2008年01月の全記事一覧

--/--/-- スポンサーサイト
2008/01/31 ●ヴォイス・オブ・ヘドウィグ(Follow My Voice: With the Music of Hedwig)
コブタが愛して病まない映画、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のチャリティーを目的にしたトレビュートアルバム「Wig in a Box」の制作風景と、その募金先となったハーベイ・ミルク・ハイスクールに通う生徒4人の生活を追ったドキュメント映画。このようにムーブメントを興していっている「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」という映画そのものがもつパワーと、現実の世界でマイノリティーとして必死で生きる小さ...
2008/01/30 ●テラビシアにかける橋(Bridge to Terabithia)
今日はレディース・デーということで コブタだけが惹かれている映画をみる日。ということでコチラの作品を鑑賞してきました。純粋な子供の目からみた、現実と幻想が混じり合った美しい世界に魅せられてしまいました。ただ、、、不満があるとしたら、予告編!。物語を見せすぎている感じがしないでもないですよね。コブタとしてはソコは隠してほしかったな~という所を見せてしまう予告編が最近多いと思うのは気のせいでしょうか?...
2008/01/28 ●スウィーニー・トッド? フリート街?の悪魔?の何か(自作FLASHです)
映画鑑賞一ヶ月間フリーパスのお陰で、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を4回も鑑賞することができました!フリーパスチケットはこれで2回目の利用なんですが前回とちがって、今回は「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」の時期にもってきたのは正解でした!コチラはその3回目の「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」鑑賞の時に船がオープニング入ってきたシーンに、なんかふと、...
2008/01/27 ●陰日向で咲く
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第15弾!そしてラストを飾ったのは劇団ひとりのベストセラー小説を映画化したこの作品です。日本ではあまり見かけない群像劇スタイルの映画となっている本作、思った以上に脚本の出来がよく人と人の繫がり具合も面白く、世界に思わず引き込まれてしまいました。久しぶりに邦画で良くできた脚本の作品を観た!そんな満足感も得られる作品でした...
2008/01/26 ●ビー・ムービー(Bee Movie)
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第14弾はシュレック」シリーズのドリームワークス・アニメーションの最新作!コミカルでシニカルそしてテンポもよく、無邪気に楽しめた映画でした! 会場にいた子供も相当楽しめたようで映画が終わったあと数人の子供が「ハチミツ魂!」と嬉しそうに叫んでいました。...
2008/01/26 ●マリと子犬の物語
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第13弾はコチラ!新潟県中越地震発生時に実際に起こった犬が奇跡のエピソードを基に、作られた作品で鑑賞した劇場中の人が泣いていました。元々世の中の人を感動させた母犬の愛も物語に、幼い母を亡くした兄妹、祖父と孫、父と子などいい感じのエピソードを加えて脚色していることもあり観た人のどれかしらの泣きのツボを刺激してくれる作品だったと思います。...
2008/01/23 ●ヒース・レジャー 死去
昨晩バットマンの新作「The Dark Knight」の予告編をネットで楽しんでいただけに、今朝ヒース・レジャーさんの死亡ニュースの衝撃は大きかったです。まだ28歳で、これからもっともっと活躍していける俳優さんだけに残念でたまりません...
2008/01/23 ●Mr.ビーン/カンヌで大迷惑?!(Mr. Bean's Holiday)
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第11弾はコチラ!結婚前、オオブタさんにビーンズベアをバレンタインチョコにつけて挙げたな~なんてローワン・アトキンソンの顔を見る度に思うコブタだったりします。そのビーンズベア、今でもリビングに恍けた様子で座っていますが、このぬいぐるみもうビーンは飽きてしまったのでしょうか?最近映画の中には出てきませんね~それがちょっと残念です。今回のビーンは一言でいう...
2008/01/23 ●28週後(28 Weeks Later)
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第10弾はコチラ!前作の「28日後」続編らしさを出す為だけに、タイトルと物語が始まる時間帯が決まったと思われる今作、監督・脚本・登場人物とメインとなる制作スタッフは総入れ替えとなっているのに関わらず、同じテーマ曲、同じようにテーマ性のある物語、継承した設定などにより意外に上手く続編を作っていたように感じました。今回はあの「10億分の1の男」のァン・カルロ...
