!
「マッハ!!!!!!!」は大好きな映画です。
トニー・ジャーさんのアクションももちろん好きで。
そうですか~,オンバクの続編というか
その前の物語というか・・・・
観てみたいです~

この監督さんって
ストーリーはいつも期待できませんよね。
なんかいつも子供だましみたいなストーリーなんですよね。
その分アクションで度肝をぬいてくれますから・・・
「ほんとにやってる!」っていうのがウリのアクションですが
それだけで観客を惹きつけることができるのは
ある意味凄く個性的ですよね。

【2010/01/11 21:43】URL | なな #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1142-f41625e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マッハ! 弐

 タイ  アクション  監督:トニー・ジャー  出演:トニー・ジャー      ソーラポン・チャートリー      ダン・チューポン      ペットターイ・ウォンカムラオ 【物語】  15世紀のタイ。アユタヤ王国の侵略が進み、東の王国の国王とその妻が ... 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing【2010/01/24 00:24】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。