2010年06月の全記事一覧

--/--/-- スポンサーサイト
2010/06/30 ●6月の映画サービスデー!
今回から、サービスの幅を広げて、子連れのママさんでも映画を楽しめるという日も載せることにしました!(チネチッタの方は まだサービスデーの日時が分かりませんでしたので分かり次第紹介します)現在川崎において 赤ちゃんと一緒にどうぞ!という劇場を用意しているシアターは TOHOシネマズとチネチッタの二カ所。TOHOシネマズは「ママズクラブシアター」、チネチッタは「チネママシアター」の名前で行われています。も...
2010/06/19 ●ザ・ウォーカー(THE BOOK OF ELI)
この映画を観る際、デンゼルワシントン自身が日本人にはすぐピンときてしまうネタバレ的な発言をしてしまっているので、あまりそういった記事を読まないで行かれることをお勧めします。主人公が運ぶ本が何なのか?は大概の人が分かってしまうと思うし、実際その通りなのですが、、もう一つその本に隠された秘密そこがなかなか面白かったです。その明かされる映画秘密に対して納得出来るかどうかはともかく、映画全体にキッチリちり...
2010/06/12 ●アイアンマン2(IRON MAN 2)
最近は、悩めるヒーローが多い中で、コチラのアイアンマンは基本的に脳天気で、観ていて突っ込みたくなるほどの大胆行動が魅力のヒーロー。今回は 二作目ということで彼らしくもなく 悩んでしまっているみたいですね。そこが、映画の深みを与えるというよりも、映画のテンポを悪くしてしまっている所があるような、、...
2010/06/12 ●アウトレイジ
最近は、クリエイターとして何を作り出していくか?という北野武監督自身の悩みをそのまま表現したかのような内容の映画が続いていたのですが、、今回はズバリ『ヤクザ物!』作りたいモノが固まったのか?原点に戻ろうとしたのか?ストレートなバイオレンス映画を作ってきましたね!予告にあるとおり、出てくる人物みな悪人!感情移入できるわけでもないけれど最後まで一気に魅せてしまう所はさすがですよね!やはり 役者陣が全員...
2010/06/05 ●ヒーローショー
今日鑑賞したのは、コチラの『ヒーローショー』と『告白』、、はからずも作家性のある、ガツンとした青春の邦画デーになってしまいましたね。でも、、ビックリしたのは、コチラの作品、公開二周目でもう川崎で一日数回と縮小されていたこと。そして実際に劇場劇場に入ったときの人の少なさにも驚いてしまいました。。井筒監督作品で、主演が今人気もそれなりにあるジャルジャル、となるともう少し来る人も多いかと思うのですが、、...
2010/06/05 ●告白
このブログでも 何回か書いてますが、、私は中島哲也監督がって才能素晴らしいとは思うけど、、嫌いな監督だったりします。作家性の強いクセのある作品を作ることから、好き嫌いがキッチリ分かれるのも仕方がないと思うのですが、、今まで、中島監督自身のサドっ気が滲んでそこが気になり、いくらコメディータッチやファンタジーな空気を纏わせてもその雰囲気に乗れませんでした。でも、、今回はストレートに中島監督らしさを押し...
2010/06/01 ●天国の郵便配達人~Telecinema7~
国を超えて合作といった企画作品は結構あるのですが、コチラのドラマ企画の面白いところはドラマ基本的にはで韓国作品。でも脚本だけは日本の人気脚本家が提供しているというもの。どうせなら7作品全て観たかったのですが、予定が合わず、コチラだけの映画館での鑑賞になってしまいました。コチラは北川悦吏子さんが脚本を作り、イ・ヒョンミンが監督そして、今日本のドラマでも活躍中の東方神起のジェジュンと先日昼間フジテレビ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。