2008/01/23 ●シルク(Silk)
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第12弾はコチラ!理屈でア~だコウだと考えるのではなく、感性で感じるじ映画フランス人である主人公が感じる、愛する妻、ミステリアスな異国の女性が織りなす愛の世界は何とも言えない味わいがありました。美しく肌触りがよくサラリとしていて冷凉感のあるまさにシルクを思わせる感触の作品でした。...
2008/01/21 ●ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第9弾はコチラ!(記事内に表記ありませんがスィニートッドが第8弾です)“引きこもり作家”として知られる滝本竜彦の同名ベストセラー小説を映画化した青春ドラマということで、頭の中で描いた世界というのがよく分かる舞台設定の内容でした。俺はただ 最高のエンディングを求めていただけ ~陽介~私らもただ、、最高のエンディングを求めていただけなんだけどな ~コブタ~...
2008/01/21 ●ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE
原作は雑誌で常に読んでいるだけに、うっかり観てしまったコチラの作品、レイトショーで1200円で観たのですが、それでも高い映画でした。(というか、お金出す価値なし!)...
2008/01/20 ●スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET)
待ちに待ったデップの新作がようやく公開!! どれほどコレを観るのを楽しみにしていたことか~(><) 今回の作品はブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化ということで、台詞のほとんどが歌なため、いつも以上にデップの声を堪能することができました。役の関係もあるのでしょうが、コブタが想像していたのとちがって太いドスの効いた声なのですね。これだけ歌えるなら「コープス...
2008/01/19 ●NOVO
新しい記憶を保持できないという症状の前向性健忘は映画の中において、かなり好まれる題材であり、「メメント」「博士の愛した数式」「50回目のファーストキス」といった名作も多く、これらはコブタのツボ映画だったりもします。そして、コチラの作品も、記憶が5分しか持たないという男と恋愛に常に新鮮さを求める女性とのラブストーリーということで期待してみたのですが、、ラブストーリーというより、フランス映画らしいアー...
2008/01/18 ●ショートバス(SHORTBUS)
コブタの大好きな映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリー・インチ」の監督ジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の作品、公開時は悲しくも観に行く事が出来ずに、DVDでようやく鑑賞することができました!ジョン・キャメロン・ミッチェルの見せる愛の世界はけっして甘くはないけど深くて人の体温や涙や呼気の温度を感んじる、なんとも暖かく心地よいものでした。...
2008/01/17 ●銀色のシーズン
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第7弾はコチラ!コチラ以前コブタを呆然とさせた映画「恋人はスナイパー」を制作した羽住英一郎が監督ということで期待を薄~く観に行ったのですが、思いの外楽しめました。...
2008/01/16 ●やわらかい手(IRINA PALM)
今日はレティースデーということで、一人でコブタだけが気になっていたコチラの作品を鑑賞してきました!まさにレディースデーに観に行くに相応しく、本当の意味でのいい女を堪能できた作品でした!...
2008/01/15 ●ジェシー・ジェームスの暗殺(THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD)
今日は14日ということでTOHOシネマズの日♪ということでコブタは一ヶ月フリーパス券でオオブタさんは一本1000円でお得にコチラの作品も観てきました~。実在の無法者ジェシー・ジェームスと彼を暗殺したロバート・フォードの視点から描いたコチラの作品、ブラット・ピット最高の演技と歌われた映画でもあります。...
2008/01/14 ●アース(earth)
今日は14日ということでTOHOシネマズの日♪ということでコブタは一ヶ月フリーパス券でオオブタさんは一本1000円でお得にコチラの作品を観てきました~。あの「ディープ・ブルー」「プラネット・アース」のスタッフが作り上げた映像が大画面で観られるということで、かなり見応えのある内容になっていました。...
2008/01/12 ●Blue Man Group
あの世界的人気の青い三人「Blue Man Group」が日本にもやってきました!! オオブタとコブタはラスベガスでみたことあるのですが最高に盛り上がりそして笑い大興奮したものです! また、あの興奮を味わうために六本木に観に行ってきました~♪...
