スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●南極料理人

●南極料理人『苛烈な地にある閉ざされた空間にいる、8人の男の物語!』

というと、サスペンス とか ホラー とかいったハラハラした内容の映画になると思うのですが、、コチラはなんとも惚けた空気の物語。

コチラの作品、かなり評価が分かれているようです。
というのは何を期待していったかで観て拍子抜けしてしまうことと、映画のネタになるような事件は何も起こらないほんわかとした空気を楽しめるかどうかで変わってきてしまうようです。

私は予め、なんとなく予備知識を複数の人からもらっていたことと、美味しいシーンが大好物なこと、惚けた空気も嫌いではないことで 結構楽しめました。



【ストーリー】西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員(高良健吾)らが彼の料理を心待ちにしており……。(シネマトゥディ



最近、堺雅人 凄い活躍ぶりですよね!
予告編の邦画すべてが、堺雅人主演でした!

私自身 堺雅人さんは大好きで 才能ある俳優さんだと認識しています。
なのでハードだったり刹那的な役も出来ることはわかるのですが、、出会いが『やさぐれパンダ』なこともあり、やはりこういうノリの中にいる堺さんはいいな!と思ってしまいました!

あの ヘラっととした笑いってなんか好きなんですよね!

そういう 堺さんが堪能できた意味でも 私は満足でした。

とはいえ この映画 ノリはユルく描かれている世界もまったりとした内容。

観てホンワカとして、楽しいのですが物足りなさがあるのは確かなんですよね。

多くを語らない西村が、食を通して隊員と対話していく様子とかそこはいいのですが、もう少し個々の隊員の人物を掘り下げて表現してくれたら、もっとホンワカした世界にも深みがでたように思います。

いい映画だけど 毒にも薬にもならない、まったりした時間を過ごせただけという感じです。

でも、それがこの作品のが狙っていた感じもあるので コレはこれでいいのでしょうね!

●南極料理人

評価 ★★★☆☆

監督・脚本 沖田修一
原作 西村淳
製作 太田和宏
川城和実
春藤忠温
町田智子
プロデューサー 西ヶ谷寿一

出演 堺雅人
生瀬勝久
きたろう
高良健吾
西田尚美
古舘寛治
黒田大輔
小浜正寛
小出早織
宇梶剛士
嶋田久作
豊原功補




この記事に対するコメント

なな さんへ

コメントありがとうございます!

本当に堺さんの味わいと、料理の味わいを楽しむ映画でしたよね!

料理がどれも 本当に美味しそうで!ちょっとお腹すかせて行って辛かったです(><)

【2010/03/05 20:25】URL | コブタ #-[ 編集]

こんばんは

やっと記事にできました
ゆるゆる作品でしたが,そしてそんな作風は苦手なわたしですが
なぜか退屈せずに最後まで観て
「もっと観てもいいかも・・・」と思ってしまいました。
食べ物がみんな美味しそうだったのと
堺さんの持ち味かなぁ。
どちらかというとハードな内容の方が好きな私が
たまにはこんな癒し系もいいなぁ,と思ったのは
やっぱり基本,食いしん坊なせいかなぁ。

【2010/03/05 00:26】URL | なな #-[ 編集]

ノラネコさんへ

コチラにもコメント ありがとうございます!

コチラ、お腹はある程度満たしてからいったほうがいい映画ですよね!
でも この極地の世界なのに、なんともほのぼのした癒される映画でした!

たしかに マイナス50度だと、、あんな野ざらしでも大丈夫なのでしょうね~ 泥棒も、荒らす動物もいないし、、そう思うと凄まじい世界ですよね(><)



【2009/10/11 22:15】URL | コブタです #-[ 編集]

こんばんは

これは、まあ極地版の男臭い「かもめ食堂」ですね(笑
軽い喜劇ですけど、ご飯がおいしそうだったし、何よりも真夏日に見たので良い涼がとれました。
南極の生活のディテールも結構興味深かったですね。
ダンボール野晒しだったり・・・

【2009/10/08 23:48】URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1090-3c1250d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南極料理人

面白いとは噂に聞いていたけど,ほんとにね~,これとってもいい作品。そう,さりげなく癒し系というか。 究極の単身赴任,行き先は南極。ペンギンもアザラシもいない,ウイルスさえ生息できない,平均気温マイナス57度の地。そこに派遣されたチームのメンバーは,無論,?... 虎猫の気まぐれシネマ日記【2010/03/05 00:27】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。