スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ファイナル・デッドサーキット 3D(THE FINAL DESTINATION)

●ファイナル・デッドサーキット 3D(THE FINAL DESTINATION)この作品を3Dにしてしまうとは(--;
まあ 立体映画は 『ジョーズ』 『13日の金曜日』とかホラー映画が一番その効果を楽しめる作品なのはたしかなのですが、、
ビビリさんにとっては、ホラー映画がますます困った状況になるのは困ったものです。

『ジョーズ』 『13日の金曜日』は3Dで観てないのですが、、最近は映像技術もしっかり向上しただけに この二作品の時代とは比べものにならないほどクリアーで美しい映像で、衝撃も

凄いものがありますよね(><)

やや先端恐怖症気味の私には、、かなり厳しい映像が多かったです。
でも 最近みた3D映画の中では 一番効果的な映像の使い方をしていたと思います。

ただ、、3Dだと、、日本語吹き替え版しかないっていうのは、、かなり不満!

というのは、吹き替えが ココリコ田中 さとだまい はるな愛 と明らかに演技が得意とは思

えないようなメンバーを声優に添えているんですよね(--メ

そして、、実際もかなり下手、、せっかくの迫力ある映像を声が台無しにしていました。
 
お願いですから、話題のネタで吹き替えを決めるのはやめてください(><)





【ストーリー】ガールフレンドのロリ(シャンテル・ヴァンサンテン)ら友人たちと訪れていたサーキット場で、レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック(ボビー・カンポ)。周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニックたちだったが、死の運命を免れることはできず……。
シネマトゥディ


我が家ではファイナル ピタゴラスイッチとの名で親しまれて?いるこのシリーズ、他のホラー映画と大きく違うところは、明確に目で見える敵がいないこと!相手はイヤらしいほど性格の悪い死の運命!

そして、登場人物は、某NHKの教育番組オープニングのからくりのようなシチュエーションで殺されされていきます。

観客は確かにそのジワジワと迫る死に対してハラハラしながら観ているのですが、
それと同時に死の運命にまさに狙われている登場人物に対して、
『なるほどここでこう石配置され、そして鋏がここにあり、、足元には刃物、、さてどの手で殺すのかな~』
とワクワク期待しながら見てしまうのがこの映画!

登場人物がかなり悲惨な死を遂げているのに、あまりのありえなさによくよく考えてみると笑えてくるのも この映画の特徴。

今回 ハッキリいってしまうと、主人公も男性に戻し原点に戻ってしまった感じで他のシリーズとの絡みもなく一番物語りにもひねりはなく、このシリーズ的には思ったとおり物語は進んでいくのですが、このシリーズで楽しいたいことはキッチリ盛り込んであり満足できます。

馬鹿な友人 五月蝿くて役に立たない女性 黒人、反社会的な人物、とホラー映画に出てくる被害者になる役がそろっているのも、ベタでいいですよね。

また 最初のカーレースのシーンからの迫力が素晴らしく、映像でかなり楽しませてくれます。


もしかしてSAWシリーズなど他のシリーズホラー映画の中でも、一番水準がそろっているのかもしれません(駄作はないという意味で)

次はもしかして 『ファイナル・デット3Dシアター 3D』?


【オオブタさんの一言】爪のシーンはちょっとつらかった。
相変わらずの、イヤらしい間の取り方が嫌!
ありえない状況を楽しむのがこの映画!




●ファイナル・デッドサーキット 3D(THE FINAL DESTINATION)評価 ★★★☆☆

監督 デヴィッド・R・エリス
脚本 エリック・ブレス
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 グレン・マクファーソン
出演 ボビー・カンポ
シャンテル・ヴァンサンテン
ヘイリー・ウェブ
ニック・ザーノ
ミケルティ・ウィリアムソン
クリスタ・アレン

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1097-56478763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。