スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●the Yes Men (2004)

Yes Men (Ws Sub) [DVD] [Import] コチラの作品は先日公開された『イエスマン』とはまったくの別モノ。
「松嶋×町山未公開映画を観るTV」で紹介された作品で、日本ではまだ未公開作品(今後も予定にはないと思いますが、、)のドキュメンタ リー映画です。


方向的には マイケルムーアに近く、映像テロリストな内容でなかなか楽しめました。






【内容】With poker-faced impersonation as their weapon, and World Trade Organization officials as their target, the Yes Men pull off one bold prank after another in an effort to raise political consciousness. And when their outrageous stunts are actually swallowed, hook, line and sinker the Yes Men must up the satirical ante and push the art of public spectacle to hilarious new heights!
(www.amazon.co.jp)


内容は上の英文のとおり、、!
この映画で描かれているイエスメンは、実在のパフォーマンス・アーチスト?!
ある特定の団体への抗議行為を堂々と派手に行うのが彼らの目的。

でもそれだとマイケル・ムーアと同じ?と思われそうですが、、そこはイエスメン、、独自のスタイルをもっています。
名前からも分かるかもしれませんが、彼らの行動は肯定から入ります!
その対象となる団体に対して、肯定という姿勢で行動を起こしていくところが彼らの凄いところ。
しかも、その彼らが素晴らしいと褒める部分は、対象があまりおおっぴらに触れてほしくない部分をクローズアップしてそこが素晴らしいと褒め称える!
つまり抗議者ではなく 支持者であるイエスメン、、彼らがが行動すればするほど団体があえて公開したくない部分が世間の目にさらされてしまうという困った集団だったりします。

一見、その行為は名誉毀損にあたるのでは?と思われそうですが、あくまでも熱狂的な支持者であることで一切抗議活動はしてないこと、、西洋において、ギャグに対して本気で怒ることは格好悪いとされていること、またイエスメン自身が人気のあるパフォーマーで民衆から支持うけていることということもあり、反撃が難しいという意味でも対象となった団体にとってタチの悪い集団なようです。

今まで対象団体から訴えられたことは一回だけ、、それはロゴの無断使用に対してのみ,。


そのイエスメンが今回標的にするのはなんとWTO!
最終的にはWTOの存在を一瞬だけでも消し去ってしまうほどの、驚くべき行動をしてしまうところまでするのが彼らのスゴイことです。

WTOは、皆さんもご存知のように正式名称は世界貿易機関(World Trade Organization)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関で、自由で平等な貿易政策を支援し、紛争解決のため任務を遂行する表向きは平和的な組織とされていますが、、、その実態は、先進国及び大企業の利益を守るために途上国を食い物にしながら資本主義的に利潤を追求続けるの組織。

イエスメンはそのWTOの表向きの使命ではなく、利己的な面に対して持て囃し『だからWTOって最高な組織です、皆さんもそう思いませんか?』と世間に訴えてきます。

この映画の恐ろしい所は、とんでもないことをしてしまうイエスメンではなく、知識人の集まる会議など『WTOによって発展途上国の人間を奴隷のように管理し使うことで、先進国はこのように素晴らしい利益を上げることができています』でそういった内容のスピーチをしても、そのことに慷慨するわけでもなく、普通に納得し頷きながらメモをとりイエスメンが求めるリアクションを起こさずに、普通にそれをWTOの発表としてニュースに取り上げてしまう大人。

それだけに、イエスメンの講義に対して、露骨に嫌悪の感情を露にし憤慨する高校生の反応にホッとしてしまいました。

この映画イエスメンというパフォーマンス集団の社会派エンターテーメント的な面白さを堪能するだけではなく、人間として社会の矛盾に対してオカシイところをオカシイと思う感覚をちゃんと養っていきたいなと痛感してしまう作品でした。

この映画、、日本では公開どころかビデオ化すらされてない作品。

観てみたい方は、、海外版を取り寄せるか、この深夜番組を録画した人から借りるしかないのかな~(’’。


【オオブタさんの一言】以外に行動は馬鹿なようで知的!それだけに思ったよりも爆笑できる内容ではないですが、なかなか観て楽しめる映画



評価 ★★★★☆

監督:Chris Smith

Yes Men (Ws Sub) [DVD] [Import]
Yes Men (Ws Sub) [DVD] [Import]Chris Smith Chris Smith Dan Ollman

MGM (Video & DVD) 2005-02-15
売り上げランキング : 63669


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://asmallpiggy.blog33.fc2.com/tb.php/1025-8f8904b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。