2008/01/11 ●スマイル ~聖夜の奇跡~
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第4弾は再びTOHOプレミアスクリーンで「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の20分後に同じシートで鑑賞しました。コチラは俳優である陣内孝則さんの監督作品二作目。けっこう監督業以外の方がつくった作品で監督作品第一弾は多いものの、監督作品第二弾というのは数えるものしかないのが現状です。そういう意味でも陣内孝則さんなかなかやるな~と思ったのがコブタの素直な感想です。...
2008/01/10 ●ALWAYS 続・三丁目の夕日
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第3弾はコチラ「ALWAYS 続・三丁目の夕日」。TOHOプレミアスクリーンでの鑑賞だったのですが、早めに劇場でパンフなど読みながらのんびりしていたら、隣の席に壮年の男性がやってきて「失礼します、よろしくおねがいします」と深々と頭を私にむかって下げてきました。コブタも「いえいえ こちらこそ」と頭を下げて言葉を返した。映画終わったら、その男性は「ありがとうござい...
2008/01/09 ●迷子の警察音楽隊(THE BAND'S VISIT)
今日はレディースデーということで、コブタは一人でコチラの作品楽しんできました~!ちょっとほのぼのした暖かい物語を期待していたのですが、なんともホロ切なさにクスリとした笑いをスパイスとして加えた不思議なテイストの作品でした。...
2008/01/09 ●71フラグメンツ(71 FRAGMENTE EINER CHRONOLOGIE DES ZUFALLS/71 FRAGMENTS OF A CHRONOLOGY OF CHANCE/AMOK)
以前コブタを散々悩ませた作品「隠された記憶(感想はコチラ)」を制作したミヒャエル・ハネケ監督の作品ですが、、コチラもコブタをうーんと色々悩ませた映画でした。実際に起こった19歳の大学生による銀行銃乱射事件を元に作られたコチラは、その銃乱射事件が起こったときにその銀行に犯人として被害者として居合わせた人々が、その事件がおこるまでの何気ない日常の時間を断片的にニュース映像なども交えながら見せているという...
2008/01/08 ●劇場版 BLEACH ブリーチ The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第2弾、、なんと時期昨年とフリーパス使用の時期が同じだったこともあり、、劇場版BLEACH第一弾に引き続き、第二弾も観に行ってしまいました。前作に比べてはかなり面白くはなっていました。しかし、、相変わらす、、この作品の中で起こる事件、、原因は尸魂界自身が作り出していて、さらに事件起こったらすぐに間違えた方向に突っ走り、主人公達が不甲斐ない尸魂界に代わって真...
2008/01/07 ●ルイスと未来泥棒(MEET THE ROBINSONS)
一ヶ月間フリーパス券で映画観まくるぞキャンペーン第2弾はコチラのウィリアム・ジョイスの絵本原作の「ルイスと未来泥棒」コブタが大好きなジョン・ラセターが制作総指揮をとっているということでも興味があり観たかった作品でした。タイムマシンのある物語としてもヒューマンドラマとしてもかなりベタで他愛ない展開ではあるものの、それがいい感じのベタのふみかたをしていることと、健全で優しさと愛に包まれた前向きな想いの...
2008/01/06 ●正月みた映画
正月休みお家でみた映画はコチラ。感想が後日かきますので、簡単な評価だけ載せておきます。秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~71フラグメンツディレクターズカット ブレードランナー 最終版トリック2NOVO...
2008/01/06 ●16ブロック(16 BLOCKS)
すっごく観たかったのに関わらず、公開時タイミングが微妙に合わずみれなかったコチラの作品、DVDを購入してやっと鑑賞することができました!なかなか良くできたリアルタイムサスペンスでした。...
2008/01/01 ●魍魎の匣
正月ということで、初詣代わりに観てきたのがコチラの「魍魎の匣」、、。京極夏彦さんの執筆されたコチラの原作、コブタもついつい引き込まれて読んでしまった一人だけに、、この作品を本当に映画化できるのかな~とかなり不安を覚えたものです。というのは京極さんの作品の魅力って独特のリズムのある文体、幻想と昭和初期のノスタルジーさが融合したなんとも曖昧で漠然とした世界観にあるだけに、それを映像で表現できるのだろう...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。