スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●アバター(AVATAR)

●アバター(AVATAR)コチラの作品 前々から気になっていただけに、観るならI-MAXシアター 3Dでエグゼクティブシート♪
今年になって、I-MAXだの 3Dなど、、最新技術を駆使した映像の映画が増えてきたのですが、やっとその甲斐のある映画に出会えたという感じです。

この作品のすばらしさは兎に角映像! なのでここは多少高くても、映像の良い映画館で鑑賞することをお勧めします!

いろんな意味での映画の新しい形を見せてくれます。





 

【ストーリー】下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。
シネマトゥディ


映画ってここまでイマジネーションの世界を自由に映像化出来るようになったんだ!というのがこの映画の素直な感想。

衛星パンドラの幻想な風景と、ナヴィ族のスピリチュアル世界が鳥肌が立つほど圧巻で、映画の中に惹き付け取り込まれてしまいます。

また映像だけではなく、下半身不随の男がアバターを得て自由に大地を駆け巡るという状況の爽快感に加え、ジェイクという欲はそれなりにあるものの好奇心と良心ををもった無邪気な人間臭い人間を主人公にししたために感情移入もしやすく世界に入りやすくしています。

自然を敬い共存していくというナヴィ族の姿が美しく、パッと見異様だった風貌もまったく気にならなくなりむしろ景仰の念すら感じるほど。

そんなナヴィ族を欲の為に人間が攻撃する様子は、見ていて心が痛くなるほど衝撃をうけてしまいます。

それだけに 残念に思うのはこの作品の後半の展開。

主人公ジェイクが ナヴィ族の為に戦うというのはいいのですが、力に対して力で返すという、、結局その行動は人間と同じような戦いにナヴィ族を導いているのことでしかないんですよね。

ナヴィ族ならではの、暴力に対する対抗の様子というのを見せてもらいたかったです。
アメリカでの開拓民とインディアンとの戦いをイメージしての事なのでしょうが、折角のナヴィ族という素晴らしい要素を脚本自ら貶めてしまってます。

またジェイクが、ナヴィ族を奮起させ自らが指導者として戦うのですが、その戦いがあまりにも作戦が大雑把過ぎて、もう少し彼がなんだかの策を検索結果講じていたら被害はもっと少なくすんでいたのではないのでしょうか?

元海兵隊にいた軍人であり人間の戦い方を熟知して、土地勘もあり身体能力の高いナヴィ族の全面協力もあり、しかも多少の銃器と戦闘ヘリ一機ある状況ならもう少し有利に進められたと思うのですが、、。

そういった部分が気になり、ラストの方のジェイクとネイティリのシーンの良いシーンがあるのに泣くほどの感動ができませんでした。

世界観はいいのに 欧米的でよくあるある感じの流れの物語になったのは本当に残念。

とはいえ 脚本に不満を感じつつも、、『映像が生半可じゃなく素晴らしいから是非観て!!』と人には薦めてしまうのでしょうね~。

【オオブタさんの一言】映像は素晴らしいけれど、、脚本がね、、結局力押しですか、、



アブター



●アバター(AVATAR)




評価 ★★★★☆


監督・脚本・プロデューサー・編集 ジェームズ・キャメロン
プロデューサー ジョン・ランドー
製作総指揮 コリン・ウィルソン / レータ・カログリディス
撮影 マウロ・フィオーレ

出演 サム・ワーシントン
ゾーイ・サルダナ
ラズ・アロンソ
シガーニー・ウィーヴァー
ミシェル・ロドリゲス
ジョヴァンニ・リビシ
CCH・パウンダー
ジョエル・デヴィッド・ムーア
ウェス・ステューディ
ラズ・アロンソ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




この記事に対するコメント

ななさんへ

本当に映像は、映像革命の言葉そのままの内容でしたよね!

前半の物語が良かっただけに、後半安易な形でまとめてしまったのが何か気になってしまったのが残念です。

ジェイクのキャラクターは良かったですよね!
あの無邪気で純粋、他の登場人物のように異文化に頭でっかちな状態で接するのではなくて、フラットな無の状態で接するというところが彼の良さ!
だからこそ、観客はジェイクに感情移入でき楽しめるのでしょうね~!

【2010/01/13 19:25】URL | コブタ #-[ 編集]

こんばんは

映像が自分の予想をはるかに超えて素晴らしかったです。
たしかに後半のストーリーは荒かったですが
その分わかりやすかったかな?
ジェイクってキャラはほんとに無邪気で
考えるよりも先に感覚で動いてしまうような
そんなタイプに見えたから
あのような異人種の世界にもすぐに順応して
勢いでなんでもできちゃったのかなぁ~,なんても思いました。
大人も子供も万人が楽しめる作品ですよね。

【2010/01/11 21:49】URL | なな #-[ 編集]

風情♪さんへ

ありがとうございます~
もう こうなったら 優勝するしかないですよね~♪
明日は寒いということで、、防寒対策バッチリで観に行ってきたいと思います(^^)ノ

今年も本当にお世話になりました!
来年もオオブタさん共々よろしくお願いします!

【2009/12/31 22:34】URL | コブタ #-[ 編集]

こんにちは♪

本来ならここでは「アバター」について語らねばならい
ところですが、本作は映像意外に取り立てて語るとこ
ろが無い気もするんで、この辺で終わろうと思います。

名古屋、天皇杯決勝進出オメデト~であります!
ウチが決勝に進めなくて申しワケございませんでした。
準決勝の試合を観た限りでは正直なところ清水に軍
配がと言ったところが決勝に挑むにあたって不安なと
ころですかねぇ~。
兎にも角にもガンバには優勝させたくないんで絶対に
勝ってくださいね!!

今年、一年お付き合いいただき感謝であります。
来年もひとつヨロシクお願いしますね♪ (゚▽゚)v

【2009/12/31 11:57】URL | 風情♪ #s8w929I6[ 編集]

ノラネコさんへ

本当に映像が圧巻でした!
ここまで、、映画の技術って凄いものになったんですね!!

ただ、、私は、この物語 ちょっと納得いかなかったんですよね、、。

映像と舞台が素晴らしいだけに、、もっともっと!とさらに上のものを求めすぎたようです。

そのあたりの バランスをどう考えるか難しいところですよね、、

【2009/12/31 01:16】URL | コブタ #-[ 編集]

こんばんは

圧巻の映像でした。
賛否が分かれる物語も、私はこれで良いと思いました。
何しろ目からの情報量が凄いので、これでストーリーが捻ってあったら、脳のキャパシティを超えちゃうかも。
特にこのテーマを伝えたい年少の観客にですね。
シンプルなストーリーに、判りやすいテーマを、圧倒的な映像で体感として伝えるというのは、映画の新しい可能性かなと思いました。

【2009/12/30 22:48】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1131-98f84993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アバター

 アメリカ  SF&アドベンチャー&アクション  監督:ジェームズ・キャメロン  出演:サム・ワーシントン      ゾーイ・サルダナ      ラズ・アロンソ      シガーニー・ウィーヴァー 【物語】  下半身不随になり、車いす生活を送るジェイクは、?... 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing【2009/12/31 11:49】